昇侍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
昇侍
基本情報
本名 丸山 昌治
通称 秒殺侍
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1983-04-24) 1983年4月24日(34歳)
出身地 三重県名張市
所属 シュートボクセ・アカデミー・ジャパン
KIBAマーシャルアーツクラブ
身長 171cm
体重 69kg
階級 ライト級
フェザー級
バックボーン ムエタイ
テーマ曲 よっしゃあ漢唄
角田信朗
テンプレートを表示

昇侍(しょうじ、1983年4月24日 - )は、日本男性総合格闘家。本名は丸山 昌治(まるやま しょうじ)。三重県名張市出身。KIBAマーシャルアーツクラブ所属。元ライト級キング・オブ・パンクラシスト

日本人離れした打撃のセンスを持ち、衝撃的なKO勝利を収めてきた。2006年10月1日には、総合格闘技史上最速である試合開始3秒でのKO勝利という記録を作った。

来歴[編集]

少年時代の夢はプロ野球の選手であり、日本航空高等学校でも野球部に所属。3年時に甲子園第83回全国高等学校野球選手権大会)に出場するも、自身に出場機会はなかった。卒業後、プロ入りを諦め航空自衛隊に入隊。同時にシュートボクセ・アカデミー・ジャパンで格闘技に打ち込む中で当時のコーチであるセルジオ・クーニャにスカウトされ、プロ格闘家を目指す。クーニャ脱退後はKIBAマーシャルアーツクラブへ移籍。

2006年2月19日、パンクラスで格闘家デビュー。ネオブラッド・トーナメント予選に出場。1回戦を勝ち抜くも、準決勝を棄権した。

2006年7月30日、リングネームを昇侍に変更しDEMOLITIONに参戦、中条実にバスターでKO勝ち。

2006年10月1日、パンクラスで宮崎裕治と対戦。試合開始直後に跳び膝蹴りをヒットさせ試合開始3秒でKO勝ち。山本"KID"徳郁の持つ4秒の記録を超え世界最速KO勝利記録を作った。

2007年3月18日、パンクラスで星野勇二と対戦し、0-3の判定負け。

2007年7月27日、パンクラスでジョゼ・アルドと対戦し、0-3の判定負け。

2007年12月22日、パンクラスで伊藤崇文と対戦し、3-0の判定勝ち。

2008年1月30日、ライト級キング・オブ・パンクラス決定戦でアルトゥール・ウマハノフと対戦し、左ハイキックからのパウンドでKO勝ちを収め24歳で王座獲得に成功した。

2008年4月27日、パンクラスism道場長に就任した大石幸史と対戦し、0-1の判定ドロー。試合の3日前に右足靭帯を部分断裂し全治1か月と診断されたものの、麻酔を打って試合を行なった[1]

DREAM・DEEP[編集]

2008年5月11日、DREAM初参戦となったDREAM.3山崎剛と対戦し、0-3の判定負け。この試合は、DREAM初のフェザー級マッチとなった。

2008年7月8日、フェザー級に転向するためパンクラスライト級王座を返上した[2]

2008年12月10日、DEEP初参戦となったDEEP 39 IMPACTで大塚隆史と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2009年2月10日、新春! DEEP&CMAファン感謝祭2009でDREAMフェザー級(-63kg)グランプリへの出場権を賭け元同門のDJ.taikiと対戦、0-3の判定負けを喫した。

2009年7月26日、初参戦となったR.I.S.E.裕樹と対戦し、KO負けを喫した。

2009年10月4日、RISE 59の初代RISE 65kg級王者決定戦・準決勝で吉本光志と対戦し、0-3の判定負けを喫した[3]

その後、怪我によりブランクを作った。

2010年10月24日、1年ぶりの試合・1年8か月ぶりの総合格闘技復帰戦となったDEEP 50 IMPACTでジョン・ジンソと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた[4]。当初は長倉立尚と対戦予定であったが、長倉が左アキレス腱断裂により欠場したため対戦相手が変更された[5]

2010年12月11日、DEEP 51 IMPACTのメインイベントで松本晃市郎と対戦し、パンチラッシュでTKO負け[6]。総合格闘技ルールでは自身初のKO負けとなった。

2011年2月25日、DEEP 52 IMPACTで加藤友弥と対戦し、パンチの撃ち合いの中で加藤の右目尻をカットさせドクターストップによるTKO勝ちを収めた[7]

2011年6月24日、DEEP 54 IMPACTで横田一則と対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2013年2月16日、DEEP 61 IMPACTのフェザー級タイトルマッチで横田一則と再戦し、0-5の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

人物・エピソード[編集]

  • リングネーム昇侍には本人の強い意志が込められており、「日本人が持つの誇り」、「世界の頂点までる」という意味がある。なお、リングネームは過去に何度か変更されていて、2006年2月19日のネオブラッド・トーナメント参戦時には翔侍というリングネームで出場していた。

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
21 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
11 8 0 3 0 1 0
9 2 0 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× チェ・ドゥホ 2R 2:33 TKO(右ストレート→パウンド) DEEP CAGE IMPACT 2013 in KORAKUEN HALL 2013年6月15日
× 横田一則 5分3R終了 判定0-5 DEEP 61 IMPACT
【DEEPフェザー級タイトルマッチ】
2013年2月16日
キム・ホジュン 2R 2:01 TKO(サッカーボールキック) DEEP 60 IMPACT 2012年10月19日
長倉立尚 5分2R終了 判定3-0 DEEP 57 IMPACT 〜12年目の現実〜 2012年2月18日
鍵山雄介 5分2R終了 判定3-0 DEEP CAGE IMPACT 2011 in TOKYO 1st ROUND 2011年10月29日
× 横田一則 5分3R終了 判定0-3 DEEP 54 IMPACT 2011年6月24日
加藤友弥 1R 1:27 TKO(ドクターストップ) DEEP 52 IMPACT 2011年2月25日
× 松本晃市郎 3R 1:49 TKO(スタンドパンチ連打) DEEP 51 IMPACT 2010年12月11日
ジョン・ジンソ 1R 2:58 TKO(パウンド) DEEP 50 IMPACT 〜10年目の奇跡〜 2010年10月24日
× DJ.taiki 5分3R終了 判定0-3 新春! DEEP&CMAファン感謝祭2009 2009年2月10日
× 大塚隆史 5分3R終了 判定0-3 DEEP 39 IMPACT 2008年12月10日
× 山崎剛 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND 2008年5月11日
大石幸史 5分3R終了 判定0-1 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年4月27日
アルトゥール・ウマハノフ 2R 0:21 KO(左ハイキック→パウンド) PANCRASE 2008 SHINING TOUR
【ライト級キング・オブ・パンクラス決定戦】
2008年1月30日
伊藤崇文 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年12月22日
× ジョゼ・アルド 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年7月27日
武重賢司 1R 2:28 KO(パウンド) PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年4月27日
× 星野勇二 5分2R終了 判定0-3 PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年3月18日
荒牧拓 1R 3:36 KO(踏みつけ) PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年12月2日
宮崎裕治 1R 0:03 KO(跳び膝蹴り) PANCRASE 2006 BLOW TOUR 2006年10月1日
中条実 1R 2:22 KO(バスター) DEMOLITION 2006年7月30日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 太田純一 不戦敗 PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ネオブラッド・トーナメント予選 準決勝】
2006年2月19日
井上誠午 5分1R終了 判定3-0 PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ネオブラッド・トーナメント予選 1回戦】
2006年2月19日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 吉本光志 3R終了 判定0-3 RISE 59
【初代RISE 65kg級王者決定戦 準決勝】
2009年10月4日
× 裕樹 3R 0:48 KO(左ローキック) RISE 57 2009年7月26日

獲得タイトル[編集]

入場テーマ曲[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代パンクラスライト級王者

2008年1月30日 - 2008年7月8日

空位
次タイトル獲得者
井上克也