UFC 98

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 98: Evans vs. Machida
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2009年5月23日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全11試合
入場者数 12,606人
入場収益 3,257,350USドル
PPV購入数 635,000件[1]
イベント時系列
UFC 97: Redemption UFC 98: Evans vs. Machida UFC 99: The Comeback

UFC 98: Evans vs. Machida(ユーエフシー・ナインティエイト:エヴァンス・ヴァーサス・マチダ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2009年5月23日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

大会メインイベントでは、UFC世界ライトヘビー級王者ラシャド・エヴァンスと挑戦者リョート・マチダによるライトヘビー級タイトルマッチが行われた。

大会概要[編集]

本大会では当初、メインイベントでブロック・レスナーフランク・ミアのヘビー級王座統一戦が予定されていたが、ミアの負傷により同カードは後発のUFC 100に延期されることとなった[2][3]。また、ダン・ミラーと対戦が予定されていた岡見勇信が負傷により欠場し、代わりにチェール・ソネンが出場した。

メインイベントのライトヘビー級タイトルマッチでは、マチダがエヴァンスをKOで下し、プロ公式戦無敗記録を15に伸ばすとともに、ライトヘビー級新王者となった。

WEC世界ウェルター級王者マイク・パイルがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョージ・ループ vs. アメリカ合衆国の旗 デイブ・カプラン ×
3R終了 判定2-1(30-27、30-27、28-29)
第3試合 ウェルター級 5分3R
日本の旗 吉田善行 vs. アメリカ合衆国の旗 ブランドン・ウルフ ×
1R 2:24 ギロチンチョーク
第3試合 ライトヘビー級 5分3R
ポーランドの旗 クシシュトフ・ソシンスキー vs. ブラジルの旗 アンドレ・グスマォン ×
1R 3:17 KO(右ストレート→パウンド
第4試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カイル・ブラッドリー vs. アメリカ合衆国の旗 フィリップ・ノヴァー ×
1R 1:03 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第5試合 ヘビー級 5分3R
カナダの旗 ティム・ヘイグ vs. アメリカ合衆国の旗 パトリック・バリー ×
1R 1:42 ギロチンチョーク
第6試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブロック・ラーソン vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・パイル ×
1R 3:06 肩固め

メインカード[編集]

第7試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フランク・エドガー vs. アメリカ合衆国の旗 ショーン・シャーク ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第8試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 チェール・ソネン vs. アメリカ合衆国の旗 ダン・ミラー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第9試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドリュー・マクフェドリーズ vs. フランスの旗 グザヴィエ・フパ=ポカム ×
1R 0:37 TKO(レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)
第10試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・ヒューズ vs. アメリカ合衆国の旗 マット・セラ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第11試合 UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
ブラジルの旗 リョート・マチダ vs. アメリカ合衆国の旗 ラシャド・エヴァンス ×
2R 3:57 KO(スタンドパンチ連打)
※マチダが王座獲得に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: マット・ヒューズ vs. マット・セラ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: リョート・マチダ
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ブロック・ラーソン
各選手にはボーナスとして60,000ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]