UFC 195

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 195: Lawler vs. Condit
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2016年1月2日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 MGMグランド・ガーデン・アリーナ
試合数 全12試合
放送局 WOWOW
入場者数 10,300人
入場収益 200万3,986ドル[1]
PPV購入数 30万件[2]
イベント時系列
UFC on FOX 17: dos Anjos vs. Cowboy 2 UFC 195: Lawler vs. Condit UFC Fight Night: Dillashaw vs. Cruz

UFC 195: Lawler vs. Condit(ユーエフシー・ワンナインティファイブ:ローラー・バーサス・コンディット)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2016年1月2日ネバダ州ラスベガスMGMグランド・ガーデン・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではロビー・ローラーカーロス・コンディットによるUFC世界ウェルター級タイトルマッチが組まれた[3]

Legacy FCウェルター級王者アレックス・モロノがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
カナダの旗 シェルドン・ウェストコット vs. メキシコの旗 エドガー・ガルシア ×
1R 3:12 TKO(パウンド)
第2試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 田中路教 vs. アメリカ合衆国の旗 ジョー・ソト ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第3試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ポイエー vs. アイルランドの旗 ジョセフ・ダフィー ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-27、30-27)

プレリミナリーカード[編集]

第4試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドリュー・ドーバー vs. アメリカ合衆国の旗 スコット・ホルツマン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第5試合 女子ストロー級ワンマッチ 5分3R
ロシアの旗 ジャスティン・キッシュ vs. アメリカ合衆国の旗 ニーナ・アンサロフ ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
第6試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アレックス・モロノ vs. オーストラリアの旗 カイル・ノーク ×
3R終了 判定2-1(29-28、27-30、29-28)
第7試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイケル・マクドナルド vs. 日本の旗 金原正徳 ×
2R 2:09 リアネイキドチョーク

メインカード[編集]

第8試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アベル・トルヒーヨ vs. アメリカ合衆国の旗 トニー・シムズ ×
1R 3:18 ギロチンチョーク
第9試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・オルテガ vs. ブラジルの旗 ディエゴ・ブランダオン ×
3R 1:37 三角絞め
第10試合 ウェルター級ワンマッチ 5分3R
ロシアの旗 アルバート・トゥメノフ vs. アメリカ合衆国の旗 ロレンズ・ラーキン ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
第11試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 スティーペ・ミオシッチ vs. ベラルーシの旗 アンドレイ・アルロフスキー ×
1R 0:54 TKO(右フック→パウンド)
第12試合 UFC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ロビー・ローラー vs. アメリカ合衆国の旗 カーロス・コンディット ×
5R終了 判定2-1(47-48、48-47、48-47)
※ローラーが2度目の防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトロビー・ローラー vs. カーロス・コンディット
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトスティーペ・ミオシッチマイケル・マクドナルド
各選手にはボーナスとして5万ドルが支給された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]