ホナウド・ジャカレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はソウザ第二姓(父方の)はドス・サントスです。
ホナウド・ジャカレイ
基本情報
本名 ホナウド・ソウザ・ドス・サントス
(Ronaldo Souza dos Santos)
通称 ジャカレ (Jacaré)
柔術アリゲーター
キングアリゲーター
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1979-12-07) 1979年12月7日(37歳)
出身地 エスピリトサント州ヴィラ・ヴェーリャ
所属 ブラジル・ドージョー
→ブラザ柔術
→アスレ・マナウス-エクストリーム・クートゥア
ブラック・ハウス
身長 185cm
体重 84kg
リーチ 183cm
階級 ミドル級
バックボーン ブラジリアン柔術
テーマ曲 Marginal Menestrel
(Mv Bill)
テンプレートを表示
獲得メダル
ブラジルの旗 ブラジル
男子 グラップリング
アブダビコンバット
2003 サンパウロ 88kg級
2005 ロングビーチ 88kg級
2005 ロングビーチ 無差別級

ホナウド・ジャカレイRonaldo Jacaré1979年12月7日 - )は、ブラジル男性柔術家総合格闘家エスピリトサント州ヴィラ・ヴェーリャ出身。ブラック・ハウス所属。元Strikeforceミドル級王者。ジャカレ・ソウザとも表記される

非常にアグレッシブな闘いをし、勝利後には自身のニックネームでもある「ジャカレ」(ポルトガル語での意味)の動きを真似たパフォーマンスを行なう。このニックネームは、住み込みで練習していた道場のシンボルが鰐だったことに由来する。

来歴[編集]

貧困な家庭に育ち、13歳で盗みを覚え、更生のため両親にアマゾンに住む兄のもとに送られ、15歳の頃ブラジリアン柔術を始めた。16歳になると、ジムに住み込み柔術に明け暮れ、翌年には州のチャンピオンとなった。

2001年、ブラジリアン柔術の世界大会『ムンジアル』の紫帯メジオ級と無差別級で初優勝。2002年、茶帯でメイオペサード級と無差別級を制する。2003年、『ムンジアル』と合わせて茶帯のメイオペサード級と無差別級で優勝、四冠を達成。

2003年、アブダビコンバットにも参戦、男子88kg未満級で準優勝。2005年には同階級で優勝を果たし、また無差別級でも準優勝となった。

2003年9月13日、アントニオ猪木主催のJungle Fight 1総合格闘技デビュー。ジョルジ・パチーユ・マカコにパンチでKO負け。

2003年11月1日、日本で開催されたプロ柔術「DESAFIO」のメインイベントで佐藤博信と対戦し、三角絞めで一本勝ち[1]

2004年、『コパドムンド』でメイオペサード級、無差別級を制する。ムンジアル無差別級ではホジャー・グレイシー相手に肘を脱臼させられながらもタップせずにポイントで勝利、決勝に進出していたメイオペザード級の決勝は棄権となるものの三冠を達成。

2005年、『ムンジアル』のメイオペザード級、無差別級で優勝、2001年から5年連続優勝を果たした。これはブラジリアン柔術初の快挙である。

2006年11月17日、プログラップリング大会のX-MISSIONにおいてランディ・クートゥアと対戦し、本戦4分2R・延長1分2Rで決着がつかず、引き分けた。

2007年1月から2月にかけて、チーム・クロコップにおいてトレーニングを行った。

DREAM[編集]

2008年4月29日、DREAM.2のミドル級グランプリ1回戦でイアン・マーフィーと対戦し、裸絞めで一本勝ち。6月15日、DREAM.4の2回戦でジェイソン・"メイヘム"・ミラーと対戦し、判定勝ち。

2008年9月23日、DREAM.6のミドル級グランプリ準決勝でゼルグ・"弁慶"・ガレシック腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。決勝ではゲガール・ムサシにペダラーダでTKO負け。準優勝となった。

2009年5月26日、DREAM.9で行なわれたDREAMミドル級王座決定戦でジェイソン・"メイヘム"・ミラーと再戦。反則であるサッカーボールキックを受け頭部をカットしてしまい、ノーコンテストで王座獲得に失敗した。

2009年9月26日、アブダビコンバット2009のスーパーファイトでロバート・ドリスデールと対戦し、ポイント2-0で勝利した[2]

Strikeforce[編集]

2009年12月19日、Strikeforce初参戦となったStrikeforce: Evolutionマット・リンドランドと対戦し、肩固めで一本勝ちを収めた[3]

2010年5月15日、Strikeforce: Heavy Artilleryにてジョーイ・ヴィラセニョールと対戦。再三ヴィラセニョールをテイクダウンし、グラウンド&パウンドで封じ込め、3-0の判定勝ち[4]

Strikeforce王座獲得[編集]

2010年8月21日、Strikeforce: HoustonのStrikeforceミドル級王座決定戦でティム・ケネディと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した[5]

2011年1月29日、Strikeforce: Diaz vs. Cyborgで行なわれたStrikeforceミドル級タイトルマッチでロビー・ローラーの挑戦を受け、チョークスリーパーによる一本勝ちを収め王座初防衛に成功した[6]

Strikeforce王座陥落[編集]

2011年9月10日、Strikeforce: Barnett vs. Kharitonovルーク・ロックホールドとミドル級タイトルマッチで対戦し、0-3の判定負けを喫し王座から陥落した[7]

2012年3月3日、Strikeforce: Tate vs. Rouseyでブリストル・マルンデと対戦し、肩固めで一本勝ち[8]

2012年8月18日、Strikeforce: Rousey vs. Kaufmanデレク・ブランソンと対戦し、KO勝ち。

UFC[編集]

2013年5月18日、UFC初参戦となった母国ブラジルで開催されたUFC on FX 8でクリス・カモージーと対戦し、1R肩固めで一本勝ち。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。当初はコンスタンティノス・フィリッポウと対戦予定だった。

2013年9月4日、UFC Fight Night: Teixeira vs. Baderでミドル級ランキング3位の岡見勇信と対戦し、1RTKO勝ち。

2014年2月15日、UFC Fight Night: Machida vs. Mousasiでミドル級ランキング8位のフランシス・カーモンと対戦し、判定勝ち。

2014年9月5日、UFC Fight Night: Jacare vs. Mousasiでミドル級ランキング7位のゲガール・ムサシと再戦し、ギロチンチョークで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年2月28日、UFC 184でヨエル・ロメロと試合が組まれていたが肺炎になり欠場[9]

2015年12月12日、UFC 194でミドル級ランキング3位のヨエル・ロメロと対戦し、3Rに横四方固めで抑えるも1-2の判定負け。勝ちを確信したジャカレイは号泣した。

2016年3月2日、リーボックとスポンサー契約を結んだ[10]

2016年5月14日、UFC 198でミドル級ランキング3位のビクトー・ベウフォートと対戦し、マウントパンチでTKO勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年2月11日、UFC 208でミドル級ランキング13位のティム・ボッシュと対戦しキムラロックで一本勝ち。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2017年4月15日、UFC on FOX 24でミドル級ランキング6位のロバート・ウィテカーと対戦し、右ハイキックからのパウンドでTKO負け。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
30 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
24 3 17 4 0 0 1
5 3 0 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ロバート・ウィテカー 2R 3:28 TKO(パウンド) UFC on FOX 24: Johnson vs. Reis 2017年4月15日
ティム・ボッシュ 1R 3:41 キムラロック UFC 208: Holm vs. de Randamie 2017年2月11日
ビクトー・ベウフォート 1R 4:38 TKO(マウントパンチ) UFC 198: Werdum vs. Miocic 2016年5月14日
× ヨエル・ロメロ 5分3R終了 判定1-2 UFC 194: Aldo vs. McGregor 2015年12月12日
クリス・カモージー 1R 2:33 腕ひしぎ十字固め UFC on FOX 15: Machida vs. Rockhold 2015年4月18日
ゲガール・ムサシ 3R 4:30 ギロチンチョーク UFC Fight Night: Jacare vs. Mousasi 2014年9月5日
フランシス・カーモン 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Machida vs. Mousasi 2014年2月15日
岡見勇信 1R 2:47 TKO(右ストレート→パウンド) UFC Fight Night: Teixeira vs. Bader 2013年9月4日
クリス・カモージー 1R 3:37 肩固め UFC on FX 8: Belfort vs. Rockhold 2013年5月18日
エド・ハーマン 1R 3:10 キムラロック Strikeforce: Marquardt vs. Saffiedine 2013年1月12日
デレク・ブランソン 1R 0:41 KO(右フック→パウンド) Strikeforce: Rousey vs. Kaufman 2012年8月18日
ブリストル・マルンデ 3R 2:43 肩固め Strikeforce: Tate vs. Rousey 2012年3月3日
× ルーク・ロックホールド 5分5R終了 判定0-3 Strikeforce: Barnett vs. Kharitonov
【Strikeforceミドル級タイトルマッチ】
2011年9月10日
ロビー・ローラー 3R 2:00 チョークスリーパー Strikeforce: Diaz vs. Cyborg
【Strikeforceミドル級タイトルマッチ】
2011年1月29日
ティム・ケネディ 5分5R終了 判定3-0 Strikeforce: Houston
【Strikeforceミドル級王座決定戦】
2010年8月21日
ジョーイ・ヴィラセニョール 5分3R終了 判定3-0 Strikeforce: Heavy Artillery 2010年5月15日
マット・リンドランド 1R 4:18 肩固め Strikeforce: Evolution 2009年12月19日
ジェイソン・"メイヘム"・ミラー 1R 2:33 ノーコンテスト(反則) DREAM.9 フェザー級グランプリ2009 2nd ROUND
【DREAMミドル級王座決定戦】
2009年5月26日
× ゲガール・ムサシ 1R 2:15 TKO(蹴り上げ) DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦
【ミドル級グランプリ 決勝】
2008年9月23日
ゼルグ・"弁慶"・ガレシック 1R 1:27 腕ひしぎ十字固め DREAM.6 ミドル級グランプリ2008 決勝戦
【ミドル級グランプリ 準決勝】
2008年9月23日
ジェイソン・"メイヘム"・ミラー 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.4 ミドル級グランプリ2008 2nd ROUND
【ミドル級グランプリ 2回戦】
2008年6月15日
イアン・マーフィー 1R 3:37 チョークスリーパー DREAM.2 ミドル級グランプリ2008 開幕戦
【ミドル級グランプリ 1回戦】
2008年4月29日
ヴェンデル・サントス 1R 1:40 ギブアップ(パンチ連打) Hero's the Jungle 2007年10月13日
ジョゼ・リバマール 1R 3:28 腕ひしぎ十字固め Amazon Challenge 2007年9月29日
ビル・ヴュイック 1R 1:59 ギブアップ(パンチ連打) Gracie FC: Evolution 2007年5月19日
ハイム・ゴザリ 1R 1:33 肩固め Jungle Fight 7: Jungle Fight Europe 2006年12月17日
アレクセイ・プロフォキエフ 1R 2:30 三角絞め Fury FC 1: Warlords Unleashed 2006年9月27日
アレキサンダー・シュレメンコ 1R 2:10 肩固め Jungle Fight 6 2006年4月29日
ビクトル・バブキア 1R 0:56 ギブアップ(パウンド) Jungle Fight 2 2004年5月15日
× ジョルジ・パチーユ・マカコ 1R 3:13 KO(パンチ) Jungle Fight 1 2003年9月13日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ロバート・ドリスデール ポイント2-0 ADCC 2009 2009年9月26日
ランディ・クートゥア 4分2R+延長1分2R終了 時間切れ X-MISSION 2006年11月17日
カール・アモーゾ 2R 三角絞め ブドーチャレンジ
【87kg未満級 決勝】
2005年5月26日
マイク・ウィーバー 1R 腕ひしぎ十字固め ブドーチャレンジ
【87kg未満級 1回戦】
2005年5月26日

獲得タイトル[編集]

  • 第5回アブダビコンバット 88kg未満級 準優勝(2003年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メイオペサード級 準優勝&アプソルート級 優勝(2004年)
  • 第6回アブダビコンバット 88kg未満級 優勝、無差別級 準優勝(2005年)
  • 世界柔術選手権 黒帯メイオペサード級&アブソルート級 優勝(2005年)
  • 柔術オリンピック世界杯 黒帯メイオペサード級&アブソルート級 準優勝(2005年)
  • ブドーチャレンジ 87kg未満級 優勝(2005年)
  • 第4代Strikeforceミドル級王座(2010年)

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 黒帯
  • 柔道 黒帯
  • UFC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(3回)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ジェイク・シールズ
第4代Strikeforceミドル級王者

2010年8月21日 - 2011年9月10日

次王者
ルーク・ロックホールド