ヘクター・ロンバード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘクター・ロンバード
Hector Lombard.png
基本情報
本名 エクトル・ミゲル・ロンバルド・ペドロサ
(Hector Miguel Lombard Pedrosa)
通称 ショーウェザー (Showeather)
ライトニング (Lightning)
シャンゴ (Shango)
褐色の姿三四郎
国籍 キューバの旗 キューバ
オーストラリアの旗 オーストラリア
生年月日 1978年2月2日(38歳)
出身地 キューバの旗 キューバ
ハバナ
所属 吉田道場
→First Rate/Ultimate
アメリカン・トップチーム
身長 175cm
体重 77kg
リーチ 180cm
階級 ミドル級
ウェルター級
バックボーン 柔道ボクシング
テーマ曲 Born Again(Newsboys)
テンプレートを表示

ヘクター・ロンバードHector Lombard1978年2月2日 - )は、キューバ男性総合格闘家、元柔道家。ハバナ出身。アメリカン・トップチーム所属。柔道四段。ブラジリアン柔術黒帯。元Bellator世界ミドル級王者。

ニックネームの「シャンゴ」とは、アフリカに伝わる雷神の名前。

来歴[編集]

母国キューバでは柔道で国内王者の座に7回就いた実力を持ち、2000年シドニーオリンピックには73kg級のキューバ代表として出場した。その後オーストラリアクイーンズランド州に移住し、ボクシング総合格闘技を学び、2004年にプロデビュー[1]

2006年3月3日、XFCライトヘビー級王座決定戦でデビッド・フレンディンと対戦し、開始52秒でKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2006年3月18日、Xplosion 13で高瀬大樹と対戦し、1RKO勝ち。

2006年6月4日、PRIDE初参戦となったPRIDE 武士道 -其の十一-のウェルター級(-83kg)グランプリ1回戦で郷野聡寛と対戦し、0-3の判定負け。

2006年11月5日、PRIDE 武士道 -其の十三-のウェルター級グランプリリザーブマッチでゲガール・ムサシと対戦し、0-3の判定負け。

2007年11月17日、UFC 78カロ・パリジャンと対戦予定だったが、パスポートの問題でアメリカに入国できず、欠場した。

2007年11月21日、CFCミドル級王座決定戦でジャン=フランソワ・レノグと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

Bellator[編集]

2009年4月17日、Bellator初参戦となったミドル級トーナメント1回戦でヴァージル・ロザーノと対戦し、KO勝ち。5月29日の準決勝でダミアン・ステリーと対戦し、バックマウントパンチでTKO勝ち。6月19日、決勝でジャレッド・ヘスと対戦し、ドクターストップでTKO勝ちを収め優勝を果たし、初代Bellator世界ミドル級王座に認定された。

2010年5月13日、Bellator 18のメインイベントでパウロ・フィリオとのノンタイトル戦が予定されていたが、フィリオの負傷により、代役のジェイ・シウバと190ポンド契約のノンタイトル戦を行い、Bellatorでは最短記録となる開始6秒でのKO勝ちを収めた。8月12日のBellator 24ではハーバート・グッドマンとノンタイトル戦で対戦。右フックでダウンさせ、開始38秒でマウントパンチによるKO勝ちを収めた。試合後にはマイクで、「ジョシュ・バーネットよ。体重差は関係ない。俺はお前と戦いたい。」と、ヘビー級ファイターのジョシュを挑発した。[2]

2010年10月28日、Bellator 34で行われたミドル級タイトルマッチでアレキサンダー・シュレメンコと対戦し、3-0の判定勝ちを収め初防衛に成功した。

2011年は、ジョー・ドークセンジェシー・テイラーといった元UFCファイターから勝利を収め、連勝を24まで伸ばした。

UFC[編集]

2012年4月24日、UFCと契約をしたことが発表された[3]

UFC on FOX 4にて、UFCデビュー戦でブライアン・スタンと対戦する予定であったが、スタンの怪我のため試合が消滅。その後、UFC 149にて、ティム・ボッシュと対戦する予定だったマイケル・ビスピンが怪我で欠場したため、代わりにボッシュと対戦することが決定した。

2012年7月21日、UFC 149ティム・ボッシュと対戦。ロンバードのミドルキックでボッシュが顔を歪めて苦しそうに後退するシーンなども見られたが、1-2の判定負け。これにより自身の連勝も24でストップした。

2012年12月14日、UFC on FX 6ホジマール・パリャーレスと対戦し、1RKO勝ち。UFC初勝利となった。

2013年3月3日、UFC on Fuel TV 8でミドル級ランキング4位の岡見勇信と対戦し、1-2の判定負け。

2013年10月19日、ウェルター級転向初戦となったUFC 166ネイサン・マーコートと対戦し、パウンドでKO勝ちを収めた。

2014年3月15日、UFC 171でウェルター級ランキング6位のジェイク・シールズと対戦し、3-0の判定勝ち。

2015年1月3日、UFC 182ジョシュ・バークマンと対戦し、3-0の判定勝ち。試合後の薬物検査で禁止薬物ステロイドの一種であるデソキシメチルテストステロンの陽性反応が検出され、ネバダ州アスレチック・コミッションから1年間の出場停止処分を受け、裁定もノーコンテストに変更された[4]

2016年3月19日、UFC Fight Night: Hunt vs. Mirでウェルター級ランキング9位のニール・マグニーと対戦し、パウンドでTKO負け。

2016年6月4日、ミドル級再転向初戦となったUFC 199でミドル級ランキング15位のダン・ヘンダーソンと対戦し、右肘打ちでKO負け。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
43 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
34 19 7 8 0 1 2
6 2 0 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ダン・ヘンダーソン 2R 1:27 KO(右肘打ち) UFC 199: Rockhold vs. Bisping 2 2016年6月4日
× ニール・マグニー 3R 0:46 TKO(パウンド) UFC Fight Night: Hunt vs. Mir 2016年3月19日
ジョシュ・バークマン ノーコンテスト(薬物検査失格) UFC 182: Jones vs. Cormier 2015年1月3日
ジェイク・シールズ 5分3R終了 判定3-0 UFC 171: Hendricks vs. Lawler 2014年3月15日
ネイサン・マーコート 1R 1:48 KO(左アッパー→パウンド) UFC 166: Velasquez vs. dos Santos 3 2013年10月19日
× 岡見勇信 5分3R終了 判定1-2 UFC on Fuel TV 8 2013年3月3日
ホジマール・パリャーレス 1R 3:38 KO(左フック→パウンド) UFC on FX 6 2012年12月14日
× ティム・ボッシュ 5分3R終了 判定1-2 UFC 149: Faber vs. Barao 2012年7月21日
トレヴァー・プラングリー 2R 1:06 TKO(パウンド) Bellator 58 2011年11月19日
ジェシー・テイラー 2R 1:26 ヒールホールド Australian FC 2: Lombard vs. Taylor
【Australian FCミドル級王座決定戦】
2011年12月3日
ファラニコ・ヴァイタレ 3R 0:54 KO(パンチ) Bellator 44 2011年6月14日
ジョー・ドークセン 1R 4:13 TKO(ドクターストップ) Cage Fighting Championships 16
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2011年3月25日
アレキサンダー・シュレメンコ 5分5R終了 判定3-0 Bellator 34
【Bellator世界ミドル級タイトルマッチ】
2010年10月28日
ハーバート・グッドマン 1R 0:38 KO(マウントパンチ) Bellator 24 2010年8月12日
ジェイ・シウバ 1R 0:06 KO(左フック) Bellator 18 2010年5月13日
アート・サントーレ 1R 4:23 TKO(ドクターストップ) CFC 12: Lombard vs. Santore
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2010年3月12日
ジョーイ・ゴルシンスキー 5分3R終了 判定3-0 G-Force Fights: Bad Blood 3 2010年2月4日
カリブ・スターンズ 1R 1:55 ギブアップ(パウンド) CFC 11
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2009年11月20日
ジャレッド・ヘス 4R 1:41 TKO(ドクターストップ) Bellator XII
【ミドル級トーナメント 決勝】
2009年6月19日
ダミアン・ステリー 1R 2:56 TKO(バックマウントパンチ) Bellator VII
【ミドル級トーナメント 準決勝】
2009年5月29日
ヴァージル・ロザーノ 1R 1:10 KO(パンチ) Bellator III
【ミドル級トーナメント 1回戦】
2009年4月17日
ロン・ヴェルダデロ 1R 0:20 TKO(パウンド) CFC 7: Battle at the Big Top
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2009年2月20日
ブライアン・エバーソール 4R 1:56 ギブアップ(パンチ連打) Cage Fighting Championships 5
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2008年9月12日
ファビアーノ・カポアーニ 2R 0:23 TKO(グラウンドの肘打ち) Cage Fighting Championships 4
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2008年5月23日
トリスタン・ヤンカー 1R 3:10 TKO(タオル投入) Cage Fighting Championships 3
【CFCミドル級タイトルマッチ】
2008年2月15日
ダミール・ミハイロヴィッチ 5分3R終了 判定3-0 Serbia vs. Australia 2007年12月21日
ジャン=フランソワ・レノグ 5分3R終了 判定3-0 Cage Fighting Championships 2
【CFCミドル級王座決定戦】
2007年11月23日
栗栖達也 1R 0:48 TKO(タオル投入) X-Agon 2 2007年11月2日
カイル・ノーク 5分3R終了 ドロー Cage Fighting Championships 1 2007年7月28日
ファビオ・フェルナンデス 1R 3:20 KO(パンチ連打) Oceania Fighting Championships 2007年5月19日
九十九優作 5分3R終了 判定3-0 Warriors Realm 9 2007年5月12日
ジェームス・テフナ 1R 3:50 ギブアップ(右肩の負傷) Warriors Realm 8 2007年3月24日
石川英司 1R 0:50 TKO(スタンドパンチ連打) DEEP 28 IMPACT 2007年2月16日
× ゲガール・ムサシ 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の十三-
【ウェルター級グランプリ リザーブマッチ】
2006年11月5日
キム・ジェヨン 1R 1:36 腕ひしぎ十字固め Spirit MC 9: Welterweight GP Opening 2006年10月8日
マイケル・レイヴェンスクロフト 5分3R終了 判定3-0 Dojo KO: Second Elimination 2006年7月22日
× 郷野聡寛 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の十一-
【ウェルター級グランプリ 1回戦】
2006年6月4日
マシュー・トア 1R 0:36 腕ひしぎ十字固め Ultimate Promotions: Total Termination 2006年4月1日
高瀬大樹 1R 4:40 KO(左フック) X-plosion 13 2006年3月18日
デビッド・フレンディン 1R 0:52 KO(パンチ連打) XFC 10
【XFCライトヘビー級王座決定戦】
2006年3月3日
アダム・ボーク 1R 1:44 アンクルホールド XFC 9: Lightweight Grand Prix 2005年11月26日
クリス・ブラウン 1R ノーコンテスト(反則) Warriors Realm 3 2005年3月12日
マイケル・グルニンダイク 5分2R 判定3-0 Spartan Reality Fight 11 2004年9月26日

獲得タイトル[編集]

  • 初代XFCライトヘビー級王座(2006年)
  • 初代CFCミドル級王座(2007年)
  • Bellatorシーズン1 ミドル級トーナメント 優勝(2009年)
  • 初代Bellator世界ミドル級王座(2009年)
  • 初代Australian FCミドル級王座(2011年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
王座新設
初代Bellator世界ミドル級王者

2009年6月19日 - 2012年4月24日

空位
次タイトル獲得者
アレキサンダー・シュレメンコ