UFC 242

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 242: Khabib vs. Poirier
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2019年9月7日
開催地 アラブ首長国連邦の旗 アラブ首長国連邦
アブダビヤス島
会場 ジ・アリーナ
試合数 全13試合
放送局 PPV
FX
ESPN+
日本の放送局 WOWOW
FOXスポーツ&エンターテイメント
イベント時系列
UFC Fight Night: Andrade vs. Zhang UFC 242: Khabib vs. Poirier UFC Fight Night: Cowboy vs. Gaethje

UFC 242: Khabib vs. Poirier(ユーエフシー・ツーフォーティツー:ハビブ・バーサス・ポイエー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2019年9月7日アラブ首長国連邦アブダビヤス島のジ・アリーナで開催された[1]

大会概要[編集]

本大会では、正規王者ハビブ・ヌルマゴメドフと暫定王者ダスティン・ポイエーによるUFC世界ライト級王座統一戦が行われ、ヌルマゴメドフがリアネイキドチョークによる一本勝ちを収め、2度目の王座防衛に成功した[2]

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
南アフリカ共和国の旗 ドン・マッジ vs. フランスの旗 ファレス・ジアム ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第2試合 ミドル級 5分3R
ロシアの旗 オマリ・アフメドフ vs. アメリカ合衆国の旗 ザック・カミングス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第3試合 ウェルター級 5分3R
ロシアの旗 ムスリム・サリコフ vs. フランスの旗 ノーディン・タレブ ×
1R 4:26 KO(右フック)
第4試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ベラル・ムハマッド vs. 日本の旗 佐藤天 ×
3R 1:55 リアネイキドチョーク

プレリミナリーカード[編集]

第5試合 ライト級 5分3R
モロッコの旗 オットマン・アツァイター vs. フィンランドの旗 テーム・パッカレン ×
1R 3:33 KO(右フック)
第6試合 84.0kg契約 5分3R
カナダの旗 サラ・モラス vs. ジョージア (国)の旗 リアナ・ジョジュア ×
3R 2:26 TKO(グランドの肘打ち)
※モラスの体重超過によりバンタム級から変更。
第7試合 フェザー級 5分3R
ロシアの旗 ズバイラ・ツフゴフ vs. イングランドの旗 リローン・マーフィー △
3R終了 判定1-1(28–29、28–29、28-28)
第8試合 女子フライ級 5分3R
スコットランドの旗 ジョアン・コールダウッド vs. アメリカ合衆国の旗 アンドレア・リー ×
3R終了 判定2-1(28–29、30–27、29-28)

メインカード[編集]

第9試合 ライト級 5分3R
ブラジルの旗 ディエゴ・フェレイラ vs. ロシアの旗 マイルベク・タイスモフ ×
3R終了 判定3-0(29–28、29-27、29-27)
第10試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 カーティス・ブレイズ vs. ロシアの旗 シャミル・アブドゥラヒモフ ×
2R 2:22 TKO(グランドの肘打ち)
第11試合 ライト級 5分3R
ロシアの旗 イスラム・マカチェフ vs. ブラジルの旗 ダヴィ・ハモス ×
3R終了 判定3-0(29-27、30–26、30–26)
第12試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ポール・フェルダー vs. ブラジルの旗 エジソン・バルボーザ ×
3R終了 判定2-1(27–30、29–28、30–27)
第13試合 UFC世界ライト級王座統一戦 5分5R
ロシアの旗 ハビブ・ヌルマゴメドフ vs. アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ポイエー ×
3R 2:06 リアネイキドチョーク
※ヌルマゴメドフが2度目の王座防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: 該当なし
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトハビブ・ヌルマゴメドフ、オットマン・アツァイター、ベラル・ムハマッド、ムスリム・サリコフ
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]