UFC 38

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
UFC 38: Brawl at the Hall
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 ズッファ
開催年月日 2002年7月13日
開催地 イングランドの旗 イングランド
ロンドン
会場 ロイヤル・アルバート・ホール
開始時刻 午後10時
試合数 全7試合
入場者数 3,800人
PPV購入数 45,000件[1]
イベント時系列
UFC 37.5: As Real As It Gets UFC 38: Brawl at the Hall UFC 39: The Warriors Return

UFC 38: Brawl at the Hall(ユーエフシー・サーティエイト:ブロウル・アット・ザ・ホール)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2002年7月13日イングランドロンドンロイヤル・アルバート・ホールで開催された。

大会概要[編集]

メインイベントの世界ウェルター級タイトルマッチでは、マット・ヒューズが前王者カーロス・ニュートンの挑戦を退け、2度目の王座防衛に成功した。

第2試合ではエヴァン・タナーウラジミール・マティシェンコが予定されていたが、マティシェンコの負傷によりクリストファー・ヘイズマンが出場した。

本大会より須藤元気がUFCに初参戦を果たした。

試合結果[編集]

第1試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ギル・カスティーリョ vs. ペルーの旗 トニー・デソーザ
カスティーリョの体調不良により中止
第2試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エヴァン・タナー vs. オーストラリアの旗 クリストファー・ヘイズマン ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、30-27)
第3試合 ライトヘビー級 5分3R
ブラジルの旗 レナート・ババル vs. オーストラリアの旗 エルヴィス・シノシック ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-26)
第4試合 ライトヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 フィリップ・ミラー vs. イングランドの旗 ジェームス・ジキック ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、29-28)
第5試合 ライト級 5分3R
日本の旗 須藤元気 vs. イングランドの旗 レイ・レメディオス ×
2R 1:38 チョークスリーパー
第6試合 ミドル級 5分3R
イングランドの旗 マーク・ウィアー vs. アメリカ合衆国の旗 ユージーン・ジャクソン ×
1R 0:10 KO(右ストレート)
第7試合 ヘビー級 5分3R
イングランドの旗 イアン・フリーマン vs. アメリカ合衆国の旗 フランク・ミア ×
1R 4:35 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第8試合 UFC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 マット・ヒューズ vs. イギリス領ヴァージン諸島の旗 カーロス・ニュートン ×
4R 3:27 TKO(レフェリーストップ:パウンド
※ヒューズが王座の2度目の防衛に成功。

脚注[編集]

  1. ^ Pay-per-view MMAPayout

関連項目[編集]

外部リンク[編集]