UFC Fight Night: Miocic vs. Hunt

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC Fight Night: Miocic vs. Hunt
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2015年5月10日
開催地 オーストラリアの旗 オーストラリア
南オーストラリア州アデレード
会場 アデレード・エンターテイメント・センター
試合数 全12試合
放送局 UFCファイトパス
入場者数 7,984人
入場収益 83万3,810ドル[1]
イベント時系列
UFC 186: Johnson vs. Horiguchi UFC Fight Night: Miocic vs. Hunt UFC Fight Night: Edgar vs. Faber

UFC Fight Night: Miocic vs. Hunt(ユーユーエフシー・ファイトナイト:ミオシッチ・バーサス・ハント、別名UFC Fight Night 65)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2015年5月10日オーストラリア南オーストラリア州アデレードアデレード・エンターテイメント・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではスティーペ・ミオシッチマーク・ハントによるヘビー級ワンマッチが組まれた[2]

キャリア9戦無敗のCFFCウェルター級王者ジョナヴィン・ウェブがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • アンドレアス・スタール → ジョナヴィン・ウェブ(第7試合)

試合結果[編集]

プレリミナリーカード[編集]

第1試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ベン・ガイエン vs. トルコの旗 アルプテキン・オズキリッチ ×
1R 4:59 KO(パウンド)
第2試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
オーストラリアの旗 ブレンダン・オライリー vs. オーストラリアの旗 ヴィク・グルジック ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第3試合 女子ストロー級ワンマッチ 5分3R
オーストラリアの旗 アレックス・チャンバース vs. アメリカ合衆国の旗 ケイリン・カラン ×
3R 3:15 腕ひしぎ十字固め
第4試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
イングランドの旗 ブラッド・スコット vs. ニュージーランドの旗 ディラン・アンドリュース ×
2R 4:54 ギロチンチョーク
第5試合 女子ストロー級ワンマッチ 5分3R
オーストラリアの旗 ベック・ローリングス vs. アメリカ合衆国の旗 リサ・エリス ×
1R 4:09 リアネイキドチョーク
第6試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 サム・アルビー vs. オーストラリアの旗 ダニエル・ケリー ×
1R 0:49 TKO(スタンドパンチ連打)
第7試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
オーストラリアの旗 カイル・ノーク vs. アメリカ合衆国の旗 ジョナヴィン・ウェブ ×
3R終了 判定2-1(27-30、29-28、29-28)
第8試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
ニュージーランドの旗 ダニエル・フッカー vs. 日本の旗 日沖発 ×
2R 4:13 KO(左ハイキック→パウンド)

メインカード[編集]

第9試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェームス・ヴィック vs. オーストラリアの旗 ジェイク・マシューズ ×
1R 4:53 ギロチンチョーク
第10試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ショーン・オコンネル vs. オーストラリアの旗 アンソニー・ペロシュ ×
1R 0:56 TKO(スタンドパンチ連打)
第11試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
ニュージーランドの旗 ロバート・ウィテカー vs. アメリカ合衆国の旗 ブラッド・タヴァレス ×
1R 0:44 KO(左フック→パウンド)
第12試合 ヘビー級ワンマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 スティーペ・ミオシッチ vs. ニュージーランドの旗 マーク・ハント ×
5R 2:47 TKO(パウンド)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: 該当者なし
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトロバート・ウィテカー、ジェームス・ヴィック、ダニエル・フッカー、アレックス・チャンバース
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]