ベン・ヘンダーソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ベン・ヘンダーソン
Benhendersonfighter.jpg
基本情報
本名 ベンソン・ヘンダーソン
(Benson Henderson)
通称 ベンドー (Bendo)
スムース (Smooth)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1983-11-16) 1983年11月16日(33歳)
出身地 コロラド州コロラドスプリングス
所属 MMAラボ
身長 175cm
体重 70kg
リーチ 178cm
階級 ライト級ウェルター級
バックボーン テコンドーレスリングブラジリアン柔術
テーマ曲 Awesome God
R-Swift
テンプレートを表示
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 グラップリング
世界ノーギ柔術選手権
2014 ロングビーチ 79.5kg級

ベン・ヘンダーソンBen Henderson1983年11月16日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家韓国系アメリカ人コロラド州コロラドスプリングス出身。MMAラボ所属。テコンドー黒帯。ブラジリアン柔術黒帯。元UFC世界ライト級王者。元WEC世界ライト級王者。

在韓米軍勤務のアフリカ系アメリカ人の父親と韓国人の母親を持つハーフであり[1]、右肩には「戦士」、右脇腹には「力」「名誉」とハングル刺青を入れている。英語と韓国語を話す。

来歴[編集]

国際結婚した両親は幼い頃に離婚し、12歳の頃から母親の勧めでテコンドーを経験。高校からレスリングを始め、ネブラスカ大学ではNAIAでオールアメリカンに2度選出された。大学卒業後は警察官になるつもりでいたが、大学の友人に煽られて総合格闘技の試合に出た事をきっかけに総合格闘家を目指す。その後、ホイス・グレイシーの弟子ジョン・クラウチの下でブラジリアン柔術を学んだ[2]。大学では犯罪司法学と社会学を専攻して卒業している。

総合格闘技では大学在学中の2006年にプロデビュー。3戦目で初めての敗北を喫したものの、その後2008年までローカル大会で5連勝を収めた。

WEC[編集]

2009年1月25日、WEC初参戦となったWEC 38アンソニー・ヌジョクアニと対戦し、ギロチンチョークで一本勝ち。

2009年10月10日、WEC 43でWEC世界ライト級王者ジェイミー・ヴァーナーが負傷により防衛戦を行えず、WEC世界ライト級暫定王座決定戦でドナルド・セラーニと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2010年1月10日、WEC 46で正規王者ジェイミー・ヴァーナーとWEC世界ライト級王座統一戦で対戦し、ギロチンチョークで一本勝ちを収め王座統一に成功した。

2010年4月24日、WEC 48ドナルド・セラーニとWEC世界ライト級タイトルマッチで再戦し、ギロチンチョークで一本勝ちを収め初防衛に成功[3]。サブミッション・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2010年12月16日、WEC 53アンソニー・ペティスと防衛戦を行うも、非常に珍しい金網を蹴ってからの三角飛び蹴りでダウンを奪われ0-3の判定負け[4][5]。約3年半ぶりの敗戦で王座から陥落した。

2010年12月23日、USAトゥデイのファイト・オブ・ザ・イヤーを受賞した[6]

UFC[編集]

2011年4月30日、UFC初参戦となったUFC 129マーク・ボーチェックと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた。

2011年11月12日、UFC on FOX 1のライト級王座挑戦者決定戦でクレイ・グイダと対戦。熱戦を制し3-0の判定勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年2月26日、日本で開催されたUFC144フランク・エドガーの持つUFC世界ライト級王座に挑戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2012年8月11日、UFC 150の世界ライト級タイトルマッチでフランク・エドガーと再戦。前回以上に接戦となり2-1の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2012年12月8日、UFC on FOX 5の世界ライト級タイトルマッチでネイト・ディアスと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座の2度目の防衛に成功した。

2013年4月20日、UFC on FOX 7の世界ライト級タイトルマッチでStrikeforce世界ライト級王者でライト級ランキング1位のギルバート・メレンデスと対戦し、2-1の判定勝ちを収め3度目の王座防衛に成功した。勝利者インタビューで大ブーイングを浴びながら恋人にプロポーズを行った。

2013年6月、ジョン・クラウチからブラジリアン柔術黒帯を授与された。

2013年8月31日、UFC 164の世界ライト級タイトルマッチでライト級ランキング2位のアンソニー・ペティスと再戦。ミドルキックを効かされ、最後は下からの腕ひしぎ十字固めで1R一本負け。王座陥落となり、リベンジはならなかった。当初は同大会でTJ・グラントと対戦する予定であったが、グラントの負傷欠場により対戦相手がペティスに変更された。

2014年1月25日、UFC on FOX 10でライト級ランキング4位のジョシュ・トムソンと対戦し、2-1の判定勝ち。

2014年6月7日、UFC Fight Night: Henderson vs. Khabilovでライト級ランキング11位のルスタム・ハビロフと対戦。4Rにパンチでダウンさせてからリアネイキドチョークで一本勝ち。UFC参戦から10戦目にして初の一本勝ちを飾りパフォーマンス・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2014年8月23日、UFC Fight Night: Henderson vs. dos Anjosでライト級ランキング5位のハファエル・ドス・アンジョスと対戦。左フックを顎に受けダウンした瞬間レフェリーに失神したとみなされKO負け。レフェリーの裁定に不満のある観客からブーイングが起きるも、ヘンダーソンは「いいことだけでなく悪いことも受け入れなきゃいけないんだ」と裁定を受け入れる旨のコメントをした[7]

2015年1月18日、UFC Fight Night: McGregor vs. Siverでライト級ランキング3位のドナルド・セラーニと対戦し、0-3の判定負け。この裁定に対して納得できず、セラーニがこの試合を行う際に試合間隔が2週間しかないことを取り上げ「俺は来週にだって戦える!」と憤慨した。

2015年2月14日、ウェルター級転向初戦となったUFC Fight Night: Henderson vs. Thatchブランドン・ザッチと対戦し、リアネイキドチョークで一本勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

Bellator[編集]

2016年4月22日、Bellator初参戦となったBellator 153の世界ウェルター級タイトルマッチでアンドレイ・コレシュコフと対戦し、0-3の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

2016年11月19日、Bellator 165の世界ライト級タイトルマッチでマイケル・チャンドラーと対戦し、1-2の判定負けを喫し王座獲得に失敗した。

人物・エピソード[編集]

  • 敬虔なクリスチャンであり、天使の翼を象った刺青を背中全面に入れている。
  • 爪楊枝を咥えるのが癖である。UFC on FOX 5のタイトルマッチで5Rが終了した時に口から爪楊枝を出しているが、ネバダ州アスレチックコミッションはこれに関して特に問題視していない[8]WOWOWで放送されたUFC 158のインタビューでは、爪楊枝を銜えたままレスリングの練習をしたり寝てしまうとも語っている。
  • 一日にトレーニングを四度行う日を週3、4日持っており、その日に取る食事は8食。サプリメントは一切摂らない主義で、アルコールの類も口にしない。母親が韓国人である事から韓国料理を食べる機会が多いという。大好物は焼肉[9]
  • 趣味は読書で週末には本屋に行く事が多く、聖書に関連した書物や漫画を好んで読む[10]
  • 尊敬する人物はイエス・キリスト、母親、クラーク・ケントスティーブ・ロジャースである[11]
  • 格闘技では一般的に禁止薬物とされるステロイドの服用行為を嫌悪しており、2013年に打倒ステロイド服用者宣言をした[12]
  • 総合格闘家として活躍しながらもブラジリアン柔術の大会に出続けており、UFC144の一週間後に柔術のアリゾナ大会に出場している[13]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
31 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
24 3 10 11 0 0 0
7 1 2 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マイケル・チャンドラー 5分5R終了 判定1-2 Bellator 165: Chandler vs. Henderson
【Bellator世界ライト級タイトルマッチ】
2016年11月19日
パトリシオ・ピットブル 2R 2:26 TKO(右脚の負傷) Bellator 160: Henderson vs. Pitbull 2016年8月26日
× アンドレイ・コレシュコフ 5分5R終了 判定0-3 Bellator 153: Koreshkov vs. Henderson
【Bellator世界ウェルター級タイトルマッチ】
2016年4月22日
ホルヘ・マスヴィダル 5分5R終了 判定2-1 UFC Fight Night: Henderson vs. Masvidal 2015年11月28日
ブランドン・ザッチ 4R 3:58 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Henderson vs. Thatch 2015年2月14日
× ドナルド・セラーニ 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night: McGregor vs. Siver 2015年1月18日
× ハファエル・ドス・アンジョス 1R 2:31 KO(左フック) UFC Fight Night: Henderson vs. dos Anjos 2014年8月23日
ルスタム・ハビロフ 4R 1:16 リアネイキドチョーク UFC Fight Night: Henderson vs. Khabilov 2014年6月7日
ジョシュ・トムソン 5分5R終了 判定2-1 UFC on FOX 10: Henderson vs. Thomson 2014年1月25日
× アンソニー・ペティス 1R 4:31 腕ひしぎ十字固め UFC 164: Henderson vs. Pettis
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2013年8月31日
ギルバート・メレンデス 5分5R終了 判定2-1 UFC on FOX 7: Henderson vs. Melendez
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2013年4月20日
ネイト・ディアス 5分5R終了 判定3-0 UFC on FOX 5: Henderson vs. Diaz
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2012年12月8日
フランク・エドガー 5分5R終了 判定2-1 UFC 150: Henderson vs. Edgar 2
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2012年8月11日
フランク・エドガー 5分5R終了 判定3-0 UFC 144: Edgar vs. Henderson
【UFC世界ライト級タイトルマッチ】
2012年2月26日
クレイ・グイダ 5分3R終了 判定3-0 UFC on FOX 1: Velasquez vs. dos Santos 2011年11月12日
ジム・ミラー 5分3R終了 判定3-0 UFC Live: Hardy vs. Lytle 2011年8月14日
マーク・ボーチェック 5分3R終了 判定3-0 UFC 129: St-Pierre vs. Shields 2011年4月30日
× アンソニー・ペティス 5分5R終了 判定0-3 WEC 53: Henderson vs. Pettis
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2010年12月16日
ドナルド・セラーニ 1R 1:57 ギロチンチョーク WEC 48: Aldo vs. Faber
【WEC世界ライト級タイトルマッチ】
2010年4月24日
ジェイミー・ヴァーナー 3R 2:41 ギロチンチョーク WEC 46: Varner vs. Henderson
【WEC世界ライト級王座統一戦】
2010年1月10日
ドナルド・セラーニ 5分5R終了 判定3-0 WEC 43: Cerrone vs. Henderson
【WEC世界ライト級暫定王座決定戦】
2009年10月10日
シェーン・ローラー 1R 1:41 TKO(右ストレート→パウンド) WEC 40: Torres vs. Mizugaki 2009年4月5日
アンソニー・ヌジョクアニ 2R 0:42 ギロチンチョーク WEC 38: Varner vs. Cerrone 2009年1月25日
ディエゴ・サライバ 5分3R終了 判定3-0 Evolution MMA 2008年10月4日
リチャード・ティアロン 2R 3:49 ギロチンチョーク MFC 17: Hostile Takeover 2008年7月25日
マイク・マエスタス 3R 4:11 チョークスリーパー MFC 16: Anger Management 2008年5月9日
ブライアン・コーリー 1R 2:36 チョークスリーパー VFC 21: Infamous 2007年12月7日
デビッド・ダグロリア 1R 1:45 ギブアップ(パンチ連打) UCE Round 26: Episode 12 2007年6月23日
× ロッキー・ジョンソン 1R 0:46 アナコンダチョーク Battlequest 5: Avalanche 2007年3月31日
アレン・ウィリアムス 1R 1:37 TKO(パンチ連打) VFC 18: Hitmen 2007年2月16日
ダン・グレガリー 1R 4:21 ギブアップ(パンチ連打) Midwest Championship Fighting: Genesis 2006年11月18日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× チャド・クリンゲンスミス 2R 1:47 TKO(パンチ) Ring of Fire 27: Collision Course 2006年12月9日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× マルセロ・マフラ ポイント2-4 世界ノーギ柔術選手権
【ミドル級 準決勝】
2014年10月4日
ホムロ・カバウカンテ ポイント 世界ノーギ柔術選手権
【ミドル級 2回戦】
2014年10月4日
リオ・イトゥラーデ ポイント 世界ノーギ柔術選手権
【ミドル級 1回戦】
2014年10月4日
× オタービオ・ソウザ 腕ひしぎ十字固め ADCC Worlds 2013
【77kg未満級 2回戦】
2013年10月19日
レオナルド・ノゲイラ ポイント ADCC Worlds 2013
【77kg未満級 1回戦】
2013年10月19日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(3回)
  • UFC パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • WEC ファイト・オブ・ザ・ナイト(2回)
  • WEC サブミッション・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • SHERDOG ファイト・オブ・ザ・イヤー(2009年)
  • SHERDOG ファイター・オブ・ザ・イヤー(2012年)
  • ESPN ファイター・オブ・ザ・イヤー(2012年)
  • ESPN ファイト・オブ・ザ・イヤー(2012年)
  • USAトゥデイ ファイト・オブ・ザ・イヤー(2010年)
  • スポーツ・イラストレイテッド ファイト・オブ・ザ・イヤー(2009年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
WEC世界ライト級暫定王者

2009年10月10日 - 2010年1月10日

次王者
王座廃止
前王者
ジェイミー・ヴァーナー
第6代WEC世界ライト級王者

2010年1月10日 - 2010年12月16日

次王者
アンソニー・ペティス
前王者
フランク・エドガー
第5代UFC世界ライト級王者

2012年2月26日 - 2013年8月31日

次王者
アンソニー・ペティス