UFC Fight Night 6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC Fight Night: Sanchez vs. Parisyan
イベント詳細
シリーズ UFC(UFC Fight Night)
主催 ズッファ
開催年月日 2006年8月17日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 レッドロック・リゾートスパ&カジノ
開始時刻 午後8時(ET / PT
試合数 全9試合
放送局 Spike TV
入場者数 1,412人
入場収益 174,000USドル
報酬総額 173,500USドル[1]
イベント時系列
UFC 61: Bitter Rivals UFC Fight Night: Sanchez vs. Parisyan UFC 62: Liddell vs. Sobral

UFC Fight Night: Sanchez vs. Parisyan(ユーエフシー・ファイトナイト・シックス)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2006年8月17日ネバダ州ラスベガスのレッドロック・リゾートスパ&カジノで開催された。

本大会ではディエゴ・サンチェスカロ・パリジャンのウェルター級戦がメインイベントとして行われた。なお、大会はSpike TVにより全米およびカナダへ無料放送された。

大会概要[編集]

メインイベントではディエゴ・サンチェスカロ・パリジャンから判定勝ちを収めた。

UFC初参戦となった佐々木有生ディーン・リスターに判定負けを喫した。

CWFCミドル級王者マルティン・カンプマン、CWFCウェルター級王者フォレスト・ペッツ、キャリア7戦全勝のジェイク・オブライエンがUFCデビュー。

本大会より大会名が「Ultimate Fight Night」から「UFC Fight Night」に変更された。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アンソニー・トーレス vs. アメリカ合衆国の旗 パット・ヒーリー ×
1R 2:37 チョークスリーパー
第2試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フォレスト・ペッツ vs. アメリカ合衆国の旗 サム・モーガン ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-23、30-27)
第3試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェイク・オブライエン vs. フランスの旗 クリストフ・ミドゥ・"ザ・フェニックス" ×
2R 0:52 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第4試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョー・リッグス vs. アメリカ合衆国の旗 ジェイソン・フォン・フルー ×
1R 2:01 三角絞め
第5試合 ミドル級 5分3R
デンマークの旗 マルティン・カンプマン vs. アメリカ合衆国の旗 クラフトン・ワレス ×
1R 2:59 チョークスリーパー

メインカード[編集]

第6試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・コスチェック vs. カナダの旗 ジョナサン・グレ ×
1R 4:10 TKO(ギブアップ:パウンド
第7試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ディーン・リスター vs. 日本の旗 佐々木有生 ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第8試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・リーベン vs. ブラジルの旗 ジョルジ・サンチアゴ ×
2R 0:35 KO(左フック)
第9試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ディエゴ・サンチェス vs. アルメニアの旗 カロ・パリジャン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-26)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: ディエゴ・サンチェス vs. カロ・パリジャン
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: クリス・リーベン
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: ジョー・リッグス

脚注[編集]

  1. ^ Mixed Martial Arts--- Fighter Salaries for UFC Fight Night 6 Ivan's Blog(MMAWEEKLYからのアーカイブ) 2006年9月21日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]