BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
布袋寅泰楽曲
収録アルバム キル・ビル Kill Bill: Volume 1 OST
リリース 2003年9月23日
2004年3月31日(『ELECTRIC SAMURAI』)
規格 アルバム
ジャンル ロック
レーベル EMIミュージック・ジャパン
作曲者 布袋寅泰
その他収録アルバム
ELECTRIC SAMURAI
『グリーン・ホーネット』のテーマ
(8)
BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
(9)
悲しき願い
(10)

BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY(バトル・ウィズアウト・オナー・オア・ヒューマニティー)は、布袋寅泰作曲の楽曲。別題、新・仁義なき戦いのテーマ

概要[ソースを編集]

布袋が阪本順治監督の映画『新・仁義なき戦い』に出演し、同時に音楽監督をした際に作曲された。タイトルは『仁義なき戦い』の英語直訳。

元来『新・仁義なき戦い』のメインテーマとして作曲されたものだったが、映画を見てこの曲を気に入ったクエンティン・タランティーノにより、彼の監督映画『キル・ビル』のメインテーマに採用された。曲使用のオファーが来た際、布袋は『キル・ビル』用の新曲を書き下ろして提供したいと申し出たが、タランティーノはそれを断り、この曲の流用にこだわった。結果的にこれによって本曲の知名度は大きく上がり、現在では一般的に『キル・ビル』のテーマとして知られる。

楽曲のテーマは「低温火傷」。ガツンとくるインパクトのあるものではなく、ジワジワと迫まり来るようなフレーズを意識して作曲したとのこと[1]

2004年6月30日、『アナザー・バトル』としてシングル化もされた。

アナザー・バトル[ソースを編集]

アナザー・バトル
布袋寅泰シングル
収録アルバム ELECTRIC SAMURAI
B面 BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY-SAMURAI MIX
リリース
規格 シングル
ジャンル ロック
レーベル EMIミュージック・ジャパン
作詞・作曲 布袋寅泰
布袋寅泰 シングル 年表
NOCTURNE No.9
2003年
アナザー・バトル
2004年
IDENTITY
2005年
テンプレートを表示

アナザー・バトル』は、布袋寅泰の25枚目のシングル(『DANCING WITH THE MOONLIGHT』を含めると26枚目)。2004年6月30日発売。

概要[ソースを編集]

アルバム『ELECTRIC SAMURAI』に収録された「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」をシングルカット。シングル自体のタイトルは「アナザー・バトル」としている。

収録曲[ソースを編集]

  1. BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY-ORIGINAL MIX
  2. BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY-SAMURAI MIX
  3. BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY-GUITAR KARAOKE

ミュージシャン[ソースを編集]

その他の利用[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『新・仁義なき戦い/そしてその映画音楽』セルフ・ライナーノーツより
  2. ^ スマートフォン「ツートップ」篇