UFC Fight Night: Lewis vs. dos Santos

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC Fight Night: Lewis vs. dos Santos
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2019年3月9日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カンザス州ウィチタ
会場 イントラスト・バンク・アリーナ
試合数 全13試合
放送局 ESPN+
日本の放送局 UFCファイトパス
入場者数 7,265人[1]
入場収益 63万6417ドル[1]
イベント時系列
UFC 235: Jones vs. Smith UFC Fight Night: Lewis vs. dos Santos UFC Fight Night: Till vs. Masvidal

UFC Fight Night: Lewis vs. dos Santos(ユーエフシー・ファイトナイト:ルイス・バーサス・ドス・サントス、別名UFC Fight Night 146UFC on ESPN+ 4)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2019年3月9日カンザス州ウィチタのイントラスト・バンク・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

UFC初のカンザス州開催となった本大会ではデリック・ルイスジュニオール・ドス・サントスによるヘビー級戦が組まれた[2]

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アレックス・ホワイト vs. アメリカ合衆国の旗 ダン・モレット ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第2試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アレックス・モロノ vs. アメリカ合衆国の旗 ザック・オットー ×
1R 3:34 TKO(グランドの肘打ち)
第3試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・シュネル vs. アメリカ合衆国の旗 ルイス・スモルカ ×
1R 3:18 三角絞め
第4試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 モーリス・グリーン vs. アメリカ合衆国の旗 ジェフ・ヒューズ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第5試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 グラント・ドーソン vs. アメリカ合衆国の旗 ジュリアン・エローサ ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-27、29-27)
第6試合 女子バンタム級 5分3R
ロシアの旗 ヤナ・クニツカヤ vs. アメリカ合衆国の旗 マリオン・レノー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第7試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トニー・マーティン vs. ブラジルの旗 セルジオ・モラエス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

メインカード[編集]

第8試合 ミドル級 5分3R
ロシアの旗 オマリ・アフメドフ vs. アメリカ合衆国の旗 ティム・ボッシュ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第9試合 ライト級 5分3R
イランの旗 ベニール・ダリウシュ vs. アメリカ合衆国の旗 ドリュー・ドーバー ×
2R 4:41 腕ひしぎ十字固め
第10試合 ヘビー級 5分3R
ブルガリアの旗 ブラゴイ・イワノフ vs. アメリカ合衆国の旗 ベン・ロズウェル ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第11試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニコ・プライス vs. アメリカ合衆国の旗 ティム・ミーンズ ×
1R 4:50 KO(右フック→パウンド)
第12試合 ウェルター級 5分3R
ブラジルの旗 エリゼウ・ザレスキ・ドス・サントス vs. アメリカ合衆国の旗 カーティス・ミレンダー ×
1R 2:35 リアネイキドチョーク
第13試合 ヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 ジュニオール・ドス・サントス vs. アメリカ合衆国の旗 デリック・ルイス ×
2R 1:58 TKO(右ストレート→パウンド)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトジュニオール・ドス・サントス vs. デリック・ルイス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト: ニコ・プライス、ベニール・ダリウシュ
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]