UFC 159

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
UFC 159: Jones vs. Sonnen
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2013年4月27日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニュージャージー州ニューアーク
会場 プルデンシャル・センター
試合数 全11試合
放送局 WOWOW
入場者数 15,227人
入場収益 270万ドル[1]
PPV購入数 53万件[2]
イベント時系列
UFC on FOX 7: Henderson vs. Melendez UFC 159: Jones vs. Sonnen UFC on FX 8: Belfort vs. Rockhold

UFC 159: Jones vs. Sonnen(ユーエフシー・ワンフィフティナイン:ジョーンズ・バーサス・ソネン)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2013年4月27日ニュージャージー州ニューアークプルデンシャル・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではThe Ultimate Fighter 17のコーチ対決となったジョン・ジョーンズチェール・ソネンによるUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチが組まれた[3]

アテネオリンピックレスリング銀メダリストのサラ・マクマン、キャリア9戦全勝のヤンシー・メデイロスがUFCデビュー。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • ジミー・ヘッテス → カート・ホロボウ(第1試合)
  • ニック・カトーネ vs. ジェームス・ヘッド → カトーネの体調不良により中止

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 スティーブン・サイラー vs. アメリカ合衆国の旗 カート・ホロボウ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第2試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 コーディ・マッケンジー vs. アメリカ合衆国の旗 レオナルド・ガルシア ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)

プレリミナリーカード[編集]

第3試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブライアン・キャラウェイ vs. アメリカ合衆国の旗 ジョニー・ベッドフォード ×
3R 4:44 ギロチンチョーク
第4試合 女子バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 サラ・マクマン vs. ドイツの旗 シェイラ・ガフ ×
1R 4:06 TKO(パウンド)
第5試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
ハイチの旗 オヴィンス・サンプルー vs. アメリカ合衆国の旗 ジャン・ヴィランテ ×
3R 0:33 負傷判定2-0(30-28、30-27、29-29)
※サンプルーの偶発的なサミングによりヴィランテが試合続行不能となったため。
第6試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
ロシアの旗 ルスタム・ハビロフ vs. アメリカ合衆国の旗 ヤンシー・メデイロス ×
1R 2:32 TKO(親指の負傷)

メインカード[編集]

第7試合 ライト級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 パット・ヒーリー vs. アメリカ合衆国の旗 ジム・ミラー ×
3R 4:02 リアネイキドチョーク
※ヒーリーの薬物検査失格によりノーコンテスト[4]
第8試合 ライトヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フィル・デイヴィス vs. ブラジルの旗 ヴィニシウス・マガリャエス ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、29-28)
第9試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ロイ・ネルソン vs. フランスの旗 シーク・コンゴ ×
1R 2:03 KO(右フック→パウンド)
第10試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
イングランドの旗 マイケル・ビスピン vs. アメリカ合衆国の旗 アラン・ベルチャー ×
3R 4:31 負傷判定3-0(30-27、30-27、29-28)
※ビスピンの偶発的なサミングによりベルチャーが試合続行不能となったため。
第11試合 UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ジョン・ジョーンズ vs. アメリカ合衆国の旗 チェール・ソネン ×
1R 4:33 TKO(パウンド)
※ジョーンズが5度目の防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトパット・ヒーリー vs. ジム・ミラー
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトロイ・ネルソン
サブミッション・オブ・ザ・ナイトブライアン・キャラウェイ
各選手にはボーナスとして6万5,000ドルが支給された。
※当初はパット・ヒーリーがファイト・オブ・ザ・ナイトとサブミッション・オブ・ザ・ナイトをダブル受賞していたが、薬物検査失格によりボーナスが取り消しとなった。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]