ブライアン・スタン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブライアン・スタン
Brian Stann receives Silver Star.jpg
基本情報
本名 ブライアン・マイケル・スタン
(Brian Michael Stann)
通称 オール・アメリカン (All American)
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 1980年9月24日(35歳)
出身地 日本の旗 日本
東京都
所属 チーム・クエスト・サウス
ジャクソンズMMA
身長 185cm
体重 93kg
リーチ 188cm
階級 ライトヘビー級
ミドル級
バックボーン ボクシング
テーマ曲 Diamond Eyes (Boom-Lay Boom-Lay Boom)
シャインダウン
テンプレートを表示

ブライアン・スタンBrian Stann1980年9月24日 - )は、アメリカ合衆国男性総合格闘家日本東京都出身。ジャクソンズMMA所属。元WEC世界ライトヘビー級王者。

イラク戦争における活躍に対し、米軍の勲章としては三番目に高位である(シルバースター)を2006年に授与されている。

来歴[編集]

父親の赴任先だった日本横田基地で生まれ、ペンシルベニア州スクラントンで育った。

2003年海軍兵学校に入学し、ミドルラインバッカーとしてアメリカンフットボールを経験した。卒業後はアメリカ海兵隊に入隊した。

2004年5月、海兵隊でのトレーニングの一環として総合格闘技のトレーニングを開始した。

2005年5月、海兵隊将校として参加したイラク戦争中のミッションで、隊の副隊長として危機的な状況から42人の隊員全てを生還させたことによって、翌年に勲章(シルバースター)を授与された[1]

2006年1月6日、チーム・クエスト主催のSportFightでプロ総合格闘技デビュー。

WEC[編集]

2006年6月15日、WEC初参戦となったWEC 21でミゲール・コシオと対戦し、TKO勝ち。

2007年3月24日、WEC 26でスティーブ・キャントウェルと対戦し、TKO勝ち。

2008年3月26日、WEC 33のWEC世界ライトヘビー級タイトルマッチで王者ダグ・マーシャルと対戦。カウンターの左フックでダウンを奪いパウンドで追撃しTKO勝ちを収め王座獲得に成功した。デビュー以来の連続1RKO勝ち記録を6に伸ばした。

2008年8月3日、WEC 35で行われたWEC世界ライトヘビー級タイトルマッチで挑戦者スティーブ・キャントウェルと再戦し、パウンドでTKO負けを喫し王座から陥落すると同時にキャリア初黒星となった[2]

UFC[編集]

2009年4月18日、UFC初参戦となったUFC 97クシシュトフ・ソシンスキーと対戦し、チキンウィングアームロックで一本負け[3]。9月16日、UFC Fight Night: Diaz vs. GuillardにおいてWECで1勝1敗であったキャントウェルとラバーマッチを行い、3-0の判定勝ちを収めた。

2010年2月6日、UFC 109フィル・デイヴィスと対戦し、グラウンドでコントロールされ続け、0-3の判定負けを喫した[4]

2010年8月1日、ミドル級転向後初戦となったUFC Live: Jones vs. Matyushenkoでマイク・マッセンジオと対戦し、三角絞めで一本勝ち。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した[5][6]

2011年1月1日、UFC 125クリス・リーベンと対戦し、パウンドでTKO勝ちを収めた[7]

2011年5月28日、UFC 130SRCミドル級王者のジョルジ・サンチアゴと対戦し、パウンドでTKO勝ち[8]。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2011年10月8日、UFC 136チェール・ソネンと対戦し、終始グラウンドでコントロールされ肩固めで一本負けを喫した。

2013年3月3日、ライトヘビー級復帰初戦となったUFC on Fuel TV 8ヴァンダレイ・シウバと対戦。お互いにダウンを奪い合う壮絶な殴り合いを展開し、左フックからのパウンドで2RKO負け。ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞した。

2013年7月、度重なる頭部へのダメージによってパンチドランカー精神病になる事を懸念して、総合格闘家を引退する事を発表。以後はUFCの解説員として活動している[9]

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
18 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
12 9 1 2 0 0 0
6 2 2 2 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ヴァンダレイ・シウバ 2R 4:08 KO(左フック→パウンド) UFC on Fuel TV 8: Silva vs. Stann 2013年3月3日
× マイケル・ビスピン 5分3R終了 判定0-3 UFC 152: Jones vs. Belfort 2012年9月22日
アレッシオ・サカラ 1R 2:26 KO(パウンド) UFC on Fuel TV 2: Gustafsson vs. Silva 2012年4月14日
× チェール・ソネン 2R 3:51 肩固め UFC 136: Edgar vs. Maynard 3 2011年10月8日
ジョルジ・サンチアゴ 2R 4:29 TKO(右フック→パウンド) UFC 130: Rampage vs. Hamill 2011年5月28日
クリス・リーベン 1R 3:37 TKO(膝蹴り→パウンド) UFC 125: Resolution 2011年1月1日
マイク・マッセンジオ 3R 3:10 三角絞め UFC Live: Jones vs. Matyushenko 2010年8月1日
× フィル・デイヴィス 5分3R終了 判定0-3 UFC 109: Relentless 2010年2月6日
ロドニー・ウォーラス 5分3R終了 判定3-0 The Ultimate Fighter: Heavyweights Finale 2009年12月5日
スティーブ・キャントウェル 5分3R終了 判定3-0 UFC Fight Night: Diaz vs. Guillard 2009年9月16日
× クシシュトフ・ソシンスキー 1R 3:53 チキンウィングアームロック UFC 97: Redemption 2009年4月18日
× スティーブ・キャントウェル 2R 4:01 TKO(右フック→パウンド) WEC 35: Condit vs. Miura
【WEC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2008年8月3日
ダグ・マーシャル 1R 1:35 TKO(左フック→パウンド) WEC 33: Marshall vs. Stann
【WEC世界ライトヘビー級タイトルマッチ】
2008年3月26日
ジェレミア・ビリングトン 1R 3:07 TKO(パンチ連打) WEC 30: McCullough vs. Crunkilton 2007年9月5日
クレイグ・ゼルナー 1R 4:57 TKO(パンチ連打) WEC 28: Faber vs. Farrar 2007年6月3日
スティーブ・キャントウェル 1R 0:41 TKO(パンチ連打) WEC 26: Condit vs. Alessio 2007年3月24日
ミゲール・コシオ 1R 0:16 TKO(パンチ連打) WEC 21: Tapout 2006年6月15日
アーロン・スターク 1R 3:14 TKO(パンチ連打) SportFight 14: Resolution 2006年1月6日

獲得タイトル[編集]

表彰[編集]

出演[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

前王者
ダグ・マーシャル
第6代WEC世界ライトヘビー級王者

2008年3月26日 - 2008年8月3日

次王者
スティーブ・キャントウェル