渡辺久江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
渡辺 久江
基本情報
本名 渡邊 久江
通称 格闘ジャンヌ・ダルク
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-10-21) 1980年10月21日(39歳)
出身地 栃木県鹿沼市
所属 LIMIT
→AJジム
フリーランス
シルバーウルフ
→池袋 BLUE DOG GYM
→フリーランス
身長 160cm
体重 48kg
階級 ストロー級
バックボーン 総合格闘技
テンプレートを表示

渡辺 久江(わたなべ ひさえ、1980年10月21日 - )は、日本女性総合格闘家キックボクサー。本名(旧姓):渡邊 久江栃木県鹿沼市出身。フリーランス。元DEEP女子ライト級王者。

女子格闘技界のアネゴ」や「格闘ジャンヌ・ダルク」と称される。

来歴[編集]

2002年4月7日、「SMACKGIRL」の大門まい子戦でデビュー。同年12月「JAPAN CUP 2002」ライト級(-52kg)トーナメント決勝でしなしさとこに敗れ準優勝となった。

2003年11月、グレイシャアakiに判定負け。

2003年、女子立ち技格闘技イベント「Girls SHOCK」に旗揚げ戦から参加。同年12月26日に初の海外遠征を行い、タイのフューチャーパークにあるランシット屋外特設リングで行われた、テレビマッチで新設されたインターナショナル女子ムエタイライトフライ級王座決定戦に出場。現役アイドルボクサーナムリンノーイ・アールサヤーム(=ナムワーン・サックブンマー/タイ)を5R判定2-1の末下し、デビュー3戦目でムエタイ王者となった。

2004年5月7日、TBS黄金筋肉』の「女子総合格闘技最強女王決定トーナメント」に出場、決勝で金子真理に判定勝ちし優勝。その後パンクラスアテナにも出場。

2004年8月、タイへ2度目の海外遠征ソムサターンと対戦、多少押され気味で劣勢だったがパンチでダウンを奪い判定ドローに持ち込む。2005年3月、大室奈緒子に判定勝ち。

2005年春、AJジムを脱退し、フリーランスとなった。魔裟斗と同じマネージメント会社所属となり、シルバーウルフで練習を積む。5月25日、渡邊 久江から渡辺 久江に改名し、WOLF REVOLUTIONに出場。

2005年6月28日の辻結花戦で一本負けを喫した数日後にGUTSMAN・修斗道場に入門し、桜田直樹の指導を受けるようになる。

2005年9月、ジェット・イズミに判定負け。2005年11月、茂木康子にKO勝ち。

2006年8月4日、DEEP初参戦となったDEEP 25 IMPACTで、しなしさとこに1ラウンドKO勝ちし4年前の雪辱に成功、しなしのデビューからの無敗記録を23で止めるとともにDEEP女子ライト級(-48kg)王座の初代王者となった。

2006年12月8日、全日本キックボクシング連盟「藤原祭り 2006」で、藤原敏男岡田敦子と組み、TAJIRIアジャ・コング組とスペシャルエキシビションマッチで行った。

2007年2月16日、DEEP 28 IMPACTで韓国のハム・ソヒに0-3の判定負け。4月13日、DEEP 29 IMPACTで吉田正子に一本勝ちを収めたものの、8月5日のDEEP 31で行われたライト級(-48kg)王座の初防衛戦でMIKUに0-2判定負けを喫し王座から陥落した。12月12日、DEEP 33 IMPACTでゲンカーム・ルークチャオポーカムに腕ひしぎ十字固めで一本勝ち。

2008年1月17日、自身のブログにて元旦に漫画家のSP☆なかてまと入籍したことを明らかにしたが(後に離婚)[1]、その後は試合に出場せず、5月29日付で、格闘技生活を引退することがマネージメント会社を通して発表された[2]

2009年4月15日に開催予定であったタイのムエタイの大会で復帰戦を行うことが発表されていたが[3]、直前の反政府デモの影響を受け大会が延期となった[4]

2009年8月11日、シュートボクシングGirls S-cup 2009」のスペシャルエキシビションマッチ(1R JEWELSルール、2R シュートボクシングルール)で藤井惠と対戦した。

2010年4月11日、2年4か月ぶりの復帰戦となったシュートボクシング「維新-ISHIN- 其の弐」で井川恵と対戦し、左フックでTKO勝ち。当初はRENAと対戦予定であったが、RENAの負傷欠場により対戦相手が変更となった[5]

2010年7月19日、REBELS 3のWPMF日本女子ミニフライ級王者決定戦でLittle Tigerと対戦し、1-1の判定ドローで王座獲得ならず[6]

2010年8月29日、Girls S-cup 2010に出場。対戦延期となっていたRENAと1回戦で対戦し、TKO負けを喫した[7]

特徴[編集]

  • 中学時代はテニス部に所属。
  • ギャル
  • 端正な容姿を活かし、BODYMAKERなどのモデルを務めている。同社からコラボTシャツも発売されている。
  • 2005年から下着メーカーのピーチ・ジョンがスポンサーとなり、コスチュームに「PJ」マークが付くようになる(2006年に終了)。

エピソード[編集]

  • 2003年4月2日に大門まい子を判定で下し雪辱を果たした後、同郷のガッツ石松から激励を受けた。
  • 「女子総合格闘技最強女王決定トーナメント」の決勝でコスチュームがずれ、乳首が露出するハプニングが起きた。
  • 2005年11月29日の茂木康子戦の試合前、「J SPORTS」に出演した際、「打倒、ほしのあき」「結局、世の中、なんですよ」と語った。
  • 郷野聡寛が2005年3月に行われる試合に勝利した際に渡辺との1日デート企画をセッティングするように運営側に要求したことがあった。それを受けて渡辺も一応了承したものの、郷野は敗北を喫した。

入場テーマ曲[編集]

  • 「Rockin'at the Ace Cafe (CAFE RACER mix)」 Martin Craig

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
27 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
20 12 3 5 0 1 0
6 0 3 2 1
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
イ・イェジ 2R 3:00 TKO(右フック) WSOF GC 2: Japan 1 2016年2月7日
ゲンカーム・ルークチャオポーカム 1R 1:54 腕ひしぎ十字固め DEEP 33 IMPACT 2007年12月12日
× MIKU 5分3R終了 判定0-2 DEEP 31 IMPACT
【DEEP女子ライト級タイトルマッチ】
2007年8月5日
吉田正子 2R 1:19 腕ひしぎ十字固め DEEP 29 IMPACT 2007年4月13日
× ハム・ソヒ 5分2R終了 判定0-3 DEEP 28 IMPACT 2007年2月16日
しなしさとこ 1R 3:54 KO(右フック) DEEP 25 IMPACT
【DEEP女子ライト級王者決定戦】
2006年8月4日
15 2R 0:31 KO(右ショートフック) SMACKGIRL 2006 〜女神降臨〜 2006年2月15日
茂木康子 1R 4:03 TKO(3ダウン:スタンドでのパンチ) SMACKGIRL 2005 〜最軽量記念日〜 2005年11月29日
5分2R終了 判定3-0 SMACKGIRL 2005 〜Dynamic!!〜 2005年8月17日
× 辻結花 1R 3:51 腕ひしぎ十字固め SMACKGIRL 2005 〜Road to Dynamic!!〜
【初代SMACKGIRLライト級女王決定戦】
2005年6月28日
大室奈緒子 3分5R終了 判定3-0 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年3月6日
渡邊浩財子 2R 1:07 KO(右ストレート) PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年12月21日
金子真理 5分3R終了 判定3-0 黄金筋肉 女子総合格闘技 最強女王決定トーナメント
【決勝】
2004年5月7日
星野久子 1R 2:07 腕ひしぎ十字固め 黄金筋肉 女子総合格闘技 最強女王決定トーナメント
【準決勝】
2004年5月7日
酒井真紀 1R 1:07 KO(右ストレート) 黄金筋肉 女子総合格闘技 最強女王決定トーナメント
【1回戦】
2004年5月7日
カロリン・フブレクツ 2R 2:28 KO(パンチ) SMACKGIRL Third Season-VI 2003年8月6日
ベッタ・ヨン 1R 2:33 KO(パンチ) SMACKGIRL Third Season-IV 2003年6月4日
松川敬子 1R 3:05 TKO(3ダウン:右ストレート) SMACKGIRL Third Season-III 2003年5月7日
大門まい子 5分3R終了 判定3-0 SMACKGIRL Third Season-II 2003年4月2日
× しなしさとこ 2R 0:34 ヒールホールド SMACKGIRL JAPAN CUP 2002 GRAND FINAL 〜The Last Performance of 2002
【ライト級トーナメント 決勝】
2002年12月29日
山田純琴 1R 1:31 KO(パンチ) SMACKGIRL JAPAN CUP 2002 エピソードII
【ライト級トーナメント 準決勝】
2002年11月9日
喜多雅恵 2R 0:32 TKO(パンチ) SMACKGIRL JAPAN CUP 2002 開幕戦
【ライト級トーナメント 1回戦】
2002年10月5日
× 金子真理 2R 3:54 腕ひしぎ十字固め SMACKGIRL 〜Summer Gate 2002〜 2002年8月4日
EIKA 1R 1:47 TKO(3ダウン) SMACKGIRL 〜SMACK LEGEND 2002〜 2002年6月1日
大室奈緒子 5分3R終了 判定3-0 SMACKGIRL 〜GOLDEN GATE 2002〜 2002年5月6日
× 大門まい子 1R 2:12 失格(グラウンドでの顔面パンチ) SMACKGIRL 〜ROYAL SMACK 2002〜 2002年4月7日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× RENA 2R 1:50 TKO(2ダウン:左膝蹴り) SHOOT BOXING WORLD TOURNAMENT Girls S-cup 2010
【Girls S-cup 2010 1回戦】
2010年8月29日
Little Tiger 2分5R終了 判定1-1 REBELS 3
【WPMF日本女子ミニフライ級王者決定戦】
2010年7月19日
山田純琴 2分3R終了 判定3-0 SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 第3戦 維新-ISHIN- 其の参 2010年6月6日
井川恵 3R 1:25 TKO(左フック) SHOOT BOXING 25TH ANNIVERSARY SERIES 第2戦 維新-ISHIN- 其の弐 2010年4月11日
ヤン・ジョンオゥン 2R 0:40 TKO(タオル投入) club DEEP 浜松【キックルール】 2007年10月21日
× ジェット・イズミ 3分3R終了 判定0-3 IKUSA GP -U60 SUPERSTAR☆Z TOURNAMENT -FINAL STAGE-
【IKUSA -U50 初代戦女王決定戦】
2005年9月19日
琉華 3分3R終了 判定3-0 WOLF REVOLUTION 2005年5月25日
ジャクリーン・ロース 2分5R終了 判定3-0 Girls SHOCK V 2004年6月27日
サブリナ・レイ 2分5R終了 判定3-0 GIRLS STANDING FIGHT - Girls SHOCK IV 2004年3月7日
ナムリンノーイ・アールサヤーム 2分5R終了 判定2-1 タイ女子ムエタイ大会
【インターナショナル女子ムエタイライトフライ級王座決定戦】
2003年12月26日
× グレイシャアAki 2分5R終了 判定1-2 GIRLS STANDING FIGHT - Girls SHOCK III 2003年11月11日
大島椿 2分3R終了 判定3-0 GIRLS STANDING FIGHT 1st.BOUT - Girls SHOCK! 2003年1月26日

ボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
鬼鞍幸子 2分6R終了 判定1-1 JWBC「FIGHTING ANGEL pt.2」 2003年6月25日
山田香子 2分4R終了 判定2-0 JWBC「王道 〜Road to the TOP〜」 2003年3月14日
ジプシー・タエコ 2分4R終了 判定2-0 JWBC「FIGHTING GIRL pt.4」 2002年12月18日
× 袖岡裕子 2分4R終了 判定0-2 JWBC「FIGHTING GIRL pt.3」 2002年9月7日

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代DEEP女子ライト級王者

2006年8月4日 - 2007年8月5日

次王者
MIKU