UFC 201

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
UFC 201: Lawler vs. Woodley
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2016年7月30日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジョージア州アトランタ
会場 フィリップス・アリーナ
試合数 全11試合
放送局 AbemaTV
FOXスポーツ&エンターテイメント
ニコニコ生放送
DAZN
入場者数 10,240人
入場収益 107万ドル[1]
PPV購入数 24万件[2]
イベント時系列
UFC on FOX 20: Holm vs. Shevchenko UFC 201: Lawler vs. Woodley UFC Fight Night: Rodriguez vs. Caceres

UFC 201: Lawler vs. Woodley(ユーエフシー・ツーオーワン:ローラー・バーサス・ウッドリー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2016年7月30日ジョージア州アトランタフィリップス・アリーナで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではロビー・ローラータイロン・ウッドリーによるUFC世界ウェルター級タイトルマッチが組まれた[3]

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 ライト級 5分3R
オーストラリアの旗 ダミアン・ブラウン vs. パラグアイの旗 セザール・アルサメンディア ×
1R 2:27 KO(右ストレート→パウンド)
第2試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイケル・グレイブス vs. セルビアの旗 ボヤン・ベリチコビッチ △
3R終了 判定1-0(30-27、28-28、28-28)

プレリミナリーカード[編集]

第3試合 フライ級 5分3R
ブラジルの旗 ウィルソン・ヘイス vs. メキシコの旗 ヘクター・サンドバル ×
1R 1:49 リアネイキドチョーク
第4試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アンソニー・ハミルトン vs. ポーランドの旗 ダミアン・グラボウスキー ×
1R 0:14 KO(スタンドパンチ連打)
第5試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ホルヘ・マスヴィダル vs. イングランドの旗 ロス・ピアソン ×
3R終了 判定3-0(29-28、29-28、30-27)
第6試合 ライトヘビー級 5分3R
ウクライナの旗 ニキータ・クリーロフ vs. アメリカ合衆国の旗 エド・ハーマン ×
2R 0:40 KO(左ハイキック)

メインカード[編集]

第7試合 フライ級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ライアン・ブノワ vs. コロンビアの旗 フレディ・セラーノ ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、29-28)
第8試合 バンタム級 5分3R
メキシコの旗 エリック・ペレス vs. アメリカ合衆国の旗 フランシスコ・リベラ ×
3R終了 判定3-0(30-26、30-26、29-28)
第9試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェイク・エレンバーガー vs. アメリカ合衆国の旗 マット・ブラウン ×
1R 1:46 TKO(左ミドルキック→パウンド)
第10試合 女子ストロー級 5分3R
ポーランドの旗 カロリーナ・コバケビッチ vs. アメリカ合衆国の旗 ローズ・ナマユナス ×
3R終了 判定2-1(28-29、29-28、29-28)
第11試合 UFC世界ウェルター級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 タイロン・ウッドリー vs. アメリカ合衆国の旗 ロビー・ローラー ×
1R 2:12 KO(右フック→パウンド)
※ウッドリーが王座獲得に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトカロリーナ・コバケビッチ vs. ローズ・ナマユナス
パフォーマンス・オブ・ザ・ナイトタイロン・ウッドリージェイク・エレンバーガー
各選手にはボーナスとして5万ドルが授与された。

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • ショーン・サンテラ → ヘクター・サンドバル(第3試合)
  • シアー・バハドゥルザダ vs. クラウジオ・シウバ → シウバの負傷により中止

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]