大石幸史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大石 幸史
基本情報
本名 大石 幸史
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-05-31) 1977年5月31日(42歳)
出身地 兵庫県神戸市
所属 和術慧舟會RJW
パンクラス横浜
→パンクラスism
身長 171cm
体重 66kg
階級 ウェルター級
ライト級
フェザー級
バックボーン レスリング
テンプレートを表示

大石 幸史(おおいし こうじ、1977年5月31日 - )は、日本男性総合格闘家兵庫県神戸市出身。パンクラスism所属(道場長)。元ONE FC世界フェザー級王者。元ライト級キング・オブ・パンクラシスト

来歴[編集]

神戸西高校から始めたレスリングインターハイ3位入賞。青山学院大学ではJOC杯で準優勝。大学卒業後、和術慧舟會RJWに入門。

2000年4月14日、プロデビュー戦となったUFC 25でラバーン・クラークと対戦し、0-2の判定負けを喫した[1]。7月1日、CONTENDERS 2000で村濱天晴と対戦し、40-40の判定ドローとなった[2]

2001年3月、パンクラス横浜に練習生として入門[3][4]。10月30日、パンクラスデビュー戦でミック・グリーンと対戦し、2-0の判定勝ちを収めた[5]

2001年12月23日、DEEP初参戦となったDEEP2001 3rd IMPACTで村濱天晴と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた[6]

2002年3月25日、パンクラス初代ウェルター級(-75kg)王者決定トーナメント・出場権獲得試合で北岡悟と対戦し、2-0の判定勝ちを収めた[7]。5月28日、トーナメント1回戦で割田佳充に2-0の判定勝ち[8]。7月28日の準決勝では國奥麒樹真に0-3の判定負けを喫した[9]

2003年7月21日、初参戦となったDEMOLITIONで平山貴一と対戦し、3-0の判定勝ち[10]。12月5日、GCM The CONTENDERS-Qで行なわれたDOUBLES TOURNAMENTにアライケンジとタッグを組んで出場。1回戦で和田拓也&若林次郎組に敗退した[11]

2005年6月4日、UFCに5年1か月ぶり2度目の参戦となったUFC 53ニック・ディアスと対戦し、パウンドでKO負け[12]。8月27日、パンクラスでニックの弟であるネイサン・ディアスと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[13]

2007年5月30日、パンクラスで行なわれたウェルター級王座次期挑戦者決定戦で井上克也と対戦し、左ストレートによるKO負けを喫した[14]

2007年8月25日、カナダノースバンクーバーで開催されたBodogFightでクリス・エイドと対戦し、左フックによるKO勝ちを収めた[15]。12月9日、フィリピンマニラで開催されたRing of Fireにチーム・ジョシュ・バーネットの一員として出場。カレン・ダラベドヤンと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[16][17]

2008年1月7日付けでパンクラスism道場長を辞任した伊藤崇文に代わり、新道場長に就任した[18]。4月27日、道場長就任後の初試合でライト級キング・オブ・パンクラシスト昇侍と対戦し、1-0の判定ドローとなった[19]

2008年8月27日、第2代ライト級キング・オブ・パンクラス決定戦で小路伸亮と対戦予定であったが[20]、8月になって小路が引退を表明し、タイトルマッチは消滅した[21]

2008年10月1日、パンクラス15周年記念興行第1弾でZST小谷直之と対戦し、3-0の判定勝ち[22]。この試合はお互いに「顔が似ている」と意識しあう選手同士の試合となった[23]

2008年12月7日、パンクラス第4回ism主催興行で行なわれたライト級キング・オブ・パンクラス決定戦で井上克也と対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[24]

2009年4月5日、パンクラスで真騎士と対戦し、1-1の判定ドローとなった[25]

2010年4月4日、パンクラス・ライト級王座次期挑戦者決定戦でISAOと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[26]

2010年12月5日、パンクラス第6回ism主催興行で永田克彦と対戦し、1-1の判定ドローとなった[27]

2011年5月3日、ライト級キング・オブ・パンクラス決定戦で花澤大介と対戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した。プロ11年目にして初のタイトル獲得となった。

2012年4月1日、ライト級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチでISAOと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座陥落した。

2013年3月17日、フェザー級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチでタクミと対戦し、0-1の判定ドローで王座獲得に失敗した。

ONE FC[編集]

2013年5月31日、ONE FC 9の世界フェザー級タイトルマッチでホノリオ・バナリオと対戦し、KO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年12月6日、ONE FC 13の世界フェザー級タイトルマッチでホノリオ・バナリオと再戦し、KO勝ちを収め初防衛に成功した。

2014年8月29日、ONE FC 19でジャダンバ・ナラントンガラグと対戦し、判定負けを喫し王座陥落した。

2015年1月23日、モチベーションの低下を理由に引退を表明した。

2015年2月1日、PANCRASE 264で引退セレモニーが行われ記念ベルトが贈呈された。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
43 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
25 8 0 17 0 8 0
10 3 1 6 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ジャダンバ・ナラントンガラグ 5分5R終了 判定0-3 ONE FC 19: Reign of Champions
【ONE FC世界フェザー級タイトルマッチ】
2014年8月29日
ホノリオ・バナリオ 3R 1:43 KO(右ストレート→パウンド) ONE FC 13: Moment of Truth
【ONE FC世界フェザー級タイトルマッチ】
2013年12月6日
ホノリオ・バナリオ 2R 1:45 KO(右ストレート) ONE FC 9: Rise to Power
【ONE FC世界フェザー級タイトルマッチ】
2013年5月31日
タクミ 5分3R終了 判定0-1 PANCRASE 246
【フェザー級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチ】
2013年3月17日
ジョン・ショレス 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR 2012年12月1日
ロブ・ヒル 3R 1:26 TKO(ドクターストップ) Legend Fighting Championship 10 2012年8月24日
× ISAO 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR
【ライト級キング・オブ・パンクラスタイトルマッチ】
2012年4月1日
花澤大介 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【ライト級キング・オブ・パンクラス決定戦】
2011年5月3日
永田克彦 5分2R終了 判定1-1 PANCRASE 2010 PASSION TOUR 2010年12月5日
ISAO 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2010 PASSION TOUR
【ライト級王座次期挑戦者決定戦】
2010年4月4日
フィリップ・オリビエリ 5分2R終了 判定2-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年8月8日
キム・ヒュンクワン 5分2R終了 判定2-0 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年6月7日
真騎士 5分2R終了 判定1-1 PANCRASE 2009 CHANGING TOUR 2009年4月5日
× 井上克也 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2008 SHINING TOUR
【ライト級キング・オブ・パンクラス決定戦】
2008年12月7日
小谷直之 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年10月1日
昇侍 5分3R終了 判定1-0 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年4月27日
カレン・ダラベドヤン 5分3R終了 判定3-0 PFP: Ring of Fire 2007年12月9日
クリス・エイド 3R 0:44 KO(左フック) BodogFight: Vancouver 2007年8月25日
× 井上克也 2R 2:45 KO(左ストレート) PANCRASE 2007 RISING TOUR
【ウェルター級王座次期挑戦者決定戦】
2007年5月30日
野沢洋之 1R 4:53 KO(右フック) PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年12月10日
キム・インソク 1R 2:31 KO(右フック) PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年10月25日
× カーロス・コンディット 3R 1:01 TKO(ドクターストップ:口唇負傷) PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年7月28日
× 石毛大蔵 5分3R終了 判定0-2 PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年1月26日
ポール・ロドリゲス 5分3R終了 判定0-1 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年11月4日
ネイサン・ディアス 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年8月27日
× ニック・ディアス 1R 1:24 KO(パウンド) UFC 53: Heavy Hitters 2005年6月4日
花澤大介13 3R 0:31 KO(サッカーボールキック) PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年4月10日
× 長谷川秀彦 2R終了時 TKO(アンクルホールド) PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年10月12日
倉持昌和 2R 4:13 TKO(パウンド) PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年6月22日
星野勇二 5分3R終了 判定0-1 PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年4月23日
ヒース・シムズ 5分3R終了 判定1-0 PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年2月6日
飯田崇人 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年12月21日
平山貴一 5分2R終了 判定3-0 DEMOLITION 2003年7月21日
花澤大介13 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年5月18日
クリス・ライトル 5分3R終了 判定2-1 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年4月12日
和田拓也 5分2R終了 判定1-0 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年1月26日
ワン・アヤラ 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年10月29日
× 國奥麒樹真 5分2R+延長R終了 判定0-3 PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR
【ウェルター級王者決定トーナメント 準決勝】
2002年7月28日
割田佳充 5分2R終了 判定2-0 PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR
【ウェルター級王者決定トーナメント 1回戦】
2002年5月28日
北岡悟 5分2R終了 判定2-0 PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR
【ウェルター級王者決定トーナメント 出場権獲得試合】
2002年3月25日
村濱天晴 5分3R終了 判定2-0 DEEP2001 3rd IMPACT X'mas in DIFFER ARIAKE 2001年12月23日
ミック・グリーン 5分2R終了 判定2-0 PANCRASE 2001 PROOF TOUR 2001年10月30日
× ラバーン・クラーク 5分3R終了 判定0-2 UFC 25: Ultimate Japan 3 2000年4月14日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
花井岳文 5分2R終了 判定0-0 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR
【キャッチレスリングルール】
2003年10月4日
佐々木有生 5分1R終了 判定0-1 PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR
【キャッチレスリングルール】
2002年8月25日
村濱天晴 5分2R終了 判定40-40 CONTENDERS 2000 2000年7月1日

グラップリング・タッグマッチ[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 和田拓也&若林次郎
(パートナー:アライケンジ)
4:54 腕ひしぎ十字固め
(和田→アライ)
GCM The CONTENDERS-Q
【DOUBLES TOURNAMENT 1回戦】
2003年12月5日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 2000.4.14 UFC-J --- 全試合結果 BoutReview 2000年4月14日
  2. ^ 00.7.1 The Contenders 2000 ZEPP TOKYO BoutReview 2000年7月1日
  3. ^ パンクラス取材ノート 強さを求めて。 パンクラス公式サイト 2006年1月10日
  4. ^ パンクラス10.30後楽園 BoutReview
  5. ^ グラバカ郷野、対抗戦制し憎々しいマイクアピール/パンクラス10.30後楽園レポート BoutReview 2001年10月30日
  6. ^ [DEEP2001] ランバー、総合デビュー戦でまさかの勝利! /12.23 有明 BoutReview 2001年12月23日
  7. ^ [パンクラス] 3.25 後楽園:美濃輪、PRIDE参戦前に大苦戦 BoutReview 2002年3月25日
  8. ^ [パンクラス] 5.28 後楽園 (全試合レポ&写真):美濃輪、本当に大丈夫なのか? BoutReview 2002年5月28日
  9. ^ [パンクラス] 7.28 後楽園 (ウェルタートーナメント):國奥が二冠達成 BoutReview 2002年7月28日
  10. ^ [DEMOLITION] 7.21 横浜:岡見、マウントパンチで完勝 BoutReview 2003年7月21日
  11. ^ [CONTENDERS] 12.5 横浜:柔術コンビがダブルストーナメント制覇 BoutReview 2003年12月5日
  12. ^ [UFC 53] 6.4 米国:フランクリン、ミドル級王者に。大石KO負け BoutReview 2005年6月4日
  13. ^ [パンクラス] 8.27 後楽園:大石、ディアズ弟に勝利 BoutReview 2005年8月27日
  14. ^ 【パンクラス】今回は逆転ならず…川村がシウバにKO負け!アスエリオがヘビー級王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年5月30日
  15. ^ [bodog] 8.24-25 カナダ:藤井惠・大石が勝利。日本勢苦戦 BoutReview 2007年8月25日
  16. ^ [海外総合] 12.9 マニラ:ジョシュ軍の近藤&大石が判定勝ち BoutReview 2007年12月9日
  17. ^ リング・オブ・ファイヤー試合結果 パンクラス公式サイト 2007年12月9日
  18. ^ 【パンクラス】伊藤崇文がパンクラスism道場長を辞任、大石幸史に交代 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年1月8日
  19. ^ [パンクラス] 4.27 ディファ:山宮、近藤との打撃戦制す BoutReview 2008年4月27日
  20. ^ 【パンクラス】8・27KIDから離れた小路と大石がライト級調印式で怪気炎 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年7月24日
  21. ^ 【パンクラス】8・27小路が突然の引退!大石との王者決定戦は中止 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年8月20日
  22. ^ 【パンクラス】川村亮がKEI山宮にリベンジ、新王者に!大石幸史は小谷直之を降す 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年10月1日
  23. ^ 【パンクラス】10・1ZSTの小谷直之が電撃参戦!大石幸史とそっくりさん対決 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年9月6日
  24. ^ 【パンクラス】三大王座戦で大石、川原、鳥生のパンクラス勢が全滅…ダブル井上、和田が新王者に 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年12月7日
  25. ^ 【パンクラス】和田拓也が初防衛に成功、戦極育成選手の大澤茂樹が白星デビュー 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年4月5日
  26. ^ 【パンクラス】坂口征夫の愛弟子ISAO、大石の壁を突破ならず 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年4月4日
  27. ^ 【パンクラス】近藤有己が王座陥落!川村亮、清水清隆はドロー防衛 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月5日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
真騎士
第4代パンクラスライト級王者

2011年5月3日 - 2012年4月1日

次王者
ISAO
前王者
ホノリオ・バナリオ
第2代ONE FC世界フェザー級王者

2013年5月31日 - 2014年8月29日

次王者
ジャダンバ・ナラントンガラグ