UFC 227

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 227: Dillashaw vs. Garbrandt 2
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2018年8月4日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロサンゼルス
会場 ステイプルズ・センター
試合数 全12試合
放送局 PPV
FX
日本の放送局 FOXスポーツ&エンターテイメント
入場者数 17,794人[1]
入場収益 285万ドル[1]
イベント時系列
UFC on FOX 30: Alvarez vs. Poirier 2 UFC 227: Dillashaw vs. Garbrandt 2 UFC Fight Night: Gaethje vs. Vick

UFC 227: Dillashaw vs. Garbrandt 2(ユーエフシー・ツートゥエンティセブン:ディラショー・バーサス・ガーブラント・ツー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2018年8月4日カリフォルニア州ロサンゼルスステイプルズ・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会では王者TJ・ディラショーと挑戦者コーディ・ガーブラントによるUFC世界バンタム級タイトルマッチ、王者デメトリアス・ジョンソンと挑戦者ヘンリー・セフードによるUFC世界フライ級タイトルマッチが組まれた。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 バンタム級 5分3R
エクアドルの旗 マルロン・ヴェラ vs. 中華人民共和国の旗 ウリジ・ブレン ×
2R 4:53 KO(左ボディブロー)
第2試合 女子ストロー級 5分3R
中華人民共和国の旗 ジャン・ウェイリー vs. アメリカ合衆国の旗 ダニエル・テイラー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第3試合 フライ級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アレックス・ペレス vs. アメリカ合衆国の旗 ホセ・トーレス ×
1R 3:36 KO(スタンドパンチ連打)

プレリミナリーカード[編集]

第4試合 フェザー級 5分3R
ブラジルの旗 シェイモン・モラエス vs. アメリカ合衆国の旗 マット・セイレス ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第5試合 バンタム級 5分3R
ブラジルの旗 リカルド・ラモス vs. 大韓民国の旗 カン・ギョンホ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第6試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 リッキー・シモン vs. アメリカ合衆国の旗 モンテル・ジャクソン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第7試合 バンタム級 5分3R
ブラジルの旗 ペドロ・ムニョス vs. ウェールズの旗 ブレット・ジョーンズ ×
3R終了 判定3-0(30-26、29-28、29-27)

メインカード[編集]

第8試合 ミドル級 5分3R
ブラジルの旗 チアゴ・サントス vs. アメリカ合衆国の旗 ケビン・ホランド ×
3R終了 判定3-0(29-27、29-27、29-26)
第9試合 女子ストロー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 J.J.アルドリッチ vs. ブラジルの旗 ポリアナ・ヴィアナ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-27)
第10試合 フェザー級 5分3R
ブラジルの旗 ヘナート・モイカノ vs. アメリカ合衆国の旗 カブ・スワンソン ×
1R 4:15 リアネイキドチョーク
第11試合 UFC世界フライ級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ヘンリー・セフード vs. アメリカ合衆国の旗 デメトリアス・ジョンソン ×
5R終了 判定2-1(48-47、47-48、48-47)
※セフードが王座獲得に成功。
第12試合 UFC世界バンタム級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 TJ・ディラショー vs. アメリカ合衆国の旗 コーディ・ガーブラント ×
1R 4:10 TKO(膝蹴り→パンチ連打)
※ディラショーが初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトヘンリー・セフード vs. デメトリアス・ジョンソン
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトTJ・ディラショーヘナート・モイカノ
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]