UFC Fight Night: Maynard vs. Diaz

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
UFC Fight Night: Maynard vs. Diaz
イベント詳細
シリーズ UFC(UFC Fight Night)
主催 ズッファ
開催年月日 2010年1月11日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州フェアファックス
会場 パトリオット・センター
開始時刻 午後9時(ET
試合数 全11試合
放送局 Spike
入場者数 8,078人
入場収益 753,962USドル
イベント時系列
UFC 108: Evans vs. Silva UFC Fight Night: Maynard vs. Diaz UFC 109: Relentless

UFC Fight Night: Maynard vs. Diaz(ユーエフシー・ファイトナイト:メイナード・ヴァーサス・ディアス、別名UFC Fight Night 20)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2010年1月11日バージニア州フェアファックスのパトリオット・センターで開催された。

UFC初のバージニア州開催となった本大会のメインイベントでは、サブタイトル「Maynard vs. Diaz」の通りグレイ・メイナードネイサン・ディアスによるライト級戦が行われた[1]

大会概要[編集]

リアリティ番組The Ultimate Fighterシーズン5のリベンジマッチ[2]ともなったメインイベントでは、メイナードがディアスを僅差の判定で破り、シーズン5ライト級トーナメント準決勝における敗戦のリベンジを果たした[1]

キャリア9戦全勝の元KOTC世界ライト級王者ローリー・マクドナルドがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニック・カトーネ vs. アメリカ合衆国の旗 ジェシー・フォーブス ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、29-28)
第2試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェラルド・ハリス vs. アメリカ合衆国の旗 ジョン・ソルター ×
3R 3:24 TKO(レフェリーストップ:パウンド)
第3試合 ライト級 5分3R
ブラジルの旗 ハファエル・ドス・アンジョス vs. アメリカ合衆国の旗 カイル・ブラッドリー ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第4試合 ウェルター級 5分3R
カナダの旗 ローリー・マクドナルド vs. アメリカ合衆国の旗 マイク・ガイモン ×
1R 4:27 腕ひしぎ十字固め
第5試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニック・レンツ vs. ブラジルの旗 チアゴ・タバレス
3R終了 判定1-0(29-27、28-28、28-28)
第6試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 リック・ストーリー vs. アメリカ合衆国の旗 ジェシー・レノックス ×
3R終了 判定2-1(30-27、30-27、28-29)
第7試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 クリス・リーベン vs. アンゴラの旗 ジェイ・シウバ ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)

メインカード[編集]

第8試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アミール・サダロー vs. アメリカ合衆国の旗 ブラッド・ブラックバーン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
第9試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アーロン・シンプソン vs. アメリカ合衆国の旗 トム・ローラー ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、29-28)
第10試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エヴァン・ダナム vs. メキシコの旗 エフレイン・エスクデロ ×
3R 1:59 腕ひしぎ十字固め
第11試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 グレイ・メイナード vs. アメリカ合衆国の旗 ネイサン・ディアス ×
3R終了 判定2-1(29-28、28-29、30-27)

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイト: アーロン・シンプソン vs. トム・ローラー
ノックアウト・オブ・ザ・ナイト: ジェラルド・ハリス
サブミッション・オブ・ザ・ナイト: エヴァン・ダナム
各選手にはボーナスとして30,000ドルが支給された[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]