UFC 135

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 135: Jones vs. Rampage
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2011年9月24日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コロラド州デンバー
会場 ペプシ・センター
試合数 全10試合
入場者数 16,344人
入場収益 2,089,575USドル
PPV購入数 520,000件[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Shields vs. Ellenberger UFC 135: Jones vs. Rampage UFC Live: Cruz vs. Johnson

UFC 135: Jones vs. Rampage(ユーエフシー・ワンサーティファイブ:ジョーンズ・バーサス・ランペイジ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2011年9月24日コロラド州デンバーペプシ・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではジョン・ジョーンズクイントン・"ランペイジ"・ジャクソンによるUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチが組まれた。

TPFフェザー級王者エディ・ヤギンがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ジュニオール・アスンソン vs. アメリカ合衆国の旗 エディ・ヤギン ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-27)
第2試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
ニュージーランドの旗 ジェームス・テフナ vs. アメリカ合衆国の旗 リカルド・ロメロ ×
1R 0:47 KO(パウンド)
第3試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 水垣偉弥 vs. アメリカ合衆国の旗 コール・エスコベド ×
2R 4:30 TKO(パウンド)

Spike中継カード[編集]

第4試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ティム・ボッシュ vs. アメリカ合衆国の旗 ニック・リング ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第5試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トニー・ファーガソン vs. アメリカ合衆国の旗 アーロン・ライリー ×
1R終了時 TKO(顎の負傷)

メインカード[編集]

第6試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ネイト・ディアス vs. 日本の旗 五味隆典 ×
1R 4:27 腕ひしぎ十字固め
第7試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 トラヴィス・ブラウン vs. イングランドの旗 ロブ・ブロートン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第8試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
ニュージーランドの旗 マーク・ハント vs. アメリカ合衆国の旗 ベン・ロズウェル ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-27、30-27)
第9試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・コスチェック vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ヒューズ ×
1R 4:59 KO(パウンド)
第10試合 UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ジョーンズ vs. アメリカ合衆国の旗 クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン ×
4R 1:14 リアネイキドチョーク
※ジョーンズが初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトジョン・ジョーンズ vs. クイントン・"ランペイジ"・ジャクソン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトジョシュ・コスチェック
サブミッション・オブ・ザ・ナイトネイト・ディアス
各選手にはボーナスとして75,000ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]