Australian Fighting Championship

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Australian Fighting Championship
設立 2010年
本部 Flag of Australia (converted).svg オーストラリア
ビクトリア州メルボルン
代表者 アダム・ミランコービック
サイト 公式サイト
テンプレートを表示

Australian Fighting Championship(オーストラリアン・ファイティング・チャンピオンシップ、略称 AFC)は、オーストラリア総合格闘技団体。

概要[編集]

アダム・ミランコービックが創設し、2010年11月12日、旗揚げ大会Australian Fighting Championship 1を開催した。本拠地のビクトリア州では条例でケージ(金網)の使用が禁止されていたため、ニューサウスウェールズ州開催のAustralian FC 10を除いてリングを使用していた[1]

2012年オリンピック柔道4大会連続出場のダニエル・ケリーと契約した。

2015年3月、オーストラリア労働党の選挙運動でビクトリア州のケージ禁止法が撤廃され、試合場がリングからケージに完全移行した[1]

2017年4月、初の中国大会Australian FC 18とAustralian FC 19を2日連続で開催した。6月、中国のキックボクシング団体「Kunlun Fight」と提携した[2]

歴代王者[編集]

ヘビー級(-120.2kg)[編集]

選手名 王座獲得大会 開催年月日 王座防衛
1 オーストラリアの旗 ソア・パラレイ
def. Joe Kielur
AFC 3
ジーロング, オーストラリア
2012年4月14日

1. def. ショーン・マッコークル AFC 4 2012年12月7日

ソア・パラレイのUFC移籍により空位
2 オーストラリアの旗 ブランドン・ソソリ
def. Andre Meunier
AFC 13
メルボルン, オーストラリア
2015年6月14日
3 オーストラリアの旗 タイ・トゥイバサ AFC 16
メルボルン, オーストラリア
2016年6月18日

1. def. ジェームス・マックスウィーニー AFC 16 2016年10月15日

タイ・トゥイバサのUFC移籍により空位

ライトヘビー級(-93.0kg)[編集]

選手名 王座獲得大会 開催年月日 王座防衛
1 オーストラリアの旗 ジェイミー・アブダラ
def. ダニエル・アルメイダ
AFC 12
メルボルン, オーストラリア
2015年3月22日

1. def. ランドール・レイメント AFC 14 2015年9月12日

2 カメルーンの旗 ソクジュ AFC 21
メルボルン, オーストラリア
2017年10月28日

ミドル級(-83.9kg)[編集]

選手名 王座獲得大会 開催年月日 王座防衛
1 オーストラリアの旗 スティーブン・ケネディ
def. マニュエル・ロドリゲス
AFC 7
メルボルン, オーストラリア
2013年12月14日
スティーブン・ケネディの王座返上により空位
2 オーストラリアの旗 ゼイン・サリバ
def. ダニエル・ウェイ
AFC 12
メルボルン, オーストラリア
2015年3月22日
ゼイン・サリバの王座返上により空位
3 オーストラリアの旗 ロブ・ウィルキンソン
def. ジェイミー・アブダラ
AFC 15
メルボルン, オーストラリア
2016年3月19日
ロブ・ウィルキンソンのUFC移籍により空位
4 ナイジェリアの旗 イスラエル・アデサンヤ
def. メルヴィン・ギラード
AFC 20
メルボルン, オーストラリア
2017年7月28日
イスラエル・アデサンヤのUFC移籍により空位
5 フィンランドの旗 グレン・スパルフ
def. Stu Dare
AFC 22
メルボルン, オーストラリア
2018年4月7日

ウェルター級(-77.1kg)[編集]

選手名 王座獲得大会 開催年月日 王座防衛
1 オーストラリアの旗 コーリー・ネルソン
def. カラン・ポッター
AFC 9
メルボルン, オーストラリア
2014年5月17日
2 エルサルバドルの旗 マニュエル・ロドリゲス AFC 14
メルボルン, オーストラリア
2015年9月12日
マニュエル・ロドリゲスの王座返上により空位
3 オーストラリアの旗 テオ・クリスタコス
def. アントン・ザフィル
AFC 22
メルボルン, オーストラリア
2018年4月7日

1. def. アンドリュー・ミルズ AFC 23 2019年12月1日

ライト級(-70.3kg)[編集]

選手名 王座獲得大会 開催年月日 王座防衛
1 ニュージーランドの旗 ダン・フッカー
def. ラスティ・マクブライド
AFC 3
ジーロング, オーストラリア
2012年4月14日

1. def. ラスティ・マクブライド AFC 5 2013年5月10日
2. def. ニック・パターソン AFC 6 2013年8月24日

ダン・フッカーのUFC移籍により空位
2 ブラジルの旗 ベルナルド・マガリャエス
def. キーラン・ジョブリン
AFC 10
オルベリー・ウォドンガ, オーストラリア
2014年8月16日
ベルナルド・マガリャエスの王座返上により空位
3 オーストラリアの旗 イサック・ハードマン
def. ジェームス・ビショップ
AFC 19
陝西省, 中国
2017年4月15日

1. def. ロブ・ヒル AFC 21 2017年10月28日

フェザー級(-65.8kg)[編集]

選手名 王座獲得大会 開催年月日 王座防衛
1 オーストラリアの旗 アレクサンダー・ヴォルカノフスキー
def. ジェームス・ビショップ
AFC 13
メルボルン, オーストラリア
2015年6月14日

1. def. ジェイミー・ムラーキー AFC 15 2016年5月19日

アレクサンダー・ヴォルカノフスキーのUFC移籍により空位

バンタム級(-61.2kg)[編集]

選手名 王座獲得大会 開催年月日 王座防衛
1 ブラジルの旗 グスタヴォ・ファルシローリ
def. カイ・カラ=フランス
AFC 9
メルボルン, オーストラリア
2014年5月17日

脚注[編集]

外部リンク[編集]