UFC 23

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 23: Ultimate Japan 2
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 SEG
開催年月日 1999年11月14日
開催地 日本の旗 日本
千葉県浦安市
会場 東京ベイNKホール
試合数 全7試合
放送局 テレビ東京
入場者数 3,600人
イベント時系列
UFC 22: There Can Be Only One Champion UFC 23: Ultimate Japan 2 UFC 24: First Defense

UFC 23: Ultimate Japan 2(ユーエフシー・トゥエンティスリー:アルティメット・ジャパン・ツー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。1999年11月14日[1]千葉県浦安市舞浜東京ベイNKホールで開催された。

前ヘビー級王者バス・ルッテンの王座返上により空位となった王座を賭けて、ケビン・ランデルマンピート・ウィリアムスのUFC世界ヘビー級王座決定戦が行われた。また、日本人選手4名によるミドル級ワンデートーナメントも開催された。

テレビ東京が、11月23日(22日深夜)の深夜2時15分から3時15分の時間枠で録画中継番組を放送した[2][3]

大会概要[編集]

メインイベントのUFC世界ヘビー級タイトルマッチでは、ケビン・ランデルマンピート・ウィリアムスを破り、第5代UFC世界ヘビー級王者となった。UFC-Jミドル級トーナメントでは山本喧一高瀬大樹藤井克久を降してUFC-Jトーナメント王者となった。

大会終了後、会場バックステージにて安生洋二リングス代表の前田日明を殴打し、失神させる事件が発生した[4]

試合結果[編集]

第1試合 UFC-Jミドル級トーナメント 1回戦 5分3R
日本の旗 藤井克久 vs. 日本の旗 矢野倍達 ×
2R 3:12 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
※藤井が決勝進出。
第2試合 UFC-Jミドル級トーナメント 1回戦 5分3R
日本の旗 山本喧一 vs. 日本の旗 高瀬大樹 ×
3R終了 判定3-0
※山本が決勝進出。
第3試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ユージーン・ジャクソン vs. 日本の旗 KEI山宮 ×
3R 3:12 KO(左フック)
第4試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョー・スリック vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・デルーシア ×
1R 1:12 TKO(タオル投入:足の負傷)
第5試合 UFC-Jミドル級トーナメント 決勝戦 5分3R
日本の旗 山本喧一 vs. 日本の旗 藤井克久 ×
1R 4:15 膝十字固め
※山本がトーナメント優勝。
第6試合 ヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 ペドロ・ヒーゾ vs. 日本の旗 高阪剛 ×
3R 1:12 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第7試合 UFC世界ヘビー級王座決定戦 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ケビン・ランデルマン vs. アメリカ合衆国の旗 ピート・ウィリアムス ×
5R終了 判定3-0
※ランデルマンが王座獲得に成功。

脚注[編集]

  1. ^ アメリカのUFC公式サイトでは、開催年月日は1999年11月19日と記録されている。
  2. ^ 『読売新聞』1999年11月22日号。テレビ欄では『格闘SP』。
  3. ^ 井田英登「「UFC-J に高阪剛登場!日本での初アルティメット戦へ」 バウトレビュー 1999年10月27日
  4. ^ 「安生、RINGS前田社長を襲撃」 バウトレビュー 1999年11月14日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]