UFC 150

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
UFC 150: Henderson vs. Edgar 2
イベント詳細
シリーズ UFC
主催 ズッファ
開催年月日 2012年8月11日
開催地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
コロラド州デンバー
会場 ペプシ・センター
試合数 全10試合
入場者数 13,027人
入場収益 61万9,955ドル
PPV購入数 19万件[1]
イベント時系列
UFC on FOX 4: Shogun vs. Vera UFC 150: Henderson vs. Edgar 2 UFC 151: Jones vs. Henderson

UFC 150: Henderson vs. Edgar 2(ユーエフシー・ワンフィフティー:ヘンダーソン・バーサス・エドガー・ツー)は、アメリカ合衆国総合格闘技団体「UFC」の大会の一つ。2012年8月11日コロラド州デンバーペプシ・センターで開催された。

大会概要[編集]

本大会ではベン・ヘンダーソンフランク・エドガーによるUFC世界ライト級タイトルマッチが組まれた[2]

カード変更[編集]

負傷などによるカードの変更は以下の通り。

  • クリス・カモージー vs. バディ・ロバーツ → カモージーの負傷により中止

試合結果[編集]

アーリープレリム[編集]

第1試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ニック・レンツ vs. 日本の旗 光岡映二 ×
1R 3:45 TKO(パウンド)

プレリミナリーカード[編集]

第2試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 チコ・カムス vs. アメリカ合衆国の旗 ダスティン・ペイグ ×
3R終了 判定3-0(29-28、30-27、29-28)
第3試合 バンタム級ワンマッチ 5分3R
メキシコの旗 エリック・ペレス vs. アメリカ合衆国の旗 ケン・ストーン ×
1R 0:17 KO(右フック→パウンド)
第4試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
オランダの旗 マイケル・カイパー vs. アメリカ合衆国の旗 ジャレッド・ハマン ×
2R 2:16 TKO(スタンドパンチ連打)
第5試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デニス・バミューデス vs. アメリカ合衆国の旗 トミー・ヘイデン ×
1R 4:43 ギロチンチョーク

メインカード[編集]

第6試合 フェザー級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マックス・ホロウェイ vs. アメリカ合衆国の旗 ジャスティン・ローレンス ×
2R 4:49 TKO(パウンド)
第7試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
日本の旗 岡見勇信 vs. アメリカ合衆国の旗 バディ・ロバーツ ×
2R 3:05 TKO(マウントパンチ)
第8試合 ミドル級ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジェイク・シールズ vs. アメリカ合衆国の旗 エド・ハーマン ×
3R終了 判定3-0(30-27、30-27、30-27)
※シールズの薬物検査失格によりノーコンテスト。
第9試合 71.4kg契約ワンマッチ 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ドナルド・セラーニ vs. アメリカ合衆国の旗 メルヴィン・ギラード ×
1R 1:16 KO(右ストレート)
※ギラードの体重超過によりライト級から変更。
第10試合 UFC世界ライト級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ベンソン・ヘンダーソン vs. アメリカ合衆国の旗 フランク・エドガー ×
5R終了 判定2-1(48-47、48-47、46-49)
※ヘンダーソンが初防衛に成功。

各賞[編集]

ファイト・オブ・ザ・ナイトドナルド・セラーニ vs. メルヴィン・ギラード
ノックアウト・オブ・ザ・ナイトドナルド・セラーニ
サブミッション・オブ・ザ・ナイトデニス・バミューデス
各選手にはボーナスとして6万ドルが支給された[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]