山本喧一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山本 喧一
基本情報
本名 山本 健一
通称 ヤマケン
Uのはぐれ狼
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1976-07-11) 1976年7月11日(41歳)
出身地 大阪府門真市
所属 WIT
身長 182cm
体重 96kg
階級 ミドル級
バックボーン 空手
テンプレートを表示

山本 喧一(やまもと けんいち、1976年7月11日 - )は、日本男性総合格闘家プロレスラー実業家。本名・旧リングネーム山本 健一(読みは同じ)。大阪府門真市出身。WIT所属。株式会社ウィット代表取締役。

来歴[編集]

幼少時代に両親が離婚し、預け先で虐待を受けた。虐待の傷跡は、山本の体に今もなお残っているという。

小学校時代は喧嘩に明け暮れ、手の付けられなかった山本であるが、中学時代に前田日明の自伝『パワー・オブ・ドリーム』を読んだことから空手を始める。プロレスラーになる前は、正道会館の内弟子を務めていたこともある。

1993年にUWFインターナショナルに入門。1994年10月14日、大阪城ホール大会にて行われた桜庭和志戦でデビュー。当初のリングネームは本名の山本 健一。1995年9月から新日本プロレスとの全面対抗戦が始まると、高山善廣安生洋二と「ザ・ゴールデン・カップス」を組み活躍。1996年12月のUインター解散後は後継団体のキングダムを経て、1998年にリングスに移籍(3月28日の興行から出場、7月5日付けで正式所属)。だが、検査で頭に透明中隔嚢胞という腫瘍(良性)が発見され、健康面での問題が出てきたことが理由で、1999年1月23日の試合を最後にリングスを退団することになる。退団を機にリングネームを山本 喧一に改名。UFC 23で行われたUFC-J無差別級トーナメントに優勝した際、当時のリングスのエース田村潔司に「偽善者田村!俺と闘え!」とガチンコマッチを要求し、物議をかもしたこともあった。

格闘技ジム「POWER OF DREAM」を設立。ジム経営と並行して、素手でのパンチを認めた総合格闘技トーナメント「タイタンファイト」、クラブでDJプレイやライブとともに総合格闘技の試合をし、山本自身が賞金首となってプロ・アマ問わず挑戦を受けるコンセプトの「クラブ・ファイト」を主催する。だが、必要以上のアーティスト参加に対するギャラの高さに対してスポンサーを集めることが出来ず、スタッフの間で利害関係の問題に発展し、やむなく活動休止となった。人間関係と金策に疲れた山本はいったんジムも閉鎖した。

しかし山本は格闘技から引退することは考えておらず、その後も格闘家としての活動を続け、PRIDEなどに参戦。

ジムを閉鎖してからは、WSR(ウェラサクレック・ムエタイジム)に所属を移し、ムエタイの試合に参戦し、60戦している本場の世界ランカー相手に勝利する。

2005年に念願のアメリカに渡り、更なる修行を重ねる。

2006年6月3日、アメリカの大会「Maximum Fighting Championship」「bodogFight」に出場。カリーム・エリングトンと対戦し、逆転KO負けを喫した。当時UFC世界ミドル級王者であったリッチ・フランクリンが次期挑戦者候補の山本を視察に来ていた。

同年、2006年11月bodogペイパービュー放送記念タイトルマッチ挑戦者決定シークレットマッチが密かに日本で行われるも2R足の甲を骨折しドクターストップにより敗れている。

その後、アメリカに戻ろうとするが、ビザを頼んでいた弁護士に騙され、オーバーステイとされ強制送還となった。

2008年5月24日、ハッスル・エイド2008にてアン・ジョー司令長官率いるゴールデン・カップスのセコンドとして姿を現す。

諸事情により休止していた「タイタンファイト」を、2009年に9年ぶりにプロデュース、復活させた。

2010年現在の山本は、タイタンファイトの主催会社である株式会社ウィットの代表取締役を務めており、実業家としての顔も持っている。12月17日アパッチプロレス軍でプロレス復帰。

2011年8月、北海道札幌市東区にて格闘技道場「POWER OF DREAM」を再オープン。

2014年9月21日に引退を発表。10月13日のハードヒット札幌大会が引退試合となった[1][2]。Uインター時代からの後輩である上山龍紀とメインイベントで対戦した。引退後は後進の育成に努める。

2015年3月19日に行われた安生洋二引退試合でザ・ゴールデン・カップスを再結成するために旧リングネームで限定復帰した。

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
19 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
5 2 2 1 0 2 0
12 7 3 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 高橋義生 1R 6:29 KO(膝蹴り→掌底) U-SPIRITS again 2013年3月9日
× KEI山宮 5分2R終了 判定0-3 GRABAKALIVE! 2 2012年10月27日
× 菊田早苗 1R 2:18 TKO(マウントパンチ) GRABAKA LIVE! 1st CAGE ATTACK 2011年10月15日
× ディエゴ・ヴィトスキー 2R TKO(タオル投入) MARS BodogFight 01 2006年10月4日
× カリエム・エリングトン 1R 4:51 TKO(パウンド) Mix Fighting Championships: USA vs. Russia 3 2006年6月3日
ゲルマン・レイエス 2R KO(左ハイキック) 琉球 Kamikaze Spirits 2005年11月13日
× 美濃輪育久 1R 3:23 TKO(マウントパンチ) PRIDE 武士道 -其の四- 2004年7月19日
× アレクサンダー大塚 3R(10分/5分/5分)終了 判定0-3 PRIDE.25 2003年3月16日
× ケビン・ランデルマン 3R 1:16 TKO(グラウンドの膝蹴り) PRIDE.23 2002年11月24日
× 須藤元気 2R 2:46 チョークスリーパー リングス WORLD TITLE SERIES 2001年12月21日
保村晃 10分1R終了 時間切れ Club Fight NAGOYA 2001年3月4日
秋山賢治 10分1R終了 時間切れ Club Fight OSAKA 2001年1月27日
× パット・ミレティッチ 2R 1:58 フロントチョーク UFC 29: Defense of the Belts
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2000年12月16日
倉橋達也 8:00 KO(マウントパンチ) Club Fight Round 1 2000年11月12日
藤井克久 2R 4:13 膝十字固め UFC 23: Ultimate Japan 2
【ミドル級トーナメント 決勝】
1999年11月19日
高瀬大樹 5分2R終了 判定3-0 UFC 23: Ultimate Japan 2
【ミドル級トーナメント 1回戦】
1999年11月19日
× ウィリー・ピータース 1R 13:45 TKO(膝蹴り) リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1998
〜第1回国別対抗戦FNRカップ〜 GRAND-FINAL
1999年1月23日
× 田村潔司 1R 11:26 TKO(右ハイキック) リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1998
〜第1回国別対抗戦FNRカップ〜 SEMI-FINAL
1998年12月23日
× リー・ハスデル 10:56 KO リングス FIGHTING INTEGRATION 6th 1998年9月21日
× 坂田亘 20分終了 ポイント リングス FIGHTING INTEGRATION 5th 1998年8月28日
× ヴォルク・ハン 8:24 逆片エビ固め リングス CAPTURED 〜AKIRA MAEDA LAST MATCH〜 1998年7月20日
× 成瀬昌由 11:07 アームロック リングス FIGHTING INTEGRATION 4th
【トーナメント21タイトルマッチ】
1998年6月27日
× 高阪剛 9:15 膝十字固め リングス Battle Genesis Vol.4 1998年6月20日
× クリストファー・ヘイズマン 5:35 腕ひしぎ十字固め リングス・オーストラリア「Who Needs Rules Fight Night」 1998年6月7日
クリストファー・ヘイズマン 12:39 裸絞め リングス FIGHTING INTEGRATION 3rd
【トーナメント21次期挑戦者決定戦】
1998年5月29日
× ヴァレンタイン・オーフレイム 6:39 TKO(タオル投入) リングス FIGHTING INTEGRATION 1st 1998年3月28日

キックボクシング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
デン・サックモンティー 3R 1:24 KO 第3回 M-1ムエタイチャレンジ 2004年4月11日

プロレス[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ダニエル・ロペス・ロドリゲス 2:43 ダブルリストロック キングダム/後楽園ホール 1998年1月28日
マーク・ホール 3:30 足首固め キングダム/国立代々木第2体育館 1997年12月14日
パトリック・スミス 5:21 足首固め キングダム/鹿児島アリーナ 1997年12月8日
× 安生洋二 17:14 アームバー キングダム/博多スターレーン 1997年12月2日
× 桜庭和志 キングダム/札幌中島体育センター 1997年11月19日
× 高山善廣 キングダム/函館市民体育館 1997年11月15日
折原昌夫 5:33 ダブルリストロック キングダム/後楽園ホール 1997年11月3日
× 桜庭和志 キングダム/別府ビーコンプラザ 1997年9月20日
垣原賢人 キングダム/別府ビーコンプラザ 1997年9月20日
ビリー・ジャック・スコット キングダム/別府ビーコンプラザ 1997年9月20日
ニコラス・スタークス キングダム/後楽園ホール 1997年9月3日
× 佐野友飛 キングダム/新潟市体育館 1997年8月22日
垣原賢人 0:18 KO キングダム/国立代々木第2体育館 1997年7月29日
ニコ・ゴルドー 足首固め キングダム/国立代々木第2体育館 1997年6月20日
× 金原弘光 7:14 スリーパーホールド キングダム/国立代々木体育館 1997年5月4日

獲得タイトル[編集]

  • UFC 23無差別級トーナメント 優勝(1999年)

TIPS[編集]

  • 2001年12月に、須藤元気リングスのリングで試合を行ったことがある。山本の通常体重は96kgであるが、この試合のために苦しみながらも75kgにまで減量してきた。さらにこの試合では山本が保持していた「UFC-JAPAN」(UFCの認定タイトルではなく、現在活動停止中のUFC-JAPANが制定したベルト)のベルトが賭けられた。試合は裸絞めで山本が敗北し、ベルトは須藤に奪われた。
  • また、「ZST」、「HERO'S」で活躍する所英男は「パワー・オブ・ドリーム」時代の弟子に当たる。ジムを閉鎖したことによりその関係は途絶えてしまったが、所は「今でも山本さんを尊敬しているし感謝している」と述べている。
  • 試合時に「ヤマケンヤマケンヤマケン!」という早口のコールが客席から起こることが恒例となっている。これは、ゴールデン・カップス時代からのもの。
  • 山本の実の息子も格闘技をしており、GRACHANのアマチュア大会で総合格闘技の試合を行っている。

人物[編集]

  • 総合格闘家であるが立ち技にも適応でき、ムエタイの試合に出場し勝利を収めるほどである(2004年WPKC世界ヘビー級4位)。総合格闘技での試合においても、ムエタイ・キックボクシング用のトランクスを着用し、ムエタイ式の構え方をするなど、他のファイターには無い個性的な一面を持つ。
  • アメリカに渡り、柔術にも磨きをかけて、ブラジリアン柔術ヘンゾ・グレイシー一派であり、アメリカ人で初めてブラックベルトを取得したショーン・ウィリアムス(ホドリゴ・グレイシーを鍛え、ホドリゴが兄と慕うことで有名。デービット・カメリオとほぼ互角の腕前)から茶帯の資格を取得し、USオープングラップリングファイトでは準優勝を収めた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]