山崎剛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山崎 剛
基本情報
本名 山崎 剛
通称 GRABAKAの柔術マスター
平成の牛若丸
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1977-05-25) 1977年5月25日(40歳)
出身地 千葉県鎌ヶ谷市
所属 GRABAKA
リバーサルジム新宿 Me,We
身長 174cm
体重 67kg
階級 フェザー級
バックボーン ブラジリアン柔術
テーマ曲 AI NO TABI
(SLEEP WALKER)
テンプレートを表示

山崎 剛(やまざき たけし、1977年5月25日 - )は、日本男性総合格闘家千葉県鎌ヶ谷市出身。リバーサルジム新宿 Me,We所属。千葉県立松戸六実高等学校東京福祉商経専門学校卒業。

中量級選手の多いGRABAKAの中で、唯一の軽量級選手。ブラジリアン柔術のテクニックをベースにした極めの強いファイトスタイルを持つ。ニックネームは「GRABAKAの柔術マスター」、「平成の牛若丸」。

来歴[編集]

高校在学中に柔道を学び修斗リングスUWFインターナショナルを通じて格闘技に魅せられ、卒業と同時に正道会館柔術クラスに入門。当時フリーとして活躍していた菊田早苗佐々木有生らと出会う。

その後4年余りの間ブラジリアン柔術の練習に明け暮れ、2000年1月23日のアブダビコンバット日本予選では77kg未満級に出場。準決勝で五味隆典に敗れるも3位入賞。

2001年GRABAKA所属となった。

2001年4月8日、修斗で総合格闘家デビューを果たした。

2001年10月23日、修斗で杉江"アマゾン"大輔と対戦し、腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2002年4月21日、修斗で川尻達也と対戦、0-3の判定負け。

2005年3月12日、D.O.Gの旗揚げ興行に出場。飯田崇人に得意のチョークスリーパーで一本勝ち。

2005年9月3日、DEEP 20 IMPACTにおいて「全面対抗戦 DEEP戦士 vs. GRABAKA」と銘打った3対3の対抗戦に大将として出場。Barbaro44を飛びつきからのチョークスリーパーで一本勝ち。GRABAKAを勝利に導いた。

2005年10月28日、DEEP 21 IMPACTで行なわれたフェザー級(-65kg)トーナメント1回戦でマイク・トーマス・ブラウンと対戦し、0-3の判定負けを喫した[1]

2006年10月10日、DEEP 26 IMPACTのDEEPフェザー級タイトルマッチで今成正和と対戦し、ペダラーダでKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2008年2月11日、CAGE FORCE EX -eastern bound-のフェザー級王座決定トーナメント1回戦で尾崎大海と対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。

2008年5月11日、DREAM初参戦となったDREAM.3昇侍と対戦し、3-0の判定勝ち。DREAM初のフェザー級マッチとなった。

2008年7月21日、DREAM.5所英男と対戦し、0-3の判定負け。

2008年9月27日、CAGE FORCE 08のフェザー級王座決定トーナメント準決勝で星野勇二と対戦し、チキンウィングアームロックで一本負け。

2009年12月19日、DEEP初のケージ大会となったDEEP CAGE IMPACT 2009北田俊亮と対戦し、1-1の判定ドロー。

2011年2月25日、DEEP 52 IMPACTで津田勝憲と対戦し、腕ひしぎ十字固めが極まったところでタオルが投入されTKO勝ち[2]。キャリア無敗であった津田に初黒星を与え、山崎にとっては2008年5月11日以来2年9か月ぶりの白星となった。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
30 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
15 1 8 6 0 3 0
12 2 1 9 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 三島☆ド根性ノ助 5分2R終了 判定0-3 GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK 2011年10月15日
津田勝憲 1R 1:33 TKO(タオル投入:腕ひしぎ十字固め) DEEP 52 IMPACT 2011年2月25日
× 大塚隆史 5分3R終了 判定0-3 DEEP 46 IMPACT 2010年2月28日
北田俊亮 5分3R終了 判定1-1 DEEP CAGE IMPACT 2009 第2部 2009年12月19日
× 宮田和幸 5分3R終了 判定0-2 DEEP 42 IMPACT 2009年6月30日
× 星野勇二 3R 3:23 チキンウィングアームロック CAGE FORCE 08
【フェザー級王座決定トーナメント 準決勝】
2008年9月27日
× 所英男 2R(10分/5分)終了 判定0-3 DREAM.5 ライト級グランプリ2008 決勝戦 2008年7月21日
昇侍 2R(10分/5分)終了 判定3-0 DREAM.3 ライト級グランプリ2008 2nd ROUND 2008年5月11日
尾崎大海 2R 2:30 チョークスリーパー CAGE FORCE EX -eastern bound-
【フェザー級王座決定トーナメント 1回戦】
2008年2月11日
吉田幸治 5分2R終了 判定2-0 DEEP 32 IMPACT 2007年10月9日
北田俊亮 5分2R終了 判定2-0 DEEP 31 IMPACT 2007年8月5日
× 志田幹 5分2R終了 判定0-2 DEEP 28 IMPACT 2007年2月16日
× 今成正和 3R 1:49 KO(蹴り上げ) DEEP 26 IMPACT
【DEEPフェザー級タイトルマッチ】
2006年10月10日
杉内勇 5分2R終了 判定3-0 DEEP 25 IMPACT 2006年8月4日
宮川博孝 1R 4:44 腕ひしぎ十字固め DEEP 24 IMPACT 2006年4月11日
松下剛士 2R 4:44 腕ひしぎ十字固め DEEP 22 IMPACT
【フェザー級トーナメント リザーブマッチ】
2005年12月2日
× マイク・トーマス・ブラウン 5分3R終了 判定0-3 DEEP 21 IMPACT
【フェザー級トーナメント 1回戦】
2005年10月28日
Barbaro44 1R 4:30 チョークスリーパー DEEP 20th IMPACT 2005年9月3日
飯田崇人 2R 3:52 チョークスリーパー D.O.G 2005年3月12日
× ダニーロ・シェウマン 5分3R終了 判定0-3 修斗 WANNA SHOOTO 2004 2004年11月12日
アンタナス・ジャズビュティス 1R 4:10 腕ひしぎ十字固め 修斗 2004年5月3日
× 八隅孝平 1R 1:21 KO(パンチ) 修斗 2003年2月23日
ナルポン・タックホームシン 1R 1:34 腕ひしぎ十字固め DEEP2001 7th IMPACT in DIFFER ARIAKE 2002年12月8日
× タクミ 5分3R終了 判定0-3 修斗 SHOOTO GIG EAST 10 2002年8月27日
× 川尻達也 5分2R終了 判定0-3 修斗 WANNA SHOOTO JAPAN 2002 2002年4月21日
杉江"アマゾン"大輔 2R 3:44 腕ひしぎ十字固め 修斗 SHOOTO GIG EAST 2001-06 2001年10月23日
平山貴一 3分2R終了 時間切れ CLUB CONTENDERS:01
【ORGルール】
2001年8月15日
藤原正人 5分2R終了 判定3-0 修斗 SHOOTO GIG EAST 2001-04 2001年7月27日
竹内幸司 5分2R終了 判定2-0 修斗 SHOOTO TO THE TOP 2001年6月30日
小谷ヒロキ 5分2R終了 判定0-0 修斗 WANNA SHOOTO 2001 2001年4月8日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マウリシオ・ソウザ 3R(4分/4分/2分)終了 ポイント1-15 DEEP X 02 2007年12月2日
アントニオ・カルバーリョ 3R(4分/4分/2分)終了 ポイント5-5 DEEP X 2007年6月18日
岩間朝美 5分2R終了 判定 club DEEP - first Challenge in club OZON 2002年7月14日

獲得タイトル[編集]

  • ADCC 2000日本予選 77kg未満級 3位

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]