カーロス・コンディット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カーロス・コンディット
Carloscondit.jpg
基本情報
本名 カルロス・ジョセフ・コンディット
(Carlos Joseph Condit)
通称 ナチュラルボーン・キラー
(Natural Born Killer)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1984-04-26) 1984年4月26日(32歳)
出身地 ニューメキシコ州アルバカーキ
所属 ファイターズ・イン・トレーニング
ジャクソンズMMA
身長 187cm
体重 77kg
リーチ 193cm
階級 ウェルター級
バックボーン キックボクシングブラジリアン柔術
テーマ曲 The Ghost of Tom Joad
レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン
テンプレートを表示

カーロス・コンディットCarlos Condit1984年4月26日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家ニューメキシコ州アルバカーキ出身。ジャクソンズMMA所属。ブラジリアン柔術黒帯。元UFC世界ウェルター級暫定王者。元WEC世界ウェルター級王者。カルロス・コンディットとも表記される。

結婚しており一男の父親でもある。

来歴[編集]

幼い頃から格闘技に興味を持ち、15歳の頃から格闘技の練習を始めた。

2003年9月23日、シュートボクシングアンディ・サワーと対戦し、5ラウンドに右ローキックでKO負け。

2005年10月2日、パンクラス北岡悟と対戦し、ヒールホールドで一本負け。

2006年4月21日、Rumble on the Rock 9で行なわれたウェルター級(-79kg)トーナメント準決勝でフランク・トリッグ腕ひしぎ三角固めで一本勝ち。決勝ではジェイク・シールズに判定負け。

2007年3月24日、WEC世界ウェルター級王座決定戦でジョン・アレッシオと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ちを収め王座獲得に成功した。

2008年8月3日、WEC 35で三浦広光相手に3度目の防衛を果たした。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2009年3月1日にはWEC 39でのタイトルマッチでブロック・ラーソンと再戦予定であったがラーソンの怪我でキャンセルとなり、その後WECウェルター級のUFCへの移管に伴ってUFCに移籍した。

UFC[編集]

2009年4月1日、UFC初参戦となったUFC Fight Night: Condit vs. Kampmannマルティン・カンプマンと対戦し、1-2の判定負けを喫した[1]。9月16日、UFC Fight Night: Diaz vs. Guillardジェイク・エレンバーガーと対戦し、2-1の判定勝ち[2]

2010年6月12日、UFC 115ローリー・マクドナルドと対戦し、試合時間残り7秒でパウンドによるTKO勝ち[3]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2010年10月16日、イングランドで開催されたUFC 120ダン・ハーディーと対戦し、左フックでKO勝ち[4]。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年7月2日、UFC 132キム・ドンヒョンと対戦し、跳び膝蹴りでダウンを奪いパウンドでTKO勝ち。2試合連続のノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年2月4日、UFC 143で行われた世界ウェルター級暫定王座決定戦でニック・ディアスと対戦。的確に蹴りを浴びせ3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。試合後コンディットの消極的な戦い方に、観客からブーイングが起こった。

2012年11月17日、UFC 154で正規王者ジョルジュ・サンピエールと王座統一戦を行い、3Rにはハイキックでダウンを奪うもテイクダウンからのパウンドで削られ、0-3の判定負けを喫し王座統一に失敗。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年3月16日、UFC 158でウェルター級ランキング1位のジョニー・ヘンドリックスと対戦し、0-3の判定負け。

2013年8月28日、UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2でウェルター級ランキング6位のマルティン・カンプマンと再戦し、4Rに首相撲からの膝蹴りでTKO勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞し、リベンジを果たした。

2014年3月15日、UFC 171でウェルター級ランキング11位のタイロン・ウッドリーと対戦し、2Rに右膝を負傷してTKO負け。後日、右膝の前十字靭帯半月板を負傷した事が発表された。

2015年5月30日、1年2か月ぶりの復帰戦となったUFC Fight Night: Condit vs. Alvesでウェルター級ランキング12位のチアゴ・アウベスと対戦。肘打ちでアウベスの鼻を骨折させドクターストップでTKO勝ち。アウベスは鼻が変形して手術を受けた[5]

2016年1月2日、UFC 195のUFC世界ウェルター級タイトルマッチで王者ロビー・ローラーと対戦し、1-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2016年8月27日、UFC on FOX 21でウェルター級ランキング3位のデミアン・マイアと対戦し、リアネイキッドチョークで一本負け。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
40 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
30 15 13 2 0 0 0
10 1 4 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× デミアン・マイア 1R 1:52 リアネイキドチョーク UFC on FOX 21: Maia vs. Condit 2016年8月27日
× ロビー・ローラー 5分5R終了 判定1-2 UFC 195: Lawler vs. Condit
【UFC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2016年1月2日
チアゴ・アウベス 2R終了時 TKO(ドクターストップ) UFC Fight Night: Condit vs. Alves 2015年5月30日
× タイロン・ウッドリー 2R 2:00 TKO(右膝の負傷) UFC 171: Hendricks vs. Lawler 2014年3月15日
マルティン・カンプマン 4R 0:54 TKO(膝蹴り) UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2 2013年8月28日
× ジョニー・ヘンドリックス 5分3R終了 判定0-3 UFC 158: St-Pierre vs. Diaz 2013年3月16日
× ジョルジュ・サンピエール 5分5R終了 判定0-3 UFC 154: St-Pierre vs. Condit
【UFC世界ウェルター級王座統一戦】
2012年11月17日
ニック・ディアス 5分5R終了 判定3-0 UFC 143: Diaz vs. Condit
【UFC世界ウェルター級暫定王座決定戦】
2012年2月4日
キム・ドンヒョン 1R 2:58 TKO(跳び膝蹴り→パウンド) UFC 132: Cruz vs. Faber 2011年7月2日
ダン・ハーディー 1R 4:27 KO(左フック) UFC 120: Bisping vs. Akiyama 2010年10月16日
ローリー・マクドナルド 3R 4:53 TKO(パウンド) UFC 115: Liddell vs. Franklin 2010年6月12日
ジェイク・エレンバーガー 5分3R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Diaz vs. Guillard 2009年9月16日
× マルティン・カンプマン 5分3R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Condit vs. Kampmann 2009年4月1日
三浦広光 4R 4:43 TKO(膝蹴り→パウンド) WEC 35: Condit vs. Miura
【WEC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2008年8月3日
カーロ・プラター 1R 3:48 フロントチョーク WEC 32: Condit vs. Prater
【WEC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2008年2月13日
ブロック・ラーソン 1R 2:21 TKO(パウンド) WEC 29: Condit vs. Larson
【WEC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2007年8月5日
ジョン・アレッシオ 2R 4:59 チョークスリーパー WEC 26: Condit vs. Alessio
【WEC世界ウェルター級王座決定戦】
2007年3月24日
カイル・ジェンセン 1R 2:10 チョークスリーパー WEC 25: McCullough vs. Cope 2007年1月20日
田中達憲 1R 2:13 KO(踏みつけ) PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年10月25日
和田拓也 3R 4:22 チキンウィングアームロック PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年9月16日
大石幸史 3R 1:01 TKO(負傷) PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年7月28日
× パット・ヒーリー 3R 2:52 チョークスリーパー Extreme Wars 3 2006年6月3日
× ジェイク・シールズ 5分3R終了 判定0-3 Rumble on the Rock 9
【ウェルター級トーナメント 決勝】
2006年4月21日
フランク・トリッグ 1R 1:22 腕ひしぎ三角固め Rumble on the Rock 9
【ウェルター級トーナメント 準決勝】
2006年4月21日
ヘナート・ヴェリッシモ 1R 0:17 TKO(膝蹴り) Rumble on the Rock 8
【ウェルター級トーナメント 1回戦】
2006年1月20日
ロス・エバネス 1R 1:27 TKO(パンチ連打) Rumble on the Rock: Just Scrap 2005年11月5日
× 北岡悟 1R 3:57 ヒールホールド PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年10月2日
イジドロ・ゴンザレス 1R 腕ひしぎ十字固め Ring of Fire 19: Showdown 2005年9月10日
マサキ・タクヒー 1R 4:35 KO(ハイキック) Professional No Rules Fighting: Demolition 2005年6月18日
ランディ・ハワー チョーク Fightworld 3 2004年11月27日
ウィル・ブラッドフォード 1R 1:30 TKO(パンチ連打) Independent Event 2004年11月13日
× カーロ・プラター 1R 2:51 三角絞め Fightworld 2 2004年9月11日
ブランドン・メレンデス 1R 0:50 三角絞め Ring of Fire 12: Nemesis 2004年5月22日
ジャーヴィス・ブレナマン 1R 0:34 チョークスリーパー Independent Event 2004年2月28日
ブラッド・ガム 1R 1:11 TKO(パンチ連打) Ring of Fire 11: Bring it On 2004年1月10日
デビッド・リンドメイヤー 1R 0:46 腕ひしぎ十字固め KOTC 26: Gladiator Challenge 2003年8月3日
タイレル・マッケルロイ 1R 2:49 チョーク Triple Threat: Fight Night 1 2003年4月6日
アンソニー・サモラ 1R 0:29 TKO(パンチ連打) Fresquez Productions 2003年3月15日
トミー・グージュ 1R 0:45 腕ひしぎ十字固め Reality Fighting Championships 1 2003年1月25日
ニック・ロスコラ 1R 0:52 チョークスリーパー Aztec Challenge 1 2002年9月6日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× アンディ・サワー 5R 2:43 KO(右ローキック) SHOOT BOXING "S" of the World Vol.5 2003年9月23日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(5回)
  • UFC ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(2回)
  • WEC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
マイク・パイル
第5代WEC世界ウェルター級王者

2006年3月17日 - 2009年2月3日

次王者
王座廃止
前王者
王座新設
UFC世界ウェルター級暫定王者

2012年2月5日 - 2012年11月17日

次王者
王座廃止