中山巧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タクミ
基本情報
本名 中山 巧
通称 うしシューター
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1973年11月11日(42歳)
出身地 大阪府大阪市
所属 パラエストラ東京
→パラエストラ大阪
身長 173cm
体重 66kg
階級 ライト級
フェザー級
バックボーン 柔道柔術ボクシング
テンプレートを表示

中山 巧(なかやま たくみ、1973年11月11日 - )は、日本男性総合格闘家大阪府大阪市出身。パラエストラ大阪所属。元フェザー級キング・オブ・パンクラシスト。元KOTC世界ライト級王者。タクミリングネームで活動する。

驚異的にビルドアップされた肉体の持ち主。

来歴[編集]

1999年3月21日、第5回全日本コンバットレスリング選手権大会-69kg級に出場。決勝で大内敬に敗れ、準優勝となった。

1999年8月8日、第6回全日本アマチュア修斗選手権大会ウェルター級(-69kg)に出場。決勝で飛田拓人に敗れ、準優勝となった。

2000年4月12日、プロ修斗デビュー戦で川尻達也と対戦し、スリーパーホールドで一本勝ち。

2001年12月16日、修斗でマーシオ・クロマドと対戦し、開始32秒フロントスリーパーホールドで一本負け。プロ初黒星となった。

2002年3月24日、第8回全日本コンバットレスリング選手権大会-74kg級に出場するも、初戦で敗退。

2002年5月25日、HOOKnSHOOTでビトー・"シャオリン"・ヒベイロと対戦し、開始51秒肩固めで一本負け。

2002年8月27日、修斗で山崎剛と対戦し、判定勝ち。この試合からリングネームをタクミに変更した。

2003年、パレストラ大阪(現・パラエストラ大阪)をオープン。

2003年5月30日、修斗でデビュー戦以来となる川尻達也と再戦し、右ストレートでTKO負け。

2004年8月6日、KOTCチャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネットと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。

2004年11月14日、KOTC世界ライト級王座決定戦でチャーリー・コーラーと対戦し、TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2005年8月、第6回全日本ブラジリアン柔術選手権大会 アダルト紫帯レーヴィ級に出場。決勝で鹿又智成に敗れ準優勝となった。

2005年10月29日、KOTC世界ライト級タイトルマッチでマック・ダンジグと対戦し、TKO負けを喫し王座陥落した。

2011年9月4日、フェザー級暫定キング・オブ・パンクラス決定戦で鹿又智成で対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2012年8月10日、マルロン・サンドロの王座返上により、正規王座に認定された。

2015年2月1日、フェザー級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチでナム・ファンと対戦し、1-2の判定負けを喫し王座陥落した。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
42 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 1 7 10 1 6 1
16 7 2 7 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 田村一聖 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 273 2015年12月13日
× ナム・ファン 5分3R終了 判定1-2 PANCRASE 264
【フェザー級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2015年2月1日
美木航 2R 2:28 リアネイキドチョーク VTJ 5th in OSAKA 2014年6月28日
× ウィル・チョープ 3R 1:42 TKO(パウンド) PXC 40 2013年10月25日
ジョニー・ペシーナ 1R キムラロック PXC 37 2013年5月18日
大石幸史 5分3R終了 判定1-0 PANCRASE 246
【フェザー級キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2013年3月17日
ジョン・ショレス 3R 2:47 チョークスリーパー PANCRASE 2012 PROGRESS TOUR
【フェザー級暫定キング・オブ・パンクラス タイトルマッチ】
2012年6月2日
鹿又智成 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR
【フェザー級暫定キング・オブ・パンクラス決定戦】
2011年9月4日
伊藤健一 5分2R終了 時間切れ ZST.28 2011年5月22日
川那子祐輔 1R 3:27 チョークスリーパー PANCRASE 2011 IMPRESSIVE TOUR 2011年4月3日
ジャックナイフツネオ 5分2R終了 判定3-0 修斗 BORDER -season 2- 「不動」 2010年12月26日
× 佐々木信治 1R 3:51 KO(パウンド) 修斗 SHOOTO GIG WEST 12 2010年9月26日
× ドミニク・ロビンソン 3分3R終了 判定0-3 PFC 11: All In 2008年11月20日
× 光岡映二 1R 3:30 TKO(マウントパンチ) CAGE FORCE 03
【ライト級王座決定トーナメント 準々決勝】
2007年6月9日
アンソニー・マグデビット 1R 1:23 ノーコンテスト(サミング) No Limits: Proving Ground 2007年4月21日
福本よう一 5分3R終了 判定3-0 CAGE FORCE EX -western bound-
【ライト級王座決定トーナメント 1回戦】
2007年2月17日
高橋渉 5分2R終了 判定1-0 CAGE FORCE 01 2006年11月25日
× アライケンジ 2R 0:04 KO(アッパー→パウンド) MARS in 有明 2006年2月4日
× マック・ダンジグ 3R TKO(タオル投入) KOTC: Execution Day
【KOTC世界ライト級タイトルマッチ】
2005年10月29日
× 長岡弘樹 5分2R終了 判定0-2 DEEP 19th IMPACT 2005年7月8日
× 天突頑丈 5分3R終了 判定0-3 修斗 2005年1月29日
チャーリー・コーラー 2R 2:35 TKO(パウンド) KOTC 44: Revenge
【KOTC世界ライト級王座決定戦】
2004年11月14日
チャールズ・"クレイジー・ホース"・ベネット 1R 2:46 チョークスリーパー KOTC 37: Hitmaster 2004年8月6日
× 雷暗暴 5分3R終了 判定0-2 修斗
【環太平洋ウェルター級王座決定トーナメント 準決勝】
2004年7月16日
中蔵隆志 5分3R終了 判定3-0 修斗 & KAKUMEI SHOWDOWN BATTLE
【環太平洋ウェルター級王座決定トーナメント 1回戦】
2004年4月11日
× マーカス・アウレリオ 1R 3:06 腕ひしぎ十字固め ZST GP 開幕戦
【1回戦】
2003年11月23日
× 川尻達也 1R 4:11 TKO(右ストレート) 修斗 Shootor's Dream II 2003年5月30日
× ヨアキム・ハンセン 5分3R終了 判定0-2 修斗 2002年12月14日
佐藤ルミナ 5分3R終了 判定0-1 修斗 2002年11月15日
山崎剛 5分3R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG EAST 10 2002年8月27日
× ビトー・"シャオリン"・ヒベイロ 1R 0:51 肩固め HOOKnSHOOT: Relentless 2002年5月25日
× マーシオ・クロマド 1R 0:32 フロントスリーパーホールド 修斗 SHOOTO TO THE TOP -THE FINAL ACT- 2001年12月16日
ヘンリー・マタモロス 3R 3:30 ギブアップ(疲労) HOOKnSHOOT: Kings 1 2001年11月17日
ブルーノ・ケロイ 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年9月2日
村濱天晴 2R 4:42 テクニカル判定3-0 修斗 SHOOTO GIG EAST 2001-04 2001年7月27日
チャーリー・ピアソン 5分2R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年6月30日
イアン・シャファー 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年3月21日
三宅力 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG WEST 2001年2月18日
南部陽平 5分2R終了 判定1-1 修斗 R.E.A.D. 2000年11月12日
飛田拓人 5分2R終了 判定2-0 修斗 R.E.A.D. 2000年9月15日
竹内幸司 5分2R終了 判定1-0 修斗 R.E.A.D. 2000年7月16日
川尻達也 1R 2:44 スリーパーホールド 修斗 R.E.A.D. 2000年4月12日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
杉江"アマゾン"大輔 5分2R終了 ポイント1-0 修斗 SHOOTO GIG EAST 11 2002年9月25日

柔術[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
Barbaro44 7分終了 ポイント2-2 アドバンテージ1-0 プロ柔術関西「大阪夏の陣」
【アダルト紫帯レーヴィ級】
2005年6月11日

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
パンクラスフェザー級暫定王者
2011年9月4日 - 2012年8月10日
次王者
王座廃止
空位
前タイトル保持者
マルロン・サンドロ
第3代パンクラスフェザー級王者
2012年8月10日 - 2015年2月1日
次王者
ナム・ファン