UFC 185

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 185: Pettis vs. dos Anjos
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2015年3月14日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テキサス州ダラス
会場 アメリカン・エアラインズ・センター
試合数 全12試合
放送局 WOWOW
入場者数 17,160人
入場収益 215万5,000ドル[1]
PPV購入数 31万件[2]
イベント時系列
UFC 184: Rousey vs. Zingano UFC 185: Pettis vs. dos Anjos UFC Fight Night: Maia vs. LaFlare

UFC 185: Pettis vs. dos Anjos(ユーエフシー・ワンエイティファイブ:ペティス・バーサス・ドス・アンジョス)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2015年3月14日テキサス州ダラスアメリカン・エアラインズ・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではUFC世界ライト級タイトルマッチとUFC世界女子ストロー級タイトルマッチが組まれた[3][4]

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • ヴァグネル・ホシャ → ジェイク・リンジー(第2試合)

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 女子バンタム級ワンマッチ 5分3R
オランダの旗 ジャーメイン・デランダミー vs. ブラジルの旗 ラリッサ・パシェコ ×
2R 2:02 TKO(スタンドパンチ連打)
第2試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アイルランドの旗 ジョセフ・ダフィー vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイク・リンジー ×
1R 1:47 KO(左ボディブロー)
第3試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ライアン・ブノワ vs. アメリカ合衆国の旗 セルジオ・ペティス ×
2R 1:34 TKO(左フック→パウンド)

プレリミナリーカード[編集]

第4試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・ロショルト vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・コープランド ×
3R 3:12 TKO(パウンド)
第5試合 71.2kg契約ワンマッチ 5分3R
イランの旗 ベニール・ダリウシュ vs. アメリカ合衆国の旗 ダロン・クルックシャンク ×
2R 2:48 リアネイキドチョーク
※クルックシャンクの体重超過によりライト級から変更。
第6試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 エリアス・テオドロウ vs. アメリカ合衆国の旗 ロジャー・ナルヴァエス ×
2R 4:07 TKO(パウンド)
第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
イングランドの旗 ロス・ピアソン vs. カナダの旗 サム・スタウト ×
2R 1:33 KO(左フック)

メインカード[編集]

第8試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ヘンリー・セフード vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・カリアソ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第9試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
オランダの旗 アリスター・オーフレイム vs. アメリカ合衆国の旗 ロイ・ネルソン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第10試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョニー・ヘンドリックス vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ブラウン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第11試合 UFC世界女子ストロー級タイトルマッチ 5分5R
ポーランドの旗 ヨアナ・イェンジェイチック vs. アメリカ合衆国の旗 カーラ・エスパルザ ×
2R 4:17 KO(スタンドパンチ連打)
※イェンジェイチックが王座獲得に成功。
第12試合 UFC世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 ハファエル・ドス・アンジョス vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ペティス ×
5R終了 判定3-0(50-45、50-45、50-45)
※ドス・アンジョスが王座獲得に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: 該当者なし
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトハファエル・ドス・アンジョスヨアナ・イェンジェイチックロス・ピアソンベニール・ダリウシュ
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]