UFC 29

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFC 29: Defense of the Belts
イベント詳細
シリーズ UFCPPV
主催 テレビ東京
UFC-J事務局[1]
開催年月日 2000年12月16日
開催地 日本の旗 日本
東京都江東区
会場 ディファ有明
試合数 全7試合
放送局 J SKY SPORTS
入場者数 1,414人
イベント時系列
UFC 28: High Stakes UFC 29: Defense of the Belts UFC 30: Battle on the Boardwalk

UFC 29: Defense of the Belts(ユーエフシー・トゥエンティナイン:ディフェンス・オブ・ザ・ベルツ)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2000年12月16日東京都江東区ディファ有明で開催された。

本大会は、興行主であったSEG社が開催した最後のUFCの大会であり、SEG社は財政状況の悪化により、次大会のUFC 30から興行権をズッファに譲渡した。

同時にUFC-J事務局が同時期に解散することにより、同事務局が運営する形の日本大会もこの大会が最後の大会となった[2]

日本ではケーブルテレビ衛星放送チャンネルのJ SKY SPORTS(現・J SPORTS)で2001年1月7日に録画中継された[3]

大会概要[編集]

ディファ有明という小規模の会場での開催にもかかわらず、タイトルマッチが2戦行われた。メインイベントのミドル級タイトルマッチでは、ティト・オーティズ近藤有己を破って王座の初防衛に成功。ライト級タイトルマッチでは、パット・ミレティッチ山本喧一の挑戦を退け、通算4度目となるタイトル防衛に成功した。

シドニーオリンピック銀メダリストマット・リンドランドがUFCデビュー。

試合結果[編集]

プレリミナリィカード[編集]

第1試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 チャック・リデル vs. アメリカ合衆国の旗 ジェフ・モンソン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-26)
第2試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デニス・ホールマン vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ヒューズ ×
1R 0:20 腕ひしぎ十字固め

メインカード[編集]

第3試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エヴァン・タナー vs. カナダの旗 ランス・ギブソン ×
1R 4:48 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第4試合 ライト級 5分3R
ブラジルの旗 ファビアノ・イハ vs. 日本の旗 高瀬大樹 ×
1R 2:24 TKO(レフェリーストップ:パウンド
第5試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マット・リンドランド vs. 日本の旗 安生洋二 ×
1R 2:58 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ
第6試合 UFC世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 パット・ミレティッチ vs. 日本の旗 山本喧一 ×
2R 1:58 フロントチョーク
※ミレティッチが王座の4度目の防衛に成功。
第7試合 UFC世界ミドル級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ティト・オーティズ vs. 日本の旗 近藤有己 ×
1R 1:52 ネックロック
※オーティズが王座の初防衛に成功。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]