The Ultimate Fighter 16 Finale

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
The Ultimate Fighter 16 Finale
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2012年12月15日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 ザ・ジョイント
試合数 全11試合
放送局 FX
日本の放送局 WOWOW
入場者数 2,427人
入場収益 56万9,075ドル[1]
イベント時系列
UFC on FX 6: Sotiropoulos vs. Pearson The Ultimate Fighter 16 Finale UFC 155: dos Santos vs. Velasquez 2

The Ultimate Fighter 16 Finale(ジ・アルティメット・ファイター・シックスティーン・フィナーレ、別名The Ultimate Fighter: Team Carwin vs. Team Nelson Finale)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。本大会はリアリティ番組The Ultimate Fighter」シーズン16のフィナーレとして、2012年12月15日ネバダ州ラスベガスザ・ジョイントで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではThe Ultimate Fighter 16ウェルター級トーナメント決勝が組まれ、コルトン・スミスが優勝を果たした[2]

キャリア7戦全勝のヴィンス・ピチェルがUFCデビュー。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 フライ級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ティム・エリオット vs. アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・パパジアン ×
3R終了 判定3-0(30-25、30-25、30-26)
第2試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・リオ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョン・コファー ×
3R 4:11 腕ひしぎ十字固め
第3試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ウゴ・ヴィアナ vs. アメリカ合衆国の旗 ルーベン・デュラン ×
1R 4:05 KO(右フック)

プレリミナリーカード[編集]

第4試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 TJ・ウォルドバーガー vs. アメリカ合衆国の旗 ニック・カトーネ ×
2R 1:04 TKO(三角絞め
第5試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ロシアの旗 ルスタム・ハビロフ vs. アメリカ合衆国の旗 ヴィンス・ピチェル ×
1R 2:15 KO(スープレックス→パウンド)
第6試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョニー・ベッドフォード vs. ブラジルの旗 マルコス・ヴィニシウス ×
2R 1:00 KO(右ストレート→パウンド)
第7試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・パイル vs. アメリカ合衆国の旗 ジェームス・ヘッド ×
1R 1:55 TKO(膝蹴り→パウンド)

メインカード[編集]

第8試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ポイエー vs. アメリカ合衆国の旗 ジョナサン・ブルッキンズ ×
1R 4:15 ダースチョーク
第9試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 パット・バリー vs. アメリカ合衆国の旗 シェイン・デル・ロザリオ ×
2R 0:26 KO(スタンドパンチ連打)
第10試合 TUF 16ウェルター級トーナメント 決勝 5分3R
アメリカ合衆国の旗 コルトン・スミス vs. カナダの旗 マイク・リッチ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-26)
※スミスがトーナメント優勝。
第11試合 ヘビー級ワンマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ロイ・ネルソン vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ミトリオン ×
1R 2:58 TKO(右フック→パウンド)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトティム・エリオット vs. ジャレッド・パパジアン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトパット・バリー
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: TJ・ウォルドバーガー
各選手にはボーナスとして40,000ドルが支給された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]