UFC 40

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 40: Vendetta
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2002年11月22日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
開始時刻 午後10時(ET
試合数 全8試合
入場者数 13,055人
入場収益 1,540,000USドル
PPV購入数 99,000件[1]
イベント時系列
UFC 39: The Warriors Return UFC 40: Vendetta UFC 41: Onslaught

UFC 40: Vendetta(ユーエフシー・フォーティ:ヴェンデッタ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2002年11月22日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

第6試合ではマット・ヒューズとギル・カスティーリョによるUFC世界ウェルター級タイトルマッチが行われ、またメインイベントでは、ティト・オーティズケン・シャムロックによるUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチが行われた。なお、サブタイトル「Vendetta」はイタリア語で「仇討ち」を意味する。

大会概要[編集]

全試合を通じて判定による決着はなく、メインイベントの世界ライトヘビー級タイトルマッチでは、ティト・オーティズケン・シャムロックを降し、5度目のライトヘビー級王座の防衛に成功した。

また、第6試合では偶発的なバッティングによる続行不能でマット・ヒューズが世界ウェルター級王座の3度目の防衛に成功した。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フィリップ・ミラー vs. イングランドの旗 マーク・ウィアー ×
2R 4:50 チョークスリーパー
第2試合 ヘビー級 5分3R
ベラルーシの旗 ウラジミール・マティシェンコ vs. アメリカ合衆国の旗 トラビス・ビュー ×
1R 4:10 TKO(ギブアップ:パウンド
第3試合 ヘビー級 5分3R
ベラルーシの旗 アンドレイ・アルロフスキー vs. イングランドの旗 イアン・フリーマン ×
1R 1:25 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)

メインカード[編集]

第4試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ロビー・ローラー vs. アメリカ合衆国の旗 ティキ・ゴーセン ×
1R 1:29 TKO(レフェリーストップ:右フック→パウンド
第5試合 ウェルター級 5分3R
イギリス領ヴァージン諸島の旗 カーロス・ニュートン vs. アメリカ合衆国の旗 ピート・スプラット ×
1R 1:45 チキンウィングアームロック
第6試合 UFC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 マット・ヒューズ vs. アメリカ合衆国の旗 ギル・カスティーリョ ×
1R終了時 TKO(ドクターストップ:左目上カット)
※ヒューズが王座の3度目の防衛に成功。
第7試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 チャック・リデル vs. ブラジルの旗 レナート・ババル ×
1R 2:55 KO(左ハイキック)
第8試合 UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ティト・オーティズ vs. アメリカ合衆国の旗 ケン・シャムロック ×
3R終了時 TKO(タオル投入)
※オーティズが王座の5度目の防衛に成功。

脚注[編集]

  1. ^ Pay-per-view MMAPayout

関連項目[編集]

外部リンク[編集]