BACK STREETS OF TOKYO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BACK STREETS OF TOKYO
BRIAN SETZER vs HOTEIシングル
初出アルバム『13
SOUL SESSIONS
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 ブライアン・セッツァー
プロデュース 布袋寅泰、デイヴ・ダーリング、ブライアン・セッツァー
チャート最高順位
布袋寅泰 年表
BATTLE FUNKASTIC
2006年
BACK STREETS OF TOKYO
2006年
Stereocaster
(2006年)
ブライアン・セッツァー 年表
BACK STREETS OF TOKYO
(2006年)
テンプレートを表示

BACK STREETS OF TOKYO』(バック・ストリーツ・オブ・トーキョー)は、ブライアン・セッツァー布袋寅泰とのコラボレーションのために作った楽曲[1]2006年8月23日、布袋のコラボレート企画第2弾として“BRIAN SETZER vs HOTEI”名義のシングルが発売され、また、セッツァーのアルバム『13』(2006年10月18日発売)と布袋のアルバム『SOUL SESSIONS』(2006年12月6日発売)の両方に収録された。

概要[編集]

作者のブライアン・セッツァーは「リフより先にメロディーがあった」と語っており、セッツァーの娘がそれを気に入って「ちゃんと曲にした方がいいわ」と言ったことから、曲を完成させることにしたという[2]。この曲のタイトルは、セッツァーが布袋と共に六本木の裏道へ行った思い出が元になっている[1]

本作は布袋が出演したサッポロビール「Slims」コマーシャル・ソング。ビート・ロック風に仕上がったこのコマーシャル・ソングは一部の間奏のみを流した。

収録曲[編集]

  1. BACK STREETS OF TOKYO
    • 作詞・作曲・編曲:BRIAN SETZER

脚注[編集]

  1. ^ a b TOKIO HOT 100”. J-WAVE. 2014年3月8日閲覧。
  2. ^ ブライアン・セッツァー『13』日本盤CD(VICP-63607)ライナーノーツ(染野芳輝、2006年9月18日)