カロ・パリジャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
カロ・パリジャン
基本情報
本名 カラペット・パリジャン
(Karapet Parisyan)
通称 ザ・ヒート (The Heat)
国籍 アルメニアの旗 アルメニア
生年月日 (1982-08-28) 1982年8月28日(35歳)
出身地 エレバン
所属 フリーランス
→ゴーゴーズ
ジャクソンズMMA
身長 178cm
体重 77kg
リーチ 192cm
階級 ウェルター級
バックボーン 柔道ブラジリアン柔術
テンプレートを表示

カロ・パリジャンアルメニア語: Կարո Փարիզյան英語: Karo Parisyan1982年8月28日 - )は、アルメニア男性総合格闘家エレバン出身。アメリカ合衆国カリフォルニア州ノースハリウッド在住。ジャクソンズMMA所属。元WEC世界ウェルター級王者。カロ・パリーシャンとも表記される。

試合では一本背負い大外刈り内股払い腰などの柔道の投げ技を多用し、一際異彩を放っている。

総合格闘家のマニー・ガンブリャンは従兄弟。

来歴[編集]

6歳のときに、家族と共にアルメニアからアメリカのカリフォルニア州へ移住した。

9歳からゴーコージムでアルメニア系であるゴーコー・シヴィシアンに柔道を習い始め、14歳でプロ総合格闘技デビュー。

2003年9月26日、UFC初参戦となったUFC 44でデイブ・ストラッサーと対戦し、チキンウィングアームロックで一本勝ち。

2004年5月21日、WEC 10の世界ウェルター級タイトルマッチでショーニー・カーターと対戦し、3-0の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。その後、UFCに専念するため同王座を返上した。

2006年8月17日、UFC Fight Night 6ディエゴ・サンチェスと対戦し、0-3の判定負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。なお、この試合ではサンチェスの膝蹴りでパリジャンの前歯が吹き飛ぶ場面があった。

2007年11月17日、UFC 78長南亮と対戦し、3-0の判定勝ち。

2008年9月6日、UFC 88吉田善行と対戦予定であったが、自身の背中負傷により欠場となった。欠場発表は前日の計量終了後に正式発表された。

2009年1月31日、UFC 94キム・ドンヒョンに2-1の判定勝ちを収めるも、後に禁止されている鎮痛剤(ヒドロコドンヒドロモルフォンオキシモルホン)を使用していたことが発覚し[1]、ノーコンテストに裁定変更となり9か月間の出場停止と32,000ドルの罰金を科せられた[2]。11月21日、UFC 106ダスティン・ヘイズレットと対戦予定であったが、欠場となった[3]

2010年7月10日、Impact FC旗揚げ戦でベン・モルティマーと対戦し、チョークスリーパーで一本勝ち。

2010年11月20日、UFC復帰戦となったUFC 123デニス・ホールマンと対戦し、右フックでダウンしたところにパウンドで追撃されTKO負けを喫した[4]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
36 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
24 2 12 10 0 0 1
11 6 1 4 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× フェルナンド・ゴンザレス 1R 1:43 TKO(左フック→パウンド) Bellator 127 2014年10月3日
フィル・バローニ 1R 2:06 TKO(スタンドパンチ連打) Bellator 122 2014年7月25日
ロン・ケスラー 2R 4:05 TKO(右フック→パウンド) Bellator 116 2014年4月11日
× リック・ホーン 2R 1:55 KO(右アッパー→パウンド) Bellator 95 2013年4月4日
エドワード・ダービー 1R 2:10 腕ひしぎ十字固め Gladiator Challenge: Heat Returns 2012年10月28日
タイガー・ボンズ 1R 1:03 腕ひしぎ十字固め Gladiator Challenge 2012年9月29日
× ジョン・ガンダーソン 1R 2:47 ギロチンチョーク ShoFight 20 2012年6月16日
トーマス・デニー 5分3R終了 判定3-0 WMMA 1: Fighting for a Better 2012年3月31日
× ジョーダン・スミス 5分3R終了 判定1-2 Amazon Forest Combat 1 2011年9月14日
× ライアン・フォード 3R 1:26 TKO(ドクターストップ) JEG: MMA Live 1 2011年5月19日
× デニス・ホールマン 1R 1:47 TKO(右フック→パウンド) UFC 123: Rampage vs. Machida 2010年11月20日
ベン・モルティマー 2R 4:18 チョークスリーパー Impact FC 1: The Uprising Brisbane 2010年7月10日
キム・ドンヒョン ノーコンテスト(薬物検査失格) UFC 94: St-Pierre vs. Penn 2 2009年1月31日
× チアゴ・アウベス 2R 0:34 TKO(膝蹴り→パウンド) UFC Fight Night: Florian vs. Lauzon 2008年4月2日
長南亮 5分3R終了 判定3-0 UFC 78: Validaton 2007年11月17日
ジョシュ・バークマン 5分3R終了 判定3-0 UFC 71: Liddell vs. Jackson 2007年5月26日
ドリュー・フィケット 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Sanchez vs. Riggs 2006年12月13日
× ディエゴ・サンチェス 5分3R終了 判定0-3 UFC Fight Night 6 2006年8月17日
ニック・トンプソン 1R 4:44 ギブアップ(パウンド) UFC 59: Reality Check 2006年4月15日
マット・セラ 5分3R終了 判定3-0 UFC 53: Heavy Hitters 2005年6月4日
クリス・ライトル 5分3R終了 判定3-0 UFC 51: Super Saturday 2005年2月5日
ニック・ディアス 5分3R終了 判定2-1 UFC 49: Unfinished Business 2004年8月21日
ショーニー・カーター 5分3R終了 判定3-0 WEC 10: Bragging Rights
【WEC世界ウェルター級タイトルマッチ】
2004年5月21日
× ジョルジュ・サンピエール 5分3R終了 判定0-3 UFC 46: Supernatural 2004年1月31日
デイブ・ストラッサー 1R 3:52 チキンウィングアームロック UFC 44: Undisputed 2003年9月26日
フェルナンド・ヴァスコンセーロス 5分3R終了 判定3-0 KOTC 22: Steel Warrior 2003年3月23日
アントニオ・マッキー 5分3R終了 判定3-0 UAGF 3: Ultimate Cage Fighting 3 2003年2月15日
ダレル・スミス 1R 0:59 腕ひしぎ十字固め Reality Submission Fighting 3 2001年3月30日
× ショーン・シャーク 1R 16:20 TKO(タオル投入) Reality Submission Fighting 2 2001年1月5日
× ショーン・シャーク 18分1R終了 判定0-3 Reality Submission Fighting 1 2000年10月10日
グイド・ジェニングス 1R 6:33 チョーク Kage Kombat 16 1999年6月7日
ジャスティン・バンファス 1R チョーク Empire Submission Fighting: Empire One 1999年5月15日
スコット・デイヴィス 1R 2:16 腕ひしぎ十字固め Kage Kombat 14 1999年4月5日
ジェイソン・リッジャース 1R 1:58 腕ひしぎ十字固め Kage Kombat 14 1999年4月5日
ザック・マッキニー 1R 0:23 腕ひしぎ十字固め Kage Kombat 12 1999年2月1日
ブライアン・ウォーレン 1R 0:44 アンクルホールド Kage Kombat 12 1999年2月1日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
AJ・アガザーム 20分終了 時間切れ Metamoris The Underground 2015年8月14日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

  • ブラジリアン柔術 黒帯
  • 柔道 黒帯
  • UFC ファイト・オブ・ザ・ナイト(1回)
  • UFC ファイト・オブ・ザ・イヤー(2006年)
  • SHERDOG ファイト・オブ・ザ・イヤー(2006年)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ショーニー・カーター
第3代WEC世界ウェルター級王者

2004年5月21日 - 2005年10月

空位
次タイトル獲得者
マイク・パイル