UFC 252

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 252: Miocic vs. Cormier 3
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2020年8月15日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 UFC APEX
試合数 全11試合
放送局 PPV
ESPN
ESPN+
日本の放送局 WOWOW
入場者数 無観客試合
PPV購入数 50万件[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Lewis vs. Oleinik UFC 252: Miocic vs. Cormier 3 UFC on ESPN: Munhoz vs. Edgar

UFC 252: Miocic vs. Cormier 3(ユーエフシー・ツーフィフティツー:ミオシッチ・バーサス・コーミエ・スリー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2020年8月15日ネバダ州ラスベガスUFC APEXで開催された。

大会概要[編集]

本大会では、王者スティーペ・ミオシッチと挑戦者ダニエル・コーミエによるUFC世界ヘビー級タイトルマッチが組まれた。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カイ・カマカ vs. アメリカ合衆国の旗 トニー・ケリー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第2試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・ドーカス vs. アメリカ合衆国の旗 パーカー・ポーター ×
1R 4:28 TKO(右ストレート→右膝蹴り)

プレリミナリーカード[編集]

第3試合 女子ストロー級 5分3R
ブラジルの旗 リヴィア・ヘナタ・ソウザ vs. アメリカ合衆国の旗 アシュリー・ヨーダ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第4試合 146.5ポンド契約 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダニエル・チャベス vs. アメリカ合衆国の旗 TJ・ブラウン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
※ブラウンの体重超過によりフェザー級から変更
第5試合 女子ストロー級 5分3R
ブラジルの旗 ビルナ・ジャンジロバ vs. アメリカ合衆国の旗 フェリス・ヘリッグ ×
1R 1:44 腕ひしぎ十字固め
第6試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ヴィンス・ピシェル vs. アメリカ合衆国の旗 ジム・ミラー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-27)

メインカード[編集]

第7試合 バンタム級 5分3R
ジョージア (国)の旗 メラブ・ドバリシビリ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョン・ドッドソン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第8試合 149.5ポンド契約 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダニエル・ピネダ vs. ブラジルの旗 ハーバート・バーンズ ×
2R 4:37 TKO(グラウンドの肘打ち)
※バーンズの体重超過によりフェザー級から変更
第9試合 ヘビー級 5分3R
スリナムの旗 ジャルジーニョ・ホーゼンストライク vs. ブラジルの旗 ジュニオール・ドス・サントス ×
2R 3:47 TKO(左フック→パウンド)
第10試合 バンタム級 5分3R
エクアドルの旗 マルロン・ヴェラ vs. アメリカ合衆国の旗 ショーン・オマリー ×
1R 4:40 TKO(パウンド)
第11試合 UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 スティーペ・ミオシッチ vs. アメリカ合衆国の旗 ダニエル・コーミエ ×
5R終了 判定3-0(49-46、49-46、48-47)
※ミオシッチが王座の初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト:カイ・カマカ vs. トニー・ケリー
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト:ダニエル・ピネダ、ビルナ・ジャンジロバ
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

  1. ^ Damon Martin (2020年8月20日). “UFC 252 reportedly sells 500,000 pay-per-views worldwide”. mmafighting.com. 2020年8月20日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]