アンソニー・ペティス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンソニー・ペティス
Anthony Pettis WEC 53.jpg
基本情報
本名 アンソニー・ポール・ペティス
(Anthony Paul Pettis)
通称 ショータイム (Showtime)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1987年1月27日(28歳)
出身地 ウィスコンシン州ミルウォーキー
所属 ルーファスポーツ
身長 177cm
体重 70kg
リーチ 185cm
階級 ライト級
スタイル テコンドーブラジリアン柔術ムエタイ
テーマ曲 Show Time (Tum Tum)
テンプレートを表示

アンソニー・ペティスAnthony Pettis、男性、1987年1月27日 - )は、アメリカ合衆国総合格闘家ウィスコンシン州ミルウォーキー出身。ルーファスポーツ所属。テコンドー三段。ブラジリアン柔術茶帯。元UFC世界ライト級王者。元WEC世界ライト級王者。

総合格闘家のセルジオ・ペティスは実弟。

来歴[編集]

5歳からテコンドーボクシングを始めた。2003年に父親が強盗に殺されたのをきっかけに、父のためプロ格闘家になるのを決意する。18歳の頃にルーファスポーツに入門し、総合格闘技を始める。プロ格闘家になる前は消防士をしていた[1]

2007年1月27日のデビュー以来、GFS(Gladiators Fighting Series)で8連勝を記録。ライト級王座を保持していた。

WEC[編集]

2009年6月7日、WEC初参戦となったWEC 41でマイク・キャンベルと対戦し、三角絞めで一本勝ち[2]。12月19日、WEC 45でバート・パラゼウスキーと対戦し、1-2の判定負けを喫し初黒星となった。

2010年3月6日、WEC 47ダニー・カスティーリョと対戦し、左ハイキックでダウンを奪ったところにパウンドで追撃しKO勝ち[3]。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[4]

2010年4月24日、WEC 48でアレックス・カラレクシスと対戦し、三角絞めで一本勝ちを収めた[5]

2010年8月18日、WEC 50でシェーン・ローラーと対戦し、三角絞めで一本勝ち[6]。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した[7]

2010年12月16日、WEC最終興行WEC 53で行なわれたWEC世界ライト級タイトルマッチでベン・ヘンダーソンに挑戦し、5Rには金網を蹴ってからのハイキックでダウンを奪った上で3-0の判定勝ちを収め王座を獲得すると同時にUFC世界ライト級王座挑戦権を獲得した[8][9]。また、ファイト・オブ・ザ・ナイトも受賞した[10]。後にスポーツテレビ局のESPNがスポーツ科学番組で検証したところ、金網を使うことでスピードが40%向上することが認められた[11]

UFC[編集]

2011年UFCと契約し、WEC世界ライト級王者であったことからUFC世界ライト級王座への挑戦権を獲得。しかし、UFC 125でのライト級タイトルマッチが引き分けに終わり、続くUFC 130で行われる予定であったUFC世界ライト級タイトルマッチが延期されたため、6月4日、王者を待つ代わりにThe Ultimate Fighter 13 Finaleクレイ・グイダと対戦。グラウンドコントロールで劣勢となって判定負けを喫し、タイトル挑戦権を失った。

2012年2月26日、UFC 144ジョー・ローゾンと対戦し、1Rに左ハイキックでダウンを奪いパウンドでKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

その後、肩の手術を行ったため一年近く試合をしていなかった。

2013年1月26日、UFC on FOX 6ドナルド・セラーニと対戦し、左ミドルキックでKO勝ち。ノックアウト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年8月31日、地元ミルウォーキーで開催されたUFC 164ベン・ヘンダーソンのUFC世界ライト級王座に挑戦。ミドルキックを効かせ、最後は下からの腕ひしぎ十字固めで1R一本勝ちを収め王座を獲得。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。当初はUFC 163で一階級下のフェザー級契約でフェザー級王者ジョゼ・アルドと対戦する予定であったが[12]、ペティスは膝の負傷により欠場。その後、UFC 164でライト級タイトルマッチを行うTJ・グラントの負傷欠場が発表され、ペティスはその代役として王座挑戦を果たした[13]

2014年The Ultimate Fighter 20ギルバート・メレンデスと共にコーチを務めた。

2014年12月6日、コーチ対決としてUFC 181のUFC世界ライト級タイトルマッチでライト級ランキング1位のギルバート・メレンデスと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ちを収め初防衛に成功。パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年3月14日、UFC 185のライト級タイトルマッチでハファエル・ドス・アンジョスと対戦し、0-3の判定負けで王座陥落となった。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
21 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
18 7 8 3 0 0 0
3 0 0 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ハファエル・ドス・アンジョス 5分5R終了 判定0-3 UFC 185: Pettis vs. dos Anjos
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2015年3月14日
ギルバート・メレンデス 2R 1:53 ギロチンチョーク UFC 181: Hendricks vs. Lawler 2
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2014年12月6日
ベン・ヘンダーソン 1R 4:31 腕ひしぎ十字固め UFC 164: Henderson vs. Pettis
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2013年8月31日
ドナルド・セラーニ 1R 2:35 KO(左ミドルキック) UFC on FOX 6 2013年1月26日
ジョー・ローゾン 1R 1:21 KO(左ハイキック→パウンド) UFC 144: Edgar vs. Henderson 2012年2月26日
ジェレミー・スティーブンス 5分3R終了 判定2-1 UFC 136: Edgar vs. Maynard 3 2011年10月8日
× クレイ・グイダ 5分3R終了 判定0-3 The Ultimate Fighter 13 Finale 2011年6月5日
ベン・ヘンダーソン 5分5R終了 判定3-0 WEC 53: Henderson vs. Pettis
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2010年12月16日
シェーン・ローラー 3R 4:51 三角絞め WEC 50: Cruz vs. Benavidez 2 2010年8月18日
アレックス・カラレクシス 2R 1:35 三角絞め WEC 48: Aldo vs. Faber 2010年4月24日
ダニー・カスティーリョ 1R 2:27 KO(左ハイキック→パウンド) WEC 47: Bowles vs. Cruz 2010年3月6日
× バート・パラゼウスキー 5分3R終了 判定1-2 WEC 45: Cerrone vs. Ratcliff 2009年12月19日
マイク・キャンベル 1R 1:49 三角絞め WEC 41: Brown vs. Faber 2 2009年6月7日
ゲイブ・ウォールブリッジ 1R 0:56 TKO(パンチ連打) GFS: Season's Beatings
【GFSライト級タイトルマッチ】
2008年12月13日
ジェイ・エリス 1R 1:12 ギブアップ(パンチ連打) Gladiators Fighting Series 55
【GFSライト級タイトルマッチ】
2008年10月4日
シェロン・レゲット 5分3R終了 判定2-1 GFS: Fight Club
【GFSライト級タイトルマッチ】
2008年6月21日
マイク・ラムブレヒト 1R 1:49 KO(キック) GFS: Knockout Kings 2008年3月29日
ジョージ・バラザ 1R 4:31 TKO(パンチ連打) GFS: The Warriors 2008年2月16日
マイケル・スキナー 1R 0:36 ギブアップ(パンチ連打) GFS: Seasons Beatings 2007年12月1日
ロニー・アムダール 1R 0:12 ギブアップ(負傷) GFS: Rumble in the Cage 2007年8月17日
トム・エルスパメル 1R 0:24 TKO(パンチ連打) GFS: Super Brawl 2007年1月27日

獲得タイトル[編集]

  • GFSライト級王座(2008年)
  • 第7代WEC世界ライト級王座(2010年)
  • 第6代UFC世界ライト級王座(2013年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ベン・ヘンダーソン
第7代WEC世界ライト級王者

2010年1月10日

次王者
王座廃止
前王者
ベン・ヘンダーソン
第6代UFC世界ライト級王者

2013年8月31日 - 2015年3月14日

次王者
ハファエル・ドス・アンジョス