World Extreme Cagefighting

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
World Extreme Cagefighting
設立 2001年
主催 ズッファ
本部 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
代表者 リード・ハリス
テンプレートを表示

World Extreme Cagefighting(ワールド・エクストリーム・ケイジファイティング、略称WEC)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体。2010年をもって同じズッファが運営するUFCに統合された。

UFCとは異なり、軽量級のマッチメイクをイベントの主体としていた。特にUFCが当時認定していなかったフェザー級以下の階級については世界一の選手層を有していた。

概要[編集]

2001年にスコット・アダムスとリード・ハリスが創設し、インディアン・リザベーションのタチ・パレス・ホテルを中心に活動していた。2006年12月にズッファに買収され、以後は同社が運営している。それまで五角形だった金網がUFCと同じく八角形になり、アメリカではケーブルテレビコムキャストVersusでテレビ放送も行なわれるようになった[1]

ズッファによる買収[編集]

ズッファ買収後のWECではライトヘビー級以下の6つの階級が設定されていたが、2008年12月3日のWEC 37を最後に、ミドル級ライトヘビー級は廃止となった[2]。また2009年からはウェルター級の選手もUFCに移管され、フライ級が新設されることが発表された[3]

UFCへの統合[編集]

2010年10月28日の発表で、UFC代表のダナ・ホワイトがWECのUFCへの統合を発表した。WECの現役フェザー級王者だったジョゼ・アルドは、そのままUFCの初代フェザー級王者に認定された。WECバンタム級王者のドミニク・クルーズは、12月16日に開催された最終興行WEC 53での防衛戦でスコット・ヨルゲンセンに勝利し、初代UFCバンタム級王者として認定された[4]。また、ライト級についてはWEC 53にて行われたタイトルマッチで王者ベン・ヘンダーソンに勝利したアンソニー・ペティスが、UFC 125で行われるフランク・エドガーグレイ・メイナードによるUFCライト級タイトルマッチの勝者への次期挑戦権を獲得した[5]。(但し、ペティスは後にこのタイトル挑戦権を失うこととなる。詳細は「アンソニー・ペティス」の項を参照)

統合後WECの記録はUFCの公式記録としても扱われている[6]

ルール[編集]

NJSACB制定の共通ルールに準拠。試合場にはUFC同様、8角形のケージ(金網)を使用しているが、サイズはUFCより一回り小さい。

階級・王座[編集]

階級 重量区分 最終王者 防衛回数
ライト級 -155lbs: -70.3kg アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ペティス 0
フェザー級 -145lbs: -65.8kg ブラジルの旗 ジョゼ・アルド 2
バンタム級 -135lbs: -61.2kg アメリカ合衆国の旗 ドミニク・クルーズ 2
フライ級 -125lbs: -56.7kg 空位 -

開催履歴[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「UFCはライバルだ WEC代表ピーター・ドロペッグ」 『GONKAKU』2007年9月号、イースト・プレス、p23
  2. ^ WEC Drops Middleweight & Light Heavyweight Divisions MMA PAYOUT 2008年9月26日
  3. ^ 【WEC39】ウェルター級がUFCに移管、フライ級が新設 MMAPLANET 2009年2月4日
  4. ^ 【WEC53】クルーズが初代UFCバンタム級王座を戴冠 MMAPLANET 2010年12月17日
  5. ^ WECを完全吸収。アルドがUFCフェザー級王者に バウトレビュー 2010年10月31日
  6. ^ UFC 181:ユライア・フェイバーのバックステージ・インタビュー UFC公式サイト 2014年12月6日

外部リンク[編集]