The Ultimate Fighter: Heavyweights Finale

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
The Ultimate Fighter:
Heavyweights Finale
イベント詳細
シリーズ UFC (TUF Finale)
主催 ズッファ
開催年月日 2009年12月5日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 ザ・パール
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全10試合
放送局 Spike
入場者数 1,400人[1]
入場収益 504,350USドル[1]
イベント時系列
UFC 106: Ortiz vs. Griffin 2 The Ultimate Fighter:
Heavyweights Finale
UFC 107: Penn vs. Sanchez

The Ultimate Fighter: Heavyweights Finale(ジ・アルティメット・ファイター:ヘヴィウェイツ・フィナーレ、別名The Ultimate Fighter 10 Finale)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。本大会はリアリティ番組The Ultimate Fighterシーズン10のフィナーレとして、2009年12月5日ネバダ州ラスベガスザ・パールで開催された。

大会メインイベントではロイ・ネルソンブレンダン・ショーブのTUFシーズン10決勝戦が行われた。

大会概要[編集]

TUFシーズン10ヘビー級トーナメント決勝ではネルソンがショーブをKOで下し、シーズン10優勝者となった。

プロデビュー以来11連勝中であったマット・ヴィーチは、フランク・エドガーにチョークスリーパーで一本負けでキャリア初黒星を喫した。

予定されていたホジマール・パリャーレスルシオ・リニャーレスのミドル級戦は、後発のUFC 107に延期された[2]

大会はメインカード全試合と、プレリミナリィカードのうち第1、第5試合の計7試合がSpike TVによって無料放送された。

IFL世界ヘビー級王者ロイ・ネルソン、キャリア10戦全勝のダリル・スクーノヴァー、9戦全勝のロドニー・ウォーラス、8戦無敗のジョー・ブラマーがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
カナダの旗 マーク・ボーチェック vs. アメリカ合衆国の旗 ジョー・ブラマー ×
1R 3:36 チョークスリーパー
第2試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ハワード vs. アメリカ合衆国の旗 デニス・ホールマン ×
3R 4:55 KO(パウンド
第3試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・スタン vs. アメリカ合衆国の旗 ロドニー・ウォーラス ×
3R終了 判定3-0(30-27、29-28、29-28)
第4試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・マドセン vs. アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・レン ×
3R終了 判定2-1(30-27、28-29、29-28)
第5試合 ヘビー級 5分3R
イングランドの旗 ジェームス・マクスウィーニー vs. アメリカ合衆国の旗 ダリル・スクーノヴァー ×
3R 3:20 TKO(レフェリーストップ:パウンド

メインカード[編集]

第6試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ミトリオン vs. アメリカ合衆国の旗 マーカス・ジョーンズ ×
2R 0:10 KO(右フック→パウンド
第7試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フランク・エドガー vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ヴィーチ ×
2R 2:22 チョークスリーパー
第8試合 キャッチウェイトバウト(215ポンド) 5分3R
バハマの旗 キンボ・スライス vs. アメリカ合衆国の旗 ヒューストン・アレクサンダー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第9試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ハミル vs. アメリカ合衆国の旗 ジョン・ジョーンズ ×
1R 4:14 反則(垂直方向の肘打ち)
第10試合 TUF 10ヘビー級トーナメント 決勝 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ロイ・ネルソン vs. アメリカ合衆国の旗 ブレンダン・ショーブ ×
1R 3:45 KO(右ストレート)
※ネルソンがトーナメント優勝。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: フランク・エドガー vs. マット・ヴィーチ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: ロイ・ネルソン
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: マーク・ボーチェック
各選手にはボーナスとして25,000ドルが支給された[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]