ハム・ソヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハム・ソヒ
基本情報
本名 ハム・ソヒ
国籍 大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1987-03-08) 1987年3月8日(33歳)
出身地 江原道
所属 CMA KOREA TEAM MAD
身長 158 cm
体重 48 kg
リーチ 157 cm
階級 ストロー級
アトム級
バックボーン キックボクシング散打
テンプレートを表示

ハム・ソヒ韓国語: 함서희, ラテン文字転写: Seo Hee Ham1987年3月8日 - )は、韓国女性総合格闘家キックボクサー江原道出身。CMA KOREA TEAM MAD所属。第2代RIZIN女子スーパーアトム級王者。初代ROAD FC女子アトム級王者。第2代DEEP JEWELSアトム級王者[1]

アメリカ老舗MMAサイト・SHERDOGの女子世界アトム級ランキングで1位にランキングされている(2020年1月付)[2]

来歴[編集]

韓国ではキックボクシング散打で活躍。2007年2月16日のDEEP後楽園ホール大会で初来日し、当時の女子ライト級王者である渡辺久江を打撃で圧倒し3-0の判定勝ちを収め一躍注目を集めた。2度目の来日となった5月13日のclub DEEP富山ではMIKUに一本負けを喫したが、7月23日のCMAフェスティバル・後楽園ホール大会ではキックルールで藪下めぐみに3-0の判定勝利。9月6日にはスマックガールに初登場、Edgeを打撃で圧倒し3-0の判定勝利。12月26日にはスマックライト級(-52 kg)王者・辻結花に挑戦したが、0-3の判定負けで戴冠はならなかった。

2008年2月14日、スマックガールライト級(-52 kg)トーナメント1回戦で石岡沙織に判定勝ちするも、4月26日の準決勝では藤井惠に一本負け。

JEWELS[編集]

2009年9月13日、JEWELS初参戦となったJEWELS 5th RINGのメインイベントで瀧本美咲と対戦し、判定勝ち。なお、前日計量で400gオーバーとなり減点1の状態で試合開始となった[3]

2010年3月19日、JEWELS 7th RINGRENAとのシュートボクシングルールでのスペシャルエキシビションマッチを行った[4]

2010年7月31日、JEWELS 9th RINGのJEWELS初代ライト級(-52 kg)女王決定トーナメント1回戦で市井舞と対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[5]

2010年12月17日、JEWELS 11th RINGのJEWELS初代ライト級(-52 kg)女王決定トーナメント準決勝で長野美香に2-1の判定勝ち。決勝では浜崎朱加に0-3の判定負けを喫し準優勝となった[6]

2011年2月25日、DEEP 52 IMPACTで石岡沙織と3年ぶりに再戦し、スタンドでもグラウンドでも石岡を圧倒し3-0の判定勝ちで返り討ちにした[7]。その2日後の2月27日にはGLADIATORに参戦、藪下めぐみとのキックボクシングルールで3年半ぶりの再戦となったが、これも2ラウンドTKO勝ちで返り討ちにした[8]

2011年8月19日、シュートボクシングのGirls S-cup2011に出場。1回戦で藤野恵実に判定勝ち。準決勝でMINAに判定で勝利するも、決勝戦で神村エリカ判定で敗れ、準優勝となった[9]

2011年12月17日、JEWELS 17th RINGのJEWELSライト級タイトルマッチで王者の浜崎朱加に挑戦し、1R終了後のインターバル中にドクターチェックのあとセコンドのタオル投入によりTKO負けを喫した[10]

2012年8月25日、シュートボクシングのGirls S-cup 2012に出場。1回戦でリサ・ワードに判定勝ち。準決勝でRENAに判定負けを喫した[11]

JEWELS王座獲得[編集]

2013年5月25日、JEWELS 24th RINGのJEWELSフェザー級(-48 kg)タイトルマッチで王者のスギロックに挑戦し、判定勝ちを収め王座獲得に成功した[12]

2014年11月3日、DEEP JEWELS 6のDEEP JEWELSフェザー級(-48 kg)タイトルマッチで挑戦者の石岡沙織と対戦し、アームバーで一本勝ちを収め2度目の王座防衛に成功した。

UFC[編集]

UFCにはアトム級(-47.6 kg)が無いため1階級上のストロー級(-52.2 kg)での参戦となった。

2014年12月12日、UFC初参戦となったThe Ultimate Fighter 20 Finaleジョアン・コールダウッドと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2015年11月28日、UFC Fight Night: Henderson vs. Masvidalコートニー・ケイシーと対戦し、判定勝ちを収め、ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

ROAD FC[編集]

2017年6月10日、ROAD FC 039のROAD FC女子アトム級王座決定戦で黒部三奈と対戦し、TKO勝ちを収め王座獲得に成功した[13]

2017年12月23日、ROAD FC 045: XXのROAD FC女子アトム級タイトルマッチで挑戦者のジン・ユウ・フライと対戦し、左ストレートでダウンを奪ってから追撃のパウンドでTKO勝利を収め王座の初防衛に成功した[14]

2018年12月15日、ROAD FC 051: XXのROAD FC女子アトム級タイトルマッチで挑戦者のパク・ジョンウンと対戦し、3-0の判定勝ちを収め2度目の王座防衛に成功した。

RIZIN[編集]

2019年7月28日、RIZIN初出場となったRIZIN.17前澤智と対戦し、TKO勝ち。

2019年12月31日、RIZIN.20のRIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチで王者の浜崎朱加と約8年ぶりの対戦となる通算3度目の対戦を行い、2-1の判定勝ちを収め、リベンジを果たし通算対戦戦績を1勝2敗とすると共に王座獲得に成功した。

2020年10月16日、RIZIN女子スーパーアトム級王座を返上することを発表した。[15]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
31 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
23 4 3 16 0 0 0
8 1 2 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
浜崎朱加 5分3R終了 判定2-1 RIZIN.20
【RIZIN女子スーパーアトム級タイトルマッチ】
2019年12月31日
山本美憂 2R 4:42 TKO(グラウンドパンチ) RIZIN.19 2019年10月12日
前澤智 1R 3:14 TKO(グラウンドキック) RIZIN.17 2019年7月28日
パク・ジョンウン 5分3R終了 判定3-0 ROAD FC 051: XX
【ROAD FC女子アトム級タイトルマッチ】
2018年12月15日
ジン・ユウ・フライ 1R 4:40 TKO(左ストレート→パウンド) ROAD FC 045: XX
【ROAD FC女子アトム級タイトルマッチ】
2017年12月23日
黒部三奈 3R 4:13 TKO(パウンド) ROAD FC 039
【ROAD FC女子アトム級王座決定戦】
2017年6月10日
× ダニエル・テイラー 5分3R終了 判定1-2 UFC Fight Night: Whittaker vs. Brunson 2016年11月26日
× ベック・ローリングス 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Hunt vs. Mir 2016年3月19日
コートニー・ケイシー 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Henderson vs. Masvidal 2015年11月28日
× ジョアン・コールダウッド 5分3R終了 判定0-3 The Ultimate Fighter 20 Finale 2014年12月12日
石岡沙織 2R 2:43 アームバー DEEP JEWELS 6
【DEEP JEWELSフェザー級タイトルマッチ】
2014年11月3日
アリョーナ・ラソヒーナ 5分2R終了 判定3-0 ROAD FC 018 2014年8月30日
紫乃ヴァンフース 5分2R終了 判定3-0 ROAD FC Korea 3: Korea vs. Brazil 2014年4月6日
サダエ・マヌーフ 5分3R終了 判定3-0 DEEP JEWELS 2
【DEEP JEWELSフェザー級タイトルマッチ】
2013年11月4日
スギロック 5分3R終了 判定3-0 JEWELS 24th RING
【JEWELSフェザー級タイトルマッチ】
2013年5月25日
水波綾 1R 1:05 腕ひしぎ十字固め Gladiator: Dream, Power and Hope 2013年4月21日
× 浜崎朱加 1R終了時 TKO(タオル投入) JEWELS 17th RING
【JEWELSライト級タイトルマッチ】
2011年12月17日
V.V Mei 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 15th RING 2011年7月9日
anna 5分2R終了 判定3-0 GLADIATOR Gシリーズ15: G-I 2 2011年3月6日
石岡沙織 5分2R終了 判定3-0 DEEP 52 IMPACT 2011年2月25日
× 浜崎朱加 5分2R終了 判定0-3 JEWELS 11th RING
【ライト級女王決定トーナメント 決勝】
2010年12月17日
長野美香 5分2R終了 判定2-1 JEWELS 11th RING
【ライト級女王決定トーナメント 準決勝】
2010年12月17日
市井舞 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 9th RING
【ライト級女王決定トーナメント 1回戦】
2010年7月31日
瀧本美咲 5分2R終了 判定3-0 JEWELS 5th RING 2009年9月13日
× 藤井惠 1R 3:39 腕ひしぎ十字固め SMACKGIRL WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 準決勝
【ライト級トーナメント 準決勝】
2008年4月25日
石岡沙織 5分2R終了 判定3-0 SMACKGIRL WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 開幕戦
【ライト級トーナメント 1回戦】
2008年2月14日
× 辻結花 5分3R終了 判定0-3 SMACKGIRL 7th ANNIVERSARY 〜Starting Over〜
【スマックガールライト級タイトルマッチ】
2007年12月26日
Edge 5分2R終了 判定3-0 SMACKGIRL 2007 〜女王たちの一番熱い夏〜 2007年9月6日
× MIKU 2R 3:44 三角絞め club DEEP 富山 -野蛮人祭り6- 2007年5月13日
渡辺久江 5分2R終了 判定3-0 DEEP 28 IMPACT 2007年2月16日

シュートボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× RENA 2分3R+延長1R終了 判定0-3 Girls S-cup 2012
【トーナメント 準決勝】
2012年8月25日
リサ・ワード 2分3R終了 判定3-0 Girls S-cup 2012
【トーナメント 1回戦】
2012年8月25日
× 神村エリカ 2分3R終了 判定0-3 Girls S-cup2011
【トーナメント 決勝】
2011年8月19日
MINA 2分3R終了 判定2-0 Girls S-cup2011
【トーナメント 準決勝】
2011年8月19日
藤野恵実 2分3R終了 判定2-0 Girls S-cup2011
【トーナメント 1回戦】
2011年8月19日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
キラッ☆yuuki 3分3R終了 判定3-0 DEEP JEWELS 4 2014年5月18日
× 神村エリカ 3分3R終了 判定0-3 RISE 88
【RISE QUEEN次期挑戦者決定戦】
2012年6月2日
藪下めぐみ 2R 0:55 TKO GLADIATOR G・シリーズ14『KOK武士(もののふ)』
【キックボクシングルール】
2011年2月27日
MIYU 3分3R終了 判定3-0 GLADIATOR 6
【CMA KPWキック女子ライト級タイトルマッチ】
2010年4月25日
大石綾乃 3分3R終了 判定3-0 日韓親善国際格闘技大会 GLADIATOR 岡山大会【K-1ルール】 2009年11月3日
藪下めぐみ 3分2R終了 判定3-0 CMAフェスティバル2 美濃輪育久デビュー10周年記念大会
【キックボクシングルール】
2007年7月23日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)

脚注[編集]

  1. ^ 当時はフェザー級(-48 kg)王座
  2. ^ SHERDOG’S OFFICIAL MIXED MARTIAL ARTS RANKINGSSherdog 2020年1月6日
  3. ^ 【ジュエルス】引退も考えていたハム・ソヒ、初参戦で瀧本から圧勝!杉山は初黒星 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年9月13日
  4. ^ JEWELS 7th RING スペシャルエキシビションマッチ スポーツナビ 2010年3月21日
  5. ^ 【ジュエルス】石岡沙織、まさかの初戦敗退…長野、ハム・ソヒ、能村、浜崎が準決勝へ(1) 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月31日
  6. ^ 【ジュエルス】藤井恵の愛弟子・浜崎朱加がハム・ソヒ撃破で初代女王に! 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年12月17日
  7. ^ 【DEEP】田澤がメガトン王座を獲得!桜井は中西に一本勝ち、中村が今成に判定勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年2月25日
  8. ^ 【グラジエーター】ハム・ソヒ、連日参戦で藪下をTKO葬!日韓戦は日本の1勝2敗 格闘技ウェブマガジンGBR 2011年2月27日
  9. ^ 【シュートボクシング】女子立ち技最強は神村エリカ!ハム・ソヒに逆転勝利GBR 2011年8月19日
  10. ^ スギロック、フェザー級女王に。浜崎朱加が防衛:12.17 新宿BoutReview 2011年12月17日
  11. ^ 【シュートボクシング】RENAが2度目の世界女王に!女子高生トーナメントはMIOが優勝eFight 2012年8月25日
  12. ^ ハム・ソヒ、スギロックに判定勝ちしフェザー級王者に:5.25 新宿BoutReview 2013年5月26日
  13. ^ 【ROAD FC】世志琥がアームロックで返り討ち、MMA2連勝を飾るeFight 2017年6月10日
  14. ^ 【ROAD FC】世志琥がMMA初黒星、年間「最優秀新人賞」獲得も悔し涙にeFight 2017年12月23日
  15. ^ ハム・ソヒ、女子スーパーアトム級のベルトを返上‐ RIZIN 2020年10月16日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
スギロック
第2代DEEP JEWELSアトム級王者

2013年5月25日 - 2014年12月11日

空位
次タイトル獲得者
V.V Mei
前王者
浜崎朱加
第2代RIZIN女子スーパーアトム級王者

2019年12月31日 - 2020年10月16日

次王者
N/A