UFC 147

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC 147: Silva vs. Franklin 2
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2012年6月23日
開催地 ブラジルの旗 ブラジル
ミナスジェライス州ベロオリゾンテ
会場 エスタディオ・ジャーナリスタ・フェリペ・ドラモンド
試合数 全11試合
放送局 WOWOW
入場者数 16,643人
PPV購入数 14万件[1]
イベント時系列
UFC on FX 4: Maynard vs. Guida UFC 147: Silva vs. Franklin 2 UFC 148: Silva vs. Sonnen 2

UFC 147: Silva vs. Franklin 2(ユーエフシー・ワンフォーティセブン:シウバ・バーサス・フランクリン・ツー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2012年6月23日ブラジルミナスジェライス州ベロオリゾンテのエスタディオ・ジャーナリスタ・フェリペ・ドラモンドで開催された。

大会概要[編集]

本大会は、2012年1月14日に開催されたUFC 142以来、約5か月ぶりにブラジルで開催された。

当初、リオデジャネイロオリンピックの会場の一つ、エスタジオ・オリンピコ・ジョアン・アベランジェで開催される予定だったが、6月20~22日にかけてリオデジャネイロで国連会議が開かれることが発表されたため、宿泊施設の確保が困難な事や警察の警備が手薄になってしまう事を理由に会場が変更された[2]

The Ultimate Fighter: Brazilのミドル級決勝に出場予定だったダニエル・サラフィアンが負傷し、準決勝でサラフィアンに敗れたセルジオ・モラエスが出場することになった[3]

メインイベントでビクトー・ベウフォートヴァンダレイ・シウバのTUF Brazilコーチ対決が予定されていたが、ベウフォートが拳の負傷[4]で欠場となり、シウバの対戦相手はリッチ・フランクリンに変更となった。

また、アンデウソン・シウバチェール・ソネンのUFC世界ミドル級タイトルマッチが組まれる予定だったが、警備上の不安からラスベガスで開催されるUFC 148に移行された[5]

Jungle Fightライト級王者フランシスコ・ドライナルド、キャリア13戦無敗のジョン・テイシェイラ、8戦全勝のゴドフレド・ペペイ、6戦全勝のレオナルド・マフラ、5戦全勝のウゴ・ヴィアナがUFCデビュー。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 フェリペ・アランテス vs. ブラジルの旗 ミルトン・ヴィエイラ
3R終了 判定1-1(28-29、29-28、28-28)
第2試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 マルコス・ヴィニシウス vs. ブラジルの旗 ヴァグネル・カンポス ×
3R 1:04 TKO(スタンドパンチ連打)

プレリミナリーカード[編集]

第3試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 チアゴ・ペルペチュオ vs. ブラジルの旗 レオナルド・マフラ ×
3R 0:41 TKO(右ストレート→パウンド)
第4試合 68kg契約ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ウゴ・ヴィアナ vs. ブラジルの旗 ジョン・テイシェイラ ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、29-28)
※テイシェイラの体重超過によりフェザー級から変更。
第5試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 フランシスコ・ドライナルド vs. ブラジルの旗 デウソン・エレーノ ×
1R 4:21 TKO(パウンド)
第6試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ホドリゴ・ダム vs. ブラジルの旗 アニスタヴィオ・メデイロス ×
1R 2:12 リアネイキドチョーク

メインカード[編集]

第7試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ハクラン・ディアス vs. ブラジルの旗 ユーリ・アルカンタラ ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
第8試合 ヘビー級ワンマッチ 5分3R
ブラジルの旗 ファブリシオ・ヴェウドゥム vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・ルソー ×
1R 2:28 TKO(右アッパー→パウンド)
第9試合 TUF Brazilフェザー級トーナメント 決勝 5分3R
ブラジルの旗 ホニー・ジェイソン vs. ブラジルの旗 ゴドフレド・ペペイ ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
※ジェイソンがトーナメント優勝。
第10試合 TUF Brazilミドル級トーナメント 決勝 5分3R
ブラジルの旗 セザール・フェレイラ vs. ブラジルの旗 セルジオ・モラエス ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、30-27)
※フェレイラがトーナメント優勝。
第11試合 86.1kg契約ワンマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 リッチ・フランクリン vs. ブラジルの旗 ヴァンダレイ・シウバ ×
5終了 判定3-0(49-46、49-46、49-46)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトリッチ・フランクリン vs. ヴァンダレイ・シウバ
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: マルコス・ヴィニシウス
サブミッション・オブ・ザ・ナイトホドリゴ・ダム
各選手にはボーナスとして65,000ドルが支給された[6]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]