SENGOKU RAIDEN CHAMPIONSHIP

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SENGOKU RAIDEN CHAMPIONSHIP
設立 2007年
主催 ワールドビクトリーロード
本部 日本の旗 日本
東京都目黒区
代表者 平田一馬
テンプレートを表示

SENGOKU RAIDEN CHAMPIONSHIP(センゴク・ライデン・チャンピオンシップ)は、日本総合格闘技団体。略称はSRC(エス・アール・シー)。2009年までの団体名は戦極-SENGOKU-(せんごく)。ワールドビクトリーロードドン・キホーテの子会社)が主催していた。

2008年3月5日、「戦極 〜第一陣〜」を開催し旗揚げ。

2010年3月7日開催の「SRC12」から団体名を「SRC」に変更した。

概要[編集]

2007年に活動を停止した日本の総合格闘技イベント「PRIDE」の選手やスタッフの受け皿として発足したワールドビクトリーロード[1]が主催。

当初、大会演出は、PRIDEを運営してきた「やれんのか! 大晦日! 2007」の製作チームが担当することになっていたが[2]、 「コンセプトが合わなかった」[3]とし、立ち消えになった。

しかし、参戦選手はPRIDEを主戦場として来た吉田秀彦瀧本誠吉田道場所属選手を中心に、PRIDE武士道のエースだった五味隆典が加わり、GRABAKAパンクラスなどPRIDEに参戦していた団体やジムが選手派遣で協力している。選手契約については、選手の意思を尊重して他の大会への出場を制限せず、独占契約も結ばないとしている[4]

2008年中に6大会、2009年1月4日にニューイヤーイベント「戦極の乱2009」を開催し、ミドル級とライト級の初代王座を決定した。2009年はフェザー級グランプリを開催した。

2009年9月、2年目で初となる大晦日興行を有明コロシアムで開催するとともにこの大会から団体名を「SENGOKU RAIDEN CHAMPIONSHIP」に変更することが発表された。11月20日、大晦日興行を有明コロシアムから別会場へ変更予定であると発表したが[5]、11月25日には「Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜」でのSRC vs. DREAMの対抗戦を行うことを発表[6]。目玉カードであった石井慧吉田秀彦の試合もDynamite!!で行われることになった[7]。代わりに有明では提携先のひとつである日本レスリング協会主催の「ジュニアスターカップ・レスリング選手権大会」を開催した。

2009年10月、「日本格闘競技連盟」の創設に参加。

2010年12月30日、日本レスリング協会との共催、FEGの協力で「戦極 Soul of Fight」を有明コロシアムで開催[8]

活動停止[編集]

2011年1月31日ゴング格闘技に掲載された格闘技ライターである高島学による日沖発へのインタビュー記事の内容(高島がWVR側の選手契約についての不手際や、試合カードの質のばらつき、そして、現在の総合格闘技界のプロモーション側と選手側との力関係に苦言を呈している)が大きな波紋を呼び、WVRの親会社にして主催会社のドン・キホーテは今後このような内容の報道が続くならばSRCから撤退する旨を示唆し、この件を理由として4月に予定されていたSRC17を中止するという前代未聞の事態となった[9]。そして、遂に3月11日にドン・キホーテはSRCからの撤退を発表。SRCは団体消滅の危機にある[10]

2011年ミドル級王者ジョルジ・サンチアゴ、フェザー級王者の日沖発との契約を解除し、全階級空位となり事実上活動を停止した。

その後[編集]

SRCに関する権利はSRCエンタテインメントが管理しており、2014年にSRCエンタテインメントとWSOF JAPANが提携を結び、SRCのアーカイブを活かす予定である[11]

ルール[編集]

試合場にはリングを用い、一般的な総合格闘技ルールが採用されている。試合時間は1ラウンド5分で3ラウンド制。タイトルマッチのみ5ラウンド制。判定はラウンド毎に3名のジャッジによる減点法で行われ、同点の場合は必ずいずれかの選手に勝ち票を投じる。

サッカーボールキック、頭部への肘打ちは禁止されているが、踏みつけと3点ポジションでの頭部への膝蹴りは認められている。

階級[編集]

階級名称 体重 王者
ヘビー級 93.1kg以上 空位
ライトヘビー級 93.0kg以下 空位
ミドル級 83.9kg以下 空位
ウェルター級 77.1kg以下 空位
ライト級 70.3kg以下 空位
フェザー級 65.8kg以下 空位
バンタム級 61.2kg以下 空位

2007年11月27日の発表当初は、ライト級を68kg以下、フェザー級を60kg以下としていたが、2008年1月31日に60kg以下のバンタム級を新設した上で、UFC修斗など他の総合格闘技団体に近い階級制に改められた。さらに、2010年6月20日開催のSRC13より規定体重が改定された[12]

団体名[編集]

団体名は一般公募された。商標権を調査して、10,211通の応募の中の「戦国」「SENGOKU」から、和の言葉にしたいという意向から「戦極-SENGOKU-」に決定した[13]

だが、漢字表記の「戦極」では海外進出が難しいため、ローマ字表記の団体名変更を検討[14]。2009年の大晦日興行より「SENGOKU RAIDEN CHAMPIONSHIP (SRC)」に変更することが決まった。「RAIDEN」は江戸時代の大相撲の名力士「雷電爲右エ門」に因んだものである。

その後「SRC12」として2009年12月31日に開催予定だった興行は中止となり、「SRC」最初の大会は、2010年3月7日に改めて開催された「SRC12」となった。

テレビ放送[編集]

スカパー!およびケーブルテレビのスカチャン(旧パーフェクト・チョイス)、およびスカパー!e2スカチャンHD800(旧スカチャン!ハイビジョン)によるPPV方式の生中継。実況は矢野武市川勝也。解説は武田幸三秋山成勲が行っている(※呼称変更前までは実況アナウンサーとして河内孝博、解説者として高阪剛が担当していた)。後日FIGHTING TV サムライでも放送される。

旗揚げ戦に関しては、全国6か所でパブリックビューイングも行われた。地上波中継も検討されたが中止になり[15]、当日深夜の日本テレビニュース番組NEWS ZERO』で旗揚げの模様がスポーツニュースとして放送されるだけに終わった。なお、2008年3月21日放送のフジテレビの『SRS』にて旗揚げ戦の特集が組まれている[16]。また、3月17日以降、VOD配信も行われている。

その後、2008年10月改編よりテレビ東京にて地上波放送がスタート。第五陣前日に当たる9月27日に特別番組を放送し、10月5日より『最強格闘技・戦極G!』として日曜深夜枠でのレギュラー放送を開始。2009年1月4日に開催されたニューイヤーイベント『戦極の乱2009』については2時間の中継も予定していたが[17]、最終的にはレギュラー番組の30分拡大版としての放送となった。2009年6月からは番組内で若手育成を目的として開催された戦極G!杯が放送された。2009年10月より『格闘技ドキュメント SRC魂』、2010年1月より『格闘技伝説 雷電』と改称した。

開催履歴[編集]

大会名 開催年月日 会場 開催地
戦極 Soul of Fight 2010年12月30日 有明コロシアム 日本の旗 東京都江東区
SRC15 2010年10月30日 両国国技館 日本の旗 東京都墨田区
SRC14 2010年8月22日
SRC ASIA vol.1 2010年7月4日 ディファ有明 日本の旗 東京都江東区
SRC13 2010年6月20日 両国国技館 日本の旗 東京都墨田区
SRC12 2010年3月7日
戦極 〜第十一陣〜 2009年11月7日
戦極 〜第十陣〜 2009年9月23日 さいたまコミュニティアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市
戦極 〜第九陣〜 2009年8月2日 さいたまスーパーアリーナ
戦極 〜第八陣〜 2009年5月2日 国立代々木競技場第二体育館 日本の旗 東京都渋谷区
戦極 〜第七陣〜 2009年3月20日
戦極の乱2009 2009年1月4日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市
戦極 〜第六陣〜 2008年11月1日
戦極 〜第五陣〜 2008年9月28日 国立代々木競技場第一体育館 日本の旗 東京都渋谷区
戦極 〜第四陣〜 2008年8月24日 さいたまスーパーアリーナ 日本の旗 埼玉県さいたま市
戦極 〜第三陣〜 2008年6月8日
戦極 〜第二陣〜 2008年5月18日 有明コロシアム 日本の旗 東京都江東区
戦極 〜第一陣〜 2008年3月5日 国立代々木競技場第一体育館 日本の旗 東京都渋谷区

出場選手[編集]

道場[編集]

2010年8月1日、SRC本部道場 (SRC MMA Training Gym) を正式オープンした[18]。親会社であるドンキホーテ・パウきたいけぶくろ店2階内。同ジムは興行停止後も運営を継続し、SRCで唯一活動中の部門となっていたが、名称変更を経て2013年10月末に閉鎖された。

チケット代の大幅値下げ[編集]

2010年9月10日、WVRは2010年10月30日に開催される「SRC15」より、「MMAメジャースポーツ化キャンペーン」と銘打って、「SRC15」以降、開催される大会のチケット代の大幅値下げに踏み切った。向井徹WVR代表は「MMAを野球サッカーのように気軽に会場まで来て楽しめるプロスポーツにしたいという思いがあります。野球やサッカーに比べると格闘技イベントのチケットは高く『気軽に見に来て下さい』と言うのに無理があるという実態があり、チケット価格を大幅に改善することになりました」と意図を説明している[19]

だが、2010年9月22日のスポーツニッポンの記事によると、現在のSRCは対戦相手不足で試合が組まれない選手が多数いたり、吉田道場勢の離脱などにより、目玉となるカードがなくなりつつあるという興行面での問題を抱えていることが記載されている[20]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「吉田秀彦選手の出る場面はできました!」=『格闘技通信』発 福田富昭・日本総合格闘技協会会長が新団体の構想を激白! スポーツナビ 2007年10月21日
  2. ^ 3.5「戦極」旗揚げ戦に"Pの熱"が! 「やれんのか!」制作チームが演出で"参戦" スポーツナビ 2008年1月7日
  3. ^ HERO'S+やれんのか!=DREAM誕生! 桜庭やミルコが再びあの世界観へ angle JAPAN 2008年2月13日
  4. ^ 菊田vs.バローニが決定 三崎参戦、PPV生中継も=戦極 スポーツナビ 2008年1月11日
  5. ^ 12・31「SRC12」に関するお知らせ SRC 公式サイト 2009年11月20日
  6. ^ 【12.31 Dynamite!!】戦極vs.DREAMの対抗戦が決定!! SRC 公式サイト 2009年11月25日
  7. ^ 【Dynamite!!】12・31DREAM&戦極大連立会見全文(5)「チャンピオン対決をやりたい」(谷川代表) 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年11月25日
  8. ^ 【12・30戦極Soul of Fight】"朝から晩まで格闘技"大会概要発表! SRC 公式サイト 2010年11月15日
  9. ^ 月刊「ゴング格闘技」2011年3月号に掲載された、高島学氏によるインタビュー記事に対する当社の見解と対応に関して SRC公式サイト 2011年2月1日
  10. ^ 【SRC戦極】主催会社がドン・キホーテの撤退を発表、団体解散の可能性も示唆格闘技ウェブマガジンGBR 2011年3月11日
  11. ^ WSOF+パンクラスのWSOF JAPANが、今夏両国クラスの会場で第1回大会開催へ!SRCエンタテインメントとも提携 バトル・ニュース 2014年1月21日
  12. ^ [SRC] SRCバンタム級ASIAトーナメント開催。選手を公募 BoutReview 2010年6月24日閲覧
  13. ^ 【戦極】3・5「メイン級のカード」で全8試合を予定、2008年に5大会を開催 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年11月27日
  14. ^ 「SENGOKU」で海外進出へ
  15. ^ 【戦極】3・5はPRIDEに近いイベントに?三崎和雄、五味隆典にもオファー 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年1月7日
  16. ^ 【戦極】國保広報、戦極の地上派放送について「フジテレビで特集が組まれる」 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年3月18日
  17. ^ 「戦極」地上波TV進出、27日テレ東特番 nikkansports.com 2008年9月13日
  18. ^ 【SRC戦極】泉浩と真騎士がガチスパー!?本部道場での練習がスタート 格闘技ウェブマガジンGBR 2010年7月26日
  19. ^ “【SRC戦極】10・30総合格闘技をメジャースポーツへ!大会チケットを大幅値下げ”. 格闘技ウェブマガジンGBR. (2010年9月10日). http://www.gbring.com/sokuho/news/2010_09/0910_src_03.htm 2010年9月22日閲覧。 
  20. ^ “石井「DREAM16」に電撃参戦!”. スポーツニッポン. (2010年9月22日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2010/09/22/01.html 2010年9月22日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]