UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis
イベント詳細
シリーズ UFC(UFC Fight Night)
主催 ズッファ
開催年月日 2011年3月26日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ワシントン州シアトル
会場 キーアリーナ
試合数 全12試合
放送局 Spike
入場者数 13,741人
入場収益 1,182,850USドル[1]
イベント時系列
UFC 128: Shogun vs. Jones UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis UFC 129: St-Pierre vs. Shields

UFC Fight Night: Nogueira vs. Davis(ユーエフシー・ファイトナイト:ノゲイラ・バーサス・デイヴィス、別名UFC Fight Night 24)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2011年3月26日ワシントン州シアトルキーアリーナで開催された。

大会概要[編集]

UFC初のワシントン州開催となった本大会ではアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラフィル・デイヴィスによるライトヘビー級ワンマッチが組まれた[2]

キャリア7戦全勝のエドウィン・フィゲロアがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニック・レンツ vs. アメリカ合衆国の旗 ウェイロン・ロウ ×
3R 2:24 ギロチンチョーク
第2試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アーロン・シンプソン vs. ブラジルの旗 マリオ・ミランダ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-26)
第3試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョニー・ヘンドリックス vs. アメリカ合衆国の旗 TJ・ウォルドバーガー ×
1R 1:35 TKO(左フック→パウンド)

Facebook中継カード[編集]

第4試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリスチャン・モアクラフト vs. アメリカ合衆国の旗 ショーン・マッコークル ×
2R 4:10 ギロチンチョーク
第5試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイケル・マクドナルド vs. アメリカ合衆国の旗 エドウィン・フィゲロア ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第6試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
イギリスの旗 ジョン・ハザウェイ vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・マックレー ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第7試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マッケンス・セメルジエール vs. アメリカ合衆国の旗 アレックス・カセレス ×
1R 3:18 リアネイキドチョーク
第8試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・ルソー vs. アメリカ合衆国の旗 ジョン・マドセン ×
2R終了時 TKO(ドクターストップ)

メインカード[編集]

第9試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
韓国の旗 ジョン・チャンソン vs. アメリカ合衆国の旗 レオナルド・ガルシア ×
2R 4:59 ツイスター
第10試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アミール・サダロー vs. アメリカ合衆国の旗 ダマルケス・ジョンソン ×
2R 3:24 ギブアップ(グラウンドの肘打ち)
第11試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ジョンソン vs. イギリスの旗 ダン・ハーディー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第12試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フィル・デイヴィス vs. ブラジルの旗 アントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトマイケル・マクドナルド vs. エドウィン・フィゲロア
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトジョニー・ヘンドリックス
サブミッション・オブ・ザ・ナイトジョン・チャンソン
各選手にはボーナスとして55,000ドルが支給された[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]