UFC Fight Night: Rodriguez vs. Caceres

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC Fight Night: Rodriguez vs. Caceres
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2016年8月6日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ユタ州ソルトレイクシティ
会場 ビビント・スマート・ホーム・アリーナ
試合数 全12試合
放送局 AbemaTV
入場者数 6,689人
入場収益 48万1,033ドル[1]
イベント時系列
UFC 201: Lawler vs. Woodley UFC Fight Night: Rodriguez vs. Caceres UFC 202: Diaz vs. McGregor 2

UFC Fight Night: Rodriguez vs. Caceres(ユーエフシー・ファイトナイト:ロドリゲス・バーサス・カサレス、別名UFC Fight Night 92)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2016年8月6日ユタ州ソルトレイクシティビビント・スマート・ホーム・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

UFC初のユタ州開催となった本大会ではヤイール・ロドリゲスアレックス・カサレスによるフェザー級ワンマッチが組まれた[2]

KOTC女子ストロー級王者ダニエル・テイラー、キャリア7戦全勝のジョセフ・ジリオッティ、7戦無敗のジャスティン・レデットがUFCデビュー。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・レデット vs. アメリカ合衆国の旗 チェイス・シャーマン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第2試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カブ・スワンソン vs. 日本の旗 川尻達也 ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)

プレリミナリーカード[編集]

第3試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 石原夜叉坊 vs. メキシコの旗 オラシオ・グティエレス ×
1R 2:32 KO(左フック→パウンド)
第4試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
スウェーデンの旗 ダヴィッド・テイムル vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・ノベーリ ×
2R 1:25 KO(スタンドパンチ連打)
第5試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
ポーランドの旗 マルチン・ティブラ vs. チェコの旗 ヴィクトル・ペシュタ ×
2R 0:53 KO(左ハイキック)
第6試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 コート・マッギー vs. アメリカ合衆国の旗 ドミニク・スティール ×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、29-28)

メインカード[編集]

第7試合 女子ストロー級ワンマッチ 5分3R
ウクライナの旗 マリーナ・モロズ vs. アメリカ合衆国の旗 ダニエル・テイラー ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、30-27)
第8試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トレバー・スミス vs. アメリカ合衆国の旗 ジョセフ・ジリオッティ ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-26)
第9試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アルゼンチンの旗 サンチアゴ・ポンジニッビオ vs. アメリカ合衆国の旗 ザック・カミングス ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第10試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ターレス・レイチ vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・カモージー ×
3R 2:58 リアネイキドチョーク
第11試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デニス・バミューデス vs. ブラジルの旗 ホニー・ジェイソン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-26、30-27)
第12試合 フェザー級ワンマッチ 5分5R
メキシコの旗 ヤイール・ロドリゲス vs. アメリカ合衆国の旗 アレックス・カサレス ×
5R終了 判定2-1(46-49、48-47、48-47)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトヤイール・ロドリゲス vs. アレックス・カサレス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト: マルチン・ティブラ、石原夜叉坊
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]