UFC 210

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 210: Cormier vs. Johnson 2
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 WME-IMG
開催年月日 2017年4月8日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州バッファロー
会場 キーバンク・センター
試合数 全13試合
放送局 PPV
Fox Sports 1
日本の放送局 DAZN
FOXスポーツ&エンターテイメント
ニコニコ生放送
入場者数 17,110人[1]
入場収益 200万ドル[1]
イベント時系列
UFC Fight Night: Manuwa vs. Anderson UFC 210: Cormier vs. Johnson 2 UFC on Fox: Johnson vs. Reis

UFC 210: Cormier vs. Johnson 2(ユーエフシー・ツーテン:コーミエ・バーサス・ジョンソン・ツー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2017年4月8日ニューヨーク州バッファローキーバンク・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではUFC 187での王座決定戦以来の再戦となる、王者ダニエル・コーミエと挑戦者アンソニー・ジョンソンによるUFC世界ライトヘビー級タイトルマッチが組まれた。

メインカードの間にユライア・フェイバーの殿堂入りが発表され、7月16日のUFCインターナショナル・ファイトウィーク・フェスティバル開催期間中に授賞式が行われる[2]

キャリア13戦全勝のWSOF世界フライ級王者マゴメド・ ビブラトフがUFCデビュー。

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 フライ級 5分3R
ロシアの旗 マゴメド・ ビブラトフ vs. フィリピンの旗 ジェネル・ラウサ ×
3R終了 判定3-0(29-26、29-26、29-26)
第2試合 女子バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ケイトリン・チュケイギアン vs. メキシコの旗 アイリーン・ アルダナ ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、29-28)
第3試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デズモンド・ グリーン vs. アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・エメット ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、30-27)
第4試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 グレゴール・ガレスピー vs. アメリカ合衆国の旗 アンドリュー・ホルブルック ×
1R 0:21 KO(マウントパンチ)

プレリミナリーカード[編集]

第5試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 パトリック・カミンズ vs. ポーランドの旗 ヤン・ブラホヴィッチ ×
3R終了 判定2-0(29-28、29-28、28-28)
第6試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 シェーン・ブルゴス vs. アメリカ合衆国の旗 チャールズ・ローザ ×
3R 1:59 TKO(左フック)
第7試合 ウェルター級 5分3R
ナイジェリアの旗 カマル・ウスマン vs. アメリカ合衆国の旗 ショーン・ストリックランド ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-26、30-26)
第8試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイルズ・ジュリー vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・ デ・ラ・トーレ ×
1R 3:30 TKO(マウントパンチ)

メインカード[編集]

第9試合 ライト級 5分3R
ブラジルの旗 チャールズ・オリベイラ vs. アメリカ合衆国の旗 ウィル・ブルックス ×
1R 2:30 リアネイキッドチョーク
第10試合 ウェルター級 5分3R
ブラジルの旗 チアゴ・アウベス vs. カナダの旗 パトリック・コーテ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第11試合 女子ストロー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 シンシア・カルビーロ vs. アメリカ合衆国の旗 パール・ゴンザレス ×
3R 3:45 リアネイキッドチョーク
第12試合 ミドル級 5分3R
オランダの旗 ゲガール・ムサシ vs. アメリカ合衆国の旗 クリス・ワイドマン ×
2R 3:13 TKO(膝蹴り連打)
第13試合 UFC世界ライトヘビー級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ダニエル・コーミエ vs. アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ジョンソン ×
2R 3:37 リアネイキッドチョーク
※コーミエが2度目の防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトシェーン・ブルゴス vs. チャールズ・ローザ
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトチャールズ・オリベイラグレゴール・ガレスピー
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]