岡見勇信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡見 勇信
基本情報
本名 岡見 勇信
通称 サンダー (Thunder)
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1981-07-21) 1981年7月21日(36歳)
出身地 神奈川県藤沢市
所属 和術慧舟會東京本部
チーム・クエスト
身長 188cm
体重 77kg
リーチ 191cm
階級 ミドル級
ウェルター級
バックボーン 柔道ブラジリアン柔術
テーマ曲 RISING
(吉田兄弟)
テンプレートを表示

岡見 勇信(おかみ ゆうしん、1981年7月21日 - )は、日本男性総合格闘家神奈川県藤沢市出身。和術慧舟會東京本部所属。柔道黒帯。

世界最大の総合格闘技団体「UFC」のトップ選手として活躍していた。戦績も大きく勝ち越しており、ミドル級で世界トップクラスの選手と目されていた[1]

芸能プロダクションLDH JAPANとマネジメント契約している。

概要[編集]

強靭なフィジカルを活かしたテイクダウンおよびパウンドを武器としている。

数々の団体への出場経験があり、対日本人戦においては、いまだ無敗である。また、2012年2月26日のUFC 144までは日本国内戦では無敗であった。しかしPRIDEでの勝利後など日本では注目されるリングから遠ざかることもあったが、そういった時期にロシアアメリカ合衆国で試合をする機会に恵まれた。2012年3月には「あの経験がなければ、今の僕はなかったでしょうね」と語っている。米国では純粋に勝利を評価する風土に直に触れ、勝てばファイトマネーが上がりスポンサーもついてくる実力重視のUFCにやりがいを見出すようになった[2]

こうした時期を経て、2006年以降はUFCに参戦している。UFCでのニックネーム「サンダー」は、獣神サンダー・ライガーに因んで、「ジュウシン・サンダー」と「ユウシン・サンダー」の語呂が似ていることから付けられた[3]

来歴[編集]

神奈川県藤沢市に生まれ、中学校では陸上部に所属、藤沢翔陵高校で柔道を始めた(最高成績は県大会32位)。卒業後はプロレスラーとなるべく新日本プロレスの入門テストを2度受けたが不合格だった[4][2]。プロレスラーへの基礎体力作りのため知人に紹介された和術慧舟會に入門、半年後に出場したPRE-PRIDE.4で優勝を飾り、プロ総合格闘技デビューを果たした。

2003年3月30日のアブダビコンバット日本予選男子88kg未満級で優勝。5月17日のアブダビコンバット世界大会では、1回戦でマット・リンドランドと対戦し敗北。10月10日にロシアの総合格闘技団体M-1 Globalに参戦し、アマール・スロエフと対戦するがTKO負け。

2004年2月15日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の弐-桜井隆多と対戦し、判定勝ち。

2005年11月5日、HERO'S初参戦となったHERO'S 2005 in SEOULでイ・ミョンジュと対戦し、タオル投入によるTKO勝ち。

2006年1月20日、Rumble on the Rockのウェルター級(-79.5kg)トーナメントの1回戦でアンデウソン・シウバと対戦。テイクダウンを奪った直後、グラウンド状態でシウバが岡見の顔を蹴り上げる(ペダラーダ)という反則を犯したため、失格勝ちとなった。準決勝ではジェイク・シールズに判定負けを喫した。

UFC[編集]

2006年8月26日、UFC初参戦となったUFC 62アラン・ベルチャーを判定で下すと、10月14日のUFC 64ではカリブ・スターンズにTKO勝利。続く12月30日のUFC 66ではローリー・シンガーにマウントパンチでギブアップ勝利を収めた。

2007年4月8日、UFC 69で、互いにUFC無敗同士のマイク・スウィックと対戦。3-0の判定勝ちを収め、UFC4連勝を飾った。1週間後の4月15日、ADCC JAPAN TRIAL(アブダビコンバット日本最終予選)男子88kg未満級で優勝。5月4日のアブダビコンバット世界大会では、1回戦でデミアン・マイアと対戦し敗北(マイアは優勝を果たした)。6月16日、UFC 72のメインイベントでリッチ・フランクリンと対戦。善戦するも、判定負けを喫し、UFCデビュー以来の連勝は4でストップした。10月20日のUFC 77ジェイソン・マクドナルドと対戦し、判定勝ち。この大会から「サンダー」というニックネームが付けられた[5]

2008年3月1日、UFC 82エヴァン・タナーと対戦し、2Rに首相撲からの膝蹴りによるKO勝ち。9月6日のUFC 88でアンデウソン・シウバの持つミドル級王座への挑戦が決まりかけたが、タナー戦で骨折した右拳の影響で実現しなかった[6]。12月27日、UFC 92ディーン・リスターと対戦、3-0で判定勝ちを収めた[7]

2009年5月24日、UFC 98ダン・ミラーとの対戦が決定していたが、膝の負傷で欠場した[8]。10月24日、UFC 104チェール・ソネンに判定負け、UFC2敗目を喫した[9]

2010年3月31日、UFC Fight Night: Florian vs. Gomiルシオ・リニャーレスと対戦。1Rにリニャーレスの左目尻をカットさせると、2Rに傷がひどくなりドクターストップによるTKO勝ち[10]。8月1日のUFC Live: Jones vs. Matyushenkoではマーク・ムニョスを相手に接戦の末2-1の判定勝ちを収めた[11]

2010年11月13日、UFC 122ネイサン・マーコートと対戦し、3-0の判定勝ちを収めた[12]。UFC世界ミドル級王座挑戦権を賭けた試合に勝ったことで王座挑戦権を獲得した[13]。UFC戦績は12戦10勝2敗となった。

2011年8月27日、ブラジルで開催されたUFC 134アンデウソン・シウバの持つUFC世界ミドル級王座に挑戦したが、2R序盤に右フックからのパウンドを受けTKO負けを喫し王座獲得に失敗した[14]

2012年2月26日、日本で開催されたUFC 144ティム・ボッシュと対戦。マウントポジションを奪うなど2Rまで優勢に進めるも、3Rはボッシュに押し込まれ、ケージ際でクリンチアッパーの連打を受け逆転のTKO負け。UFC2連敗となった。

2012年8月11日、UFC 150でバディ・ロバーツと対戦し、2RにバックマウントパンチでTKO勝ち。当初はルイス・カーニと対戦する予定であったが、カーニの負傷で対戦相手がホジマール・パリャーレスに変更。しかし、パリャーレスも負傷で欠場し、約二週間前にロバーツと対戦することが発表された[15]

2012年12月29日、UFC 155アラン・ベルチャーと再戦し、判定勝ち。

2013年3月3日、日本で開催されたUFC on Fuel TV 8でミドル級ランキング8位のヘクター・ロンバードと対戦し、僅差の判定勝ち。

2013年6月19日、自身のブログ上において入籍したことを発表した[16]

2013年9月4日、UFC Fight Night: Teixeira vs. Baderでミドル級ランキング5位のホナウド・ジャカレイと対戦し、1RTKO負け。その後UFCからリリースされた事が報じられた[17]。リリース時もUFCの公式ランキングではミドル級6位に位置しており、連敗をしていない上位ランカーがUFCをリリースされるのは稀なケースである。UFC戦績を13勝5敗とした。

WSOF[編集]

2013年10月14日、レイ・セフォーが代表を務める総合格闘技団体WSOFと独占契約を結んだ[18]

2014年3月29日、WSOF 9でスヴェトロザル・ザヴォフと対戦し、2R肩固めで一本勝ち。

2014年11月15日、WSOF 15の世界ミドル級タイトルマッチでデヴィッド・ブランチと対戦し、パウンドでTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。

2015年10月17日、ウェルター級転向初戦となったWSOF 24でジョン・フィッチと対戦し、0-3の判定負けを喫した。

2016年12月31日、WSOF 34でポール・ブラッドリーと対戦し、2-1の判定勝ちを収めた。

UFC復帰[編集]

2017年9月22日、UFC Fight Night: Shogun vs. Saint Preux 2において、マウリシオ・ショーグンの負傷欠場により、急遽代役での出場が決まった[19]。UFCへの復帰は4年ぶり。また、それに伴って大会名もUFC Fight Night: Saint Preux vs. Okamiに変更されている[20]

人物・エピソード[編集]

戦績[編集]

プロ総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
45 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
34 11 6 15 1 0 0
11 5 1 5 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× オヴィンス・サンプルー 1R 1:40 ヴォンフルーチョーク UFC Fight Night: Saint Preux vs. Okami 2017年9月22日
アンドレ・ロバト 5分3R終了 判定3-0 PFL: Everett 2017年7月29日
ポール・ブラッドリー 5分3R終了 判定2-1 WSOF 34: Gaethje vs. Firmino 2016年12月31日
鈴木槙吾 1R 2:06 チョークスリーパー PANCRASE 279 2016年7月24日
桜井隆多 2R 4:23 TKO(タオル投入) DEEP 75 IMPACT 〜DEEP15周年大会〜 2016年2月27日
× ジョン・フィッチ 5分3R終了 判定0-3 WSOF 24: Fitch vs. Okami 2015年10月17日
× デヴィッド・ブランチ 4R 3:39 TKO(右フック→パウンド) WSOF 15: Branch vs. Okami
【WSOF世界ミドル級タイトルマッチ】
2014年11月15日
スヴェトロザル・ザヴォフ 2R 4:46 肩固め WSOF 9: Carl vs. Palhares 2014年3月29日
× ホナウド・ジャカレイ 1R 2:47 TKO(右ストレート→パウンド) UFC Fight Night: Teixeira vs. Bader 2013年9月4日
ヘクター・ロンバード 5分3R終了 判定2-1 UFC on Fuel TV 8: Silva vs. Stann 2013年3月3日
アラン・ベルチャー 5分3R終了 判定3-0 UFC 155: dos Santos vs. Velasquez 2 2012年12月29日
バディ・ロバーツ 2R 3:05 TKO(バックマウントパンチ) UFC 150: Henderson vs. Edgar 2 2012年8月11日
× ティム・ボッシュ 3R 0:54 TKO(スタンドパンチ連打) UFC 144: Edgar vs. Henderson 2012年2月26日
× アンデウソン・シウバ 2R 2:04 TKO(右フック→パウンド) UFC 134: Silva vs. Okami
【UFC世界ミドル級タイトルマッチ】
2011年8月27日
ネイサン・マーコート 5分3R終了 判定3-0 UFC 122: Marquardt vs. Okami 2010年11月13日
マーク・ムニョス 5分3R終了 判定2-1 UFC Live: Jones vs. Matyushenko 2010年8月1日
ルシオ・リニャーレス 2R 2:47 TKO(ドクターストップ) UFC Fight Night: Florian vs. Gomi 2010年3月31日
× チェール・ソネン 5分3R終了 判定0-3 UFC 104: Machida vs. Shogun 2009年10月24日
ディーン・リスター 5分3R終了 判定3-0 UFC 92: The Ultimate 2008 2008年12月27日
エヴァン・タナー 2R 3:00 KO(左膝蹴り) UFC 82: Pride of a Champion 2008年3月1日
ジェイソン・マクドナルド 5分3R終了 判定3-0 UFC 77: Hostile Territory 2007年10月20日
× リッチ・フランクリン 5分3R終了 判定0-3 UFC 72: Victory 2007年6月16日
マイク・スウィック 5分3R終了 判定3-0 UFC 69: Shootout 2007年4月7日
ローリー・シンガー 3R 4:03 ギブアップ(マウントパンチ) UFC 66: Liddell vs. Ortiz 2 2006年12月30日
カリブ・スターンズ 3R 1:40 TKO(バックマウントパンチ) UFC 64: Unstoppable 2006年10月14日
アラン・ベルチャー 5分3R終了 判定3-0 UFC 62: Liddell vs. Sobral 2006年8月26日
竹内出 3R 3:39 TKO(マウントパンチ) D.O.G VI 2006年6月11日
パン・ジウォン 1R 4:38 TKO(パウンド) MARS WORLD FIGHTING GP in 幕張 2006年5月13日
× ジェイク・シールズ 5分3R終了 判定0-2 Rumble on the Rock 9
【ウェルター級トーナメント 準決勝】
2006年4月21日
アンデウソン・シウバ 1R 2:33 失格(ペダラーダ) Rumble on the Rock 8
【ウェルター級トーナメント 1回戦】
2006年1月20日
イ・ミョンジュ 1R 2:44 TKO(タオル投入) HERO'S 2005 in SEOUL 2005年11月5日
ダミアン・リシオ 1R 2:24 TKO(パウンド) D.O.G III 2005年9月17日
ニック・トンプソン 1R 0:29 ギブアップ(右肘の脱臼) D.O.G II 2005年6月11日
ブライアン・フォスター 3R 2:53 肩固め D.O.G 2005年3月12日
石川英司 5分3R終了 判定3-0 PANCRASE 2004 BRAVE TOUR 2004年10月12日
× ファラニコ・ヴァイタレ 5分3R終了 判定1-2 SuperBrawl 36 2004年6月18日
桜井隆多 5分2R終了 判定3-0 PRIDE 武士道 -其の弐- 2004年2月15日
窪田幸生 1R 1:47 TKO(パウンド) DEMOLITION 2004年1月18日
× アマール・スロエフ 1R 4:44 TKO(パウンド) M-1 MFC: Russia vs. The World 6 2004年6月18日
花田和弘 1R 4:47 TKO(マウントパンチ) DEMOLITION 2003年7月21日
長谷川秀彦 5分2R終了 判定3-0 DEMOLITION 2003年5月1日
佐藤光留 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2003 HYBRID TOUR 2003年1月26日
中台宣 5分2R終了 判定3-0 PANCRASE 2002 SPIRIT TOUR 2002年11月30日
スティーブ・ホワイト 2R 3:25 ギブアップ(マウントパンチ) THE BEST Vol.3 2002年10月20日
佐々木恭介 5分2R終了 判定3-0 DEMOLITION 2002年9月8日

アマチュア総合格闘技[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
松田英久 1R 3:25 TKO(マウントパンチ) THE BEST Vol.2 2002年7月20日
ツツイユウキ 1R 三角絞め PRE-PRIDE.4
【決勝】
2002年3月17日
内藤征弥 判定 PRE-PRIDE.4
【準決勝】
2002年3月17日
大野敏彦 判定 PRE-PRIDE.4
【1回戦】
2002年3月17日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× デミアン・マイア ポイント(-1)-0 ADCC 2007
【88kg未満級 1回戦】
2007年5月5日
三原秀美 ポイント2-0 ADCC 2007 JAPAN TRIAL
【88kg未満級 決勝】
2007年4月15日
山下志功 ポイント8-0 ADCC 2007 JAPAN TRIAL
【88kg未満級 準決勝】
2007年4月15日
大類宗次朗 ポイント5-2 ADCC 2007 JAPAN TRIAL
【88kg未満級 1回戦】
2007年4月15日
× マット・リンドランド ポイント ADCC 2003
【88kg未満級 1回戦】
2003年5月17日
山下志功 ポイント5-0 ADCC 2003 日本予選
【88kg未満級 決勝】
2003年3月30日
守屋健一朗 ADCC 2003 日本予選
【88kg未満級 準決勝】
2003年3月30日
外山慎平 ADCC 2003 日本予選
【88kg未満級 2回戦】
2003年3月30日
西口正人 ポイント6-0 ADCC 2003 日本予選
【88kg未満級 1回戦】
2003年3月30日

獲得タイトル[編集]

  • PRE-PRIDE.4 優勝(2002年)
  • ADCC 2003 日本予選 88kg未満級 優勝(2003年)
  • ADCC 2007 日本予選 88kg未満級 優勝(2007年)

出演[編集]

テレビ[編集]

CM[編集]

入場テーマ曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Sherdog Official Mixed Martial Arts Rankings - Middleweight(ミドル級で2位) SHERDOG 2009年6月15日
    MMA's Top Ten - MIDDLEWEIGHT DIVISION(ミドル級で2位) MMA WEEKLY 2009年6月15日更新
    「一目で分かる! 7階級世界総合格闘家ランキングTOP30」(ミドル級で5位) 『GONKAKU』2008年4月号
  2. ^ a b 布施鋼治 (2012年3月1日). “総合格闘技のメジャーリーガー・岡見勇信。その強さの秘密とは?”. 週プレNEWS. 2012年6月6日閲覧。
  3. ^ 【GCM】UFCで活躍する岡見勇信、サンダーのニックネームの由来は意外なところから livedoorスポーツ 2007年11月12日
  4. ^ RJW 2006年8月31日 Archived 2011年8月8日, at the Wayback Machine.
  5. ^ Okami Brings Enough 'Thunder' to outpoint MacDonald on UFC 77 undercard UFC公式サイト 2007年10月21日
  6. ^ 岡見&長南、UFC年末大会出場決定、その相手とは?=UFC92 スポーツナビ 2008年11月4日
  7. ^ 【UFC92】エヴァンスが現代MMAの最高峰へ MMAPLANET 2008年12月28日
  8. ^ 【UFC98】吉田善行、UFC残留へ勝負のウォルフ戦 MMAPLANET 2009年5月19日
  9. ^ 【UFC104】ソネンにみる奥深さ、岡見の復帰戦は完敗 MMAPLANET 2009年10月25日
  10. ^ 【UFN21】岡見、UFC10戦目は成長みせつける快勝 MMAPLANET 2010年4月1日
  11. ^ 【UFC】岡見が勝利、前に出る姿勢で接戦を制す MMAPLANET 2010年8月2日
  12. ^ 【UFC122】岡見勇信、ジャッジ泣かせの一戦で結果残す MMAPLANET 2010年11月14日
  13. ^ 【UFC122】岡見勇信、最後の難関=マーコート越えへ MMAPLANET 2010年11月13日
  14. ^ 【UFC134】アンデウソンが王座防衛、岡見を寄せ付けず MMAPLANET 2011年8月28日
  15. ^ [1] 2012年7月25日
  16. ^ ご報告 岡見勇信オフィシャルブログ 2013年6月19日
  17. ^ Yushin Okami released from the UFC MMA Fighting 2013年9月27日
  18. ^ Yushin Okami signs with World Series of Fighting MMA Fighting 2013年10月13日
  19. ^ マウリシオ・ショーグンがUFC FIGHT NIGHT 116 IN JAPANを欠場。代役として岡見勇信がオヴィンス・サンプルーと対戦。 Martialarts 2017年9月17日
  20. ^ UFCファイトナイト・ジャパン/2017年 UFC®公式日本語サイト 2017年9月20日閲覧
  21. ^ なぜ岡見勇信は語られないか/大沢ケンジ「オーケンの日本格闘技計画」 人間風車 2012年8月23日

参考文献[編集]

  • 「岡見勇信 柔道県大会32位から格闘技のメジャーリーガーへ」『Fight&Life』vol.11、アイアンマン2009年3月号増刊、2009年1月、フィットネススポーツ

関連項目[編集]

外部リンク[編集]