ホドリゴ・ダム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ホドリゴ・ダム
基本情報
本名 ホドリゴ・ダム
(Rodrigo Damm)
通称 戦慄のダムミッション
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1980-02-03) 1980年2月3日(38歳)
出身地 リオデジャネイロ州ニテロイ
所属 アリアンシ柔術
(アライアンスBJJ)
身長 170cm
体重 70kg
リーチ 180cm
階級 ライト級
フェザー級
バックボーン レスリングブラジリアン柔術
テーマ曲 Nuvem de Gloria
(Fernanda Brum)
テンプレートを表示

ホドリゴ・ダムRodrigo Damm1980年2月3日 - )は、ブラジル男性柔術家総合格闘家リオデジャネイロ州ニテロイ出身。アリアンシ柔術(アライアンスBJJ)所属。ブラジリアン柔術三段。

戦慄のダムミッション」と呼ばれる寝技が最大の武器。

総合格闘家のカリーナ・ダムは実姉。

来歴[編集]

16歳の時にブラジリアン柔術を始め、22歳でペドロ・ジ・アンドラージから黒帯を授与された。レスリングではブラジル代表チーム入りし、北京オリンピック出場を目指していた[1]

2004年10月23日、修斗ブラジルで総合格闘技デビューし、ルシアノ・アゼベドに判定負け。

2006年7月21日、日本で開催されたMARS ATTACK 01にカリーナ・ダムと共に参戦。ファン・ジュウドンと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。

2006年10月7日、Super Challenge 1の73kg級トーナメントに出場予定であったが、負傷のため欠場となった。代わりに出場したファブリシオ・モランゴが優勝を果たした。

2006年12月6日、BodogFightカルター・ギルと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。

2007年8月24日、BodogFightで雷暗暴と対戦し、スタンドパンチと膝蹴りの連打でKO勝ち。MVPを獲得した。翌日には姉・カリーナがMVPを獲得した[2]

戦極[編集]

2008年6月8日、戦極初参戦となった戦極 〜第三陣〜ジョルジ・マスヴィダルと対戦し、右ストレートでTKO勝ち。

2008年8月24日、戦極 〜第四陣〜のライト級グランプリシリーズ1回戦で光岡映二と対戦し、チョークスリーパーで一本負け。

2010年6月20日、SRC13真騎士と対戦し、パウンドによるTKO負け[3]

Strikeforce[編集]

2009年4月11日、Strikeforce: Shamrock vs. Diazの世界ライト級暫定王座決定戦でギルバート・メレンデスと対戦し、右ストレートからのパウンドでKO負けを喫し王座獲得に失敗した[4]。この試合はライト級王者ジョシュ・トムソンの欠場を受けての緊急参戦となった。

2011年4月1日、Strikeforce Challengers 15のメインイベントでジャスティン・ウィルコックスと対戦し、1R終了時にドクターストップによるTKO負け[5]

TUF[編集]

2012年3月、UFCのリアリティ番組「The Ultimate Fighter」のThe Ultimate Fighter: Brazilに、階級を一つ下げてフェザー級で参加。シーズン最初のエリミネイションバウトではファブリシオ・ジ・アシス・コスタ・ダ・シウバにリアネイキドチョークで一本勝ち。ホーム(収録場所)行きを決めた。

その後ビクトー・ベウフォートに四番目に指名され、チーム・ベウフォートの一員になった。エピソード4でチーム・ヴァンダレイのジョン・マキャパと対戦し2-1の僅差の判定勝ちで準決勝に進むも、怪我によりシーズンから脱落した。

UFC[編集]

2012年6月23日、UFC初参戦となったUFC 147でアニスタヴィオ・メデイロスと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち[6]。白星デビューを果たすと共に、サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2015年1月3日、UFC 182エヴァン・ダナムと対戦し、0-3の判定負け。3連敗となりUFCからリリースされた。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
21 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 2 6 4 0 0 0
9 4 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× エヴァン・ダナム 5分3R終了 判定0-3 UFC 182: Jones vs. Cormier 2015年1月3日
× アル・アイアキンタ 3R 2:41 TKO(肘打ち) UFC Fight Night: Jacare vs. Mousasi 2014年9月5日
× ラシッド・マゴメドフ 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: Miocic vs. Maldonado 2014年5月31日
アイヴァン・ジョージ 5分5R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Machida vs. Mousasi 2014年2月15日
廣田瑞人 5分3R終了 判定2-1 UFC on Fuel TV 10: Nogueira vs. Werdum 2013年6月8日
× アントニオ・カルバーリョ 5分3R終了 判定1-2 UFC 154: St-Pierre vs. Condit 2012年11月17日
アニスタヴィオ・メデイロス 1R 2:12 リアネイキドチョーク UFC 147: Silva vs. Franklin 2 2012年6月23日
× ジャスティン・ウィルコックス 1R終了時 TKO(ドクターストップ) Strikeforce Challengers 15 2011年4月1日
× 真騎士 2R 0:45 TKO(右ストレート→パウンド) SRC13 2010年6月20日
イヴァン・イベリコ 5分3R終了 判定3-0 Jungle Fight 17: Vila Velha 2010年2月27日
× ギルバート・メレンデス 2R 2:02 KO(右フック→パウンド) Strikeforce: Shamrock vs. Diaz
【Strikeforce世界ライト級暫定王座決定戦】
2009年4月11日
× 光岡映二 1R 3:13 チョークスリーパー 戦極 〜第四陣〜
【ライト級グランプリシリーズ2008 1回戦】
2008年8月24日
ジョルジ・マスヴィダル 2R 4:38 TKO(右ストレート) 戦極 〜第三陣〜 2008年6月8日
ジョイユ・デ・オリベイラ 5分3R終了 判定 Universidade Fight Show 1 2007年10月7日
雷暗暴 2R 1:03 KO(スタンドパンチ連打) BodogFight: Vancouver 2007年8月24日
サンチノ・デフランコ 2R 1:58 チョークスリーパー BodogFight: Clash of the Nations 2007年4月14日
カルター・ギル 2R 2:11 チョークスリーパー BodogFight: Clash of the Nations 2006年12月6日
関直喜 1R 1:48 腕ひしぎ十字固め MARS in 両国国技館 〜NEW DEAL〜 2006年8月26日
ファン・ジュウドン 1R 3:56 チョークスリーパー MARS ATTACK 01 2006年7月21日
ルシアノ・シウバ 1R 1:26 チョークスリーパー Night of the Fight 1 2005年7月23日
× ルシアノ・アゼベド 5分2R終了 判定1-2 Shooto Brazil: Never Shake 2004年10月23日

獲得タイトル[編集]

  • ブラジリアン柔術ワールドカップ 準優勝(2005年)
  • ADCC 2005ブラジル予選 77kg未満級 優勝(2005年)

表彰[編集]

  • UFC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • BodogFightシーズン6 最優秀選手(2007年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]