UFC 44

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 44: Undisputed
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2003年9月26日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ネバダ州ラスベガス
会場 マンダレイ・ベイ・イベント・センター
開始時刻 午後7時(PT) / 午後10時(ET
試合数 全9試合
入場者数 10,400人
入場収益 1,127,985USドル
PPV購入数 94,000件[1]
報酬総額 467,500USドル[2]
イベント時系列
UFC 43: Meltdown UFC 44: Undisputed UFC 45: Revolution

UFC 44: Undisputed(ユーエフシー・フォーティフォー:アンディスピューテッド)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2003年9月26日ネバダ州ラスベガスマンダレイ・ベイ・イベント・センターで開催された。

本大会ではサブタイトル「Undisputed(正真正銘)」の通り、メインイベントでUFC世界ライトヘビー級王者ティト・オーティズと同級暫定王者ランディ・クートゥアが統一王座を賭けて対戦した。また、ティム・シルビアガン・マッギーのUFC世界ヘビー級タイトルマッチも行われた。

大会概要[編集]

メインイベントでは、クートゥアがティトを判定で下し、第3代UFC世界ライトヘビー級王者となった。また第6試合で行われたヘビー級タイトルマッチでは王者ティム・シルビアがヘビー級王座の初防衛に成功するも、試合後の薬物検査で失格となり、王座剥奪となった。

HOOKnSHOOT世界ライトヘビー級王者ホルヘ・リベラ、キャリア6戦無敗のジョシュ・トムソンがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
ブラジルの旗 エルメス・フランカ vs. 日本の旗 宇野薫 ×
2R 2:46 KO(右ストレート)
第2試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニック・ディアス vs. アメリカ合衆国の旗 ジェレミー・ジャクソン ×
3R 2:04 腕ひしぎ十字固め
第3試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・トムソン vs. アメリカ合衆国の旗 ジェラルド・ストレベント ×
1R 2:45 KO(パウンド
第4試合 ウェルター級 5分3R
アルメニアの旗 カロ・パリジャン vs. アメリカ合衆国の旗 デイブ・ストラッサー ×
1R 3:52 チキンウィングアームロック

メインカード[編集]

第5試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 リッチ・フランクリン vs. アメリカ合衆国の旗 エドウィン・デューイーズ ×
1R 3:35 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第6試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ホルヘ・リベラ vs. カナダの旗 デビッド・ロワゾー ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-27、29-28)
第7試合 UFC世界ヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ティム・シルビア vs. アメリカ合衆国の旗 ガン・マッギー ×
1R 1:54 TKO(レフェリーストップ:右ストレート→パウンド
※シルビアが王座の初防衛に成功。
第8試合 ヘビー級 5分3R
ベラルーシの旗 アンドレイ・アルロフスキー vs. ベラルーシの旗 ウラジミール・マティシェンコ ×
1R 2:14 KO(右アッパー)
第9試合 UFC世界ライトヘビー級王座統一戦 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ランディ・クートゥア vs. アメリカ合衆国の旗 ティト・オーティズ ×
5R終了 判定3-0(50-44、50-44、50-45)
※クートゥアが王座統一に成功。

脚注[編集]

  1. ^ Pay-per-view MMAPayout
  2. ^ Mixed Martial Arts--- UFC 44 Fighter Salaries Ivan's Blog(MMAWEEKLYからのアーカイブ) 2003年10月6日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]