DOBERMAN (アルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DOBERMAN
布袋寅泰スタジオ・アルバム
リリース
録音 ON AIR AZABU STUDIO (TOKYO)
DADA STUDIO (TOKYO)
ジャンル ロック
デジタルロック
時間
レーベル 東芝EMI / ヴァージン
プロデュース 布袋寅泰
チャート最高順位
布袋寅泰 年表
布袋寅泰 ライブ in 武道館
2002年
DOBERMAN
2003年
ELECTRIC SAMURAI
2004年
『DOBERMAN』収録のシングル
  1. NOCTURNE No.9
    リリース: 2003年8月27日
テンプレートを表示

DOBERMAN』(ドーベルマン)は日本のミュージシャン布袋寅泰の9枚目のアルバムである。

解説[編集]

SCORPIO RISING』より1年半ぶりとなるソロキャリア9作目のオリジナル・アルバムである。

前作からのストレートなロックンロール・テイストを踏襲しつつ、リフで構成された楽曲が多い。この背景には前年5月、転倒により頭蓋骨骨折硬膜外出血を負ったことも影響している。一時は二度とギターが弾けなくなるかもしれない危機に立たされた状況から復帰し前回ツアーを終えたことで「自分はギタリストなんだ」と再認識した結果、よりギターを全面に押し出す作品となった。また本作を完成させたことで「音楽的にも人間的にも自分は一巡したという感覚がある。バンドだったらここで解散してもいいくらい」という想いも語っている[1]

また今回新たに使用したHughes&Kettnerデジタル・アンプ「zenTera」の影響もあってか全体的にデジタル色の強いギターサウンドとなっている。またこれまでの作品と比較して日本語もしくはカタカナ表記のタイトルが多いのも特徴である。

作詞は今まで二人三脚で制作してきた森雪之丞から離れ、元INUのボーカリストであり第123回芥川賞受賞作家でもある町田康、布袋の愛読作家である小池真理子吉田修一といった作家陣、布袋の友人でもある俳優の豊川悦司とのコラボレーションで制作された。

BOØWY時代のバンドメイトである松井常松そうる透佐野康夫等が参加している。

録音[編集]

デモテープは全曲布袋のみでを完成させており、これはソロ・キャリアでは『GUITARHYTHM』以来となる。

ギターはZEMAITISのMETAL FRONTをメインに、すべてHughes&Kettnerデジタル・アンプ「zenTera」でライン録りされた。「zenTera」はツアーでも使用されている。

全11曲中6曲でドラムの音にエアロスミスジョーイ・クレイマーサンプリングCDが使用された。

リリース[編集]

2003年9月26日東芝EMI/ヴァージンよりリリースされた。

CDにはパソコンで見ることが出来るデータが含まれており、先行シングル『NOCTURNE No.9』のプロモーションビデオを見ることが出来る。

また2003年12月3日に、当アルバムの全曲をPV化した『DOBERMAN DVD』がリリースされた。

ツアー[編集]

本作を引っ提げたツアーは『HOTEI ROCK THE FUTURE 2003-2004 DOBERMAN TOUR』と題し、2003年10月30日日本武道館を皮切りに34都市44公演が行われた。またツアー開始前にファンクラブ限定のライブハウス公演『beat crazy presents B.C.D.B.TOUR@club』が3都市5公演が行われている。

レコーディングで使用したデジタル・アンプ「zenTera」をツアーでも使用。「zenTera」のパワーブックにセッティングをセーブできる機能を活かし、CDと同等の音質をステージにて再現できることを謳い「音殺 (音で殺す)」がツアー・コンセプトとして掲げられた。またメイン・ギターが従来のHOTEIモデル「TE-HT」から、今回新たに制作されたZODIACWORKSカーボン製ギター「DARKSTAR」にシフトしている。「TE-HT」を使用していないツアーはBOØWY時代とCOMPLEX時代を含めても初であり、現在のところ唯一。

バンドメンバーはレコーディングにも参加した松井常松、渡部充一、岸利至デヴィッド・ボウイブルース・スプリングスティーン等のサポートも務めているザッカリー・アルフォードの4名。全員が前回ツアーと同メンバーであり、ツアーファイナルとなった2004年2月28日横浜アリーナ公演ではこのバンドにてちょうど100ステージ目を迎えている[注釈 1]。また今回はメンバー全員がコーラスも兼任した。
リハーサル期間中にクエンティン・タランティーノからロサンゼルスでの映画『キル・ビル』のワールドプレミアに招かれ、出席している。当初はリハーサル中の為、欠席の意を伝えたものの、バンドメンバーから「滅多にない機会だから絶対に行って来い。自分たちだけでやってるから」と背中を押され、最終的に出席する運びとなった[1]

ツアー初日となる2003年10月30日と翌31日の日本武道館2DAYS公演にて、今回のツアー後にブライアン・セッツァーと組んで2005年から新たなバンドとして活動すること、同時にソロ活動を休止することを発表した。当日は共演こそなかったものの、セッツァー本人もステージに登場した。またファイナル公演の終演後には布袋からのメッセージが映写された[注釈 2]

ツアーグッズのパンフレット『THE BIBLE 別有天地非世俗』にはこれまでの半生や本作への想い、今後の展望などを語ったロングインタビューが掲載されている。

収録曲[編集]

全作曲: 布袋寅泰。
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. DOBERMAN 布袋寅泰 布袋寅泰
2. 弾丸ロック 町田康 布袋寅泰
3. TWISTED VON VOYAGE 布袋寅泰 布袋寅泰
4. やるだけやっちまえ! 布袋寅泰 布袋寅泰
5. GET HIGH 布袋寅泰 布袋寅泰
6. NOCTURNE NO.9 布袋寅泰 布袋寅泰
7. EVIL DANCE 小池真理子 布袋寅泰
8. デスペラード 布袋寅泰 布袋寅泰
9. グレイト・エスケイプ 吉田修一 布袋寅泰
10. NEW WORLD 豊川悦司 布袋寅泰
11. ハウリング   布袋寅泰
合計時間:

収録曲[編集]

  1. DOBERMAN
    TDK スーパーハードコートDVD 超硬 CFソングとして使用された。布袋本人もCFに出演している。
  2. 弾丸ロック
    町田康が作詞で参加。町田は後の布袋作品にも参加している。
    なお布袋と町田は同年齢であり、これまで面識なかったものの、1980年代にそれぞれBOØWYINUのメンバーとして新宿LOFTを拠点に活動していた。
    2006年ヤンキースタジアム公式戦での松井秀喜テーマ曲。
  3. TWISTED BON VOYAGRE
  4. やるだけやっちまえ!
  5. GET HIGH!!!
  6. NOCTURNE No.9
    25thシングル。
    シングル盤とはイントロが異なり、SEが追加されている。
    NOCTURNE No.9」の項も参照。
  7. EVIL DANCE
    小池真理子が作詞で参加。
    なお小池は『ROCK THE FUTURE TOUR 2000-2001 "fetish"』のツアーパンフレットにも短編小説「闇のオンディーヌ」を書き下ろしている。
  8. デスペラード
    歌詞カードにサブタイトルとして〜孤独な無法者の心を照らすのは貴女の燃えるような唇だけ〜と表記されている。
  9. グレイト・エスケイプ
    25thシングル「NOCTURNE No.9」のカップリング曲。シングル盤のタイトルは「GREAT ESCAPE」と英語表記されている。
    作家の吉田修一が作詞で参加。布袋が吉田の書籍を愛読していることからオファーへと至った。
  10. NEW WORLD
    布袋の友人である俳優の豊川悦司が作詞で参加している。
  11. ハウリング
    前述した「zenTera」のセッティングをパワーブックにセーブ出来る機能を活かし、スタジオでレコーディングした後、セッティングを持ち帰り自宅で再録したという。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 本作のライブDVD『THE LIVE! DOBERMAN』内のMCでも語っている。
  2. ^ 結局プロジェクトはセッツァー側の都合により中止となったものの、セッツァーとは後年『SOUL SESSIONS』や2007年のライブ『HOTEI presents "SUPER SOUL SESSIONS" BRIAN SETZER vs HOTEI vs CHAR』でも競演を果たしている。

出典[編集]

  1. ^ a b ツアーパンフレット『THE BIBLE 別有天地非世俗』のインタビューより