コンテンツにスキップ

Soul to Soul (布袋寅泰のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
『Soul to Soul』
布袋寅泰スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル ユニバーサルミュージック / Virgin Music
プロデュース 布袋寅泰
チャート最高順位
布袋寅泰 アルバム 年表
GUITARHYTHM VI
2019年
Soul to Soul
2020年
Still Dreamin'
2022年
テンプレートを表示

Soul to Soul』(ソウル トゥ ソウル)は、布袋寅泰の19枚目のアルバム

解説[編集]

2006年12月6日に発売された『SOUL SESSIONS』以来14年振りのコラボレーションアルバム。オリジナルアルバムとしては前作『GUITARHYTHM Ⅵ』以来1年振りの作品となる。

「音楽で世界を繋ぐ」をテーマにしており、世界7か国のアーティストが参加している[1][2]。ゲストアーティストはいずれも布袋自らの「一番共演してみたいシンガーやミュージシャン」に向けたオファーを受けて参加を決めている。布袋はこのアルバムについて「僕のギターでそれぞれのアーティストのいつもとはちょっと違う表情を引き出せたと思っています」と語っている[3]

コラボレーションメンバー[編集]

リリース[編集]

2020年11月25日にユニバーサルミュージックVirginレーベルよりリリース。CDのみの通常盤[4]、『Dangerous feat. 吉井和哉』のミュージックビデオ・メイキング映像、テレビ朝日系『ミュージックステーション』で放送されたロンドンの自宅で撮影した弾き語り映像『YOU (Stay Home Version) 』、過去のコラボレーションクリップを集めたDVDが付属した三方背透明PETスリーブケース入りの初回限定盤 (CD+DVD) [5]の2形態で発売。

アートワーク[編集]

カメラ目線でない眼鏡をかけた穏やかな表情を浮かべる布袋が佇んでいる。

収録曲[編集]

CD[編集]

#タイトル作詞作曲編曲時間
1.Soul to Soul feat. コブクロ布袋寅泰・小渕健太郎布袋寅泰布袋寅泰
2.Dangerous feat. 吉井和哉吉井和哉布袋寅泰布袋寅泰
3.Find A Way feat. Incognito All StarsBluey・布袋寅泰Bluey・布袋寅泰Bluey・Sid Gauld
4.Lotus Flower feat. ZuccheroZucchero布袋寅泰Max Marcolini
5.Great Messenger 布袋寅泰中野雅之
6.Boom Boom Boom feat. 楊坤英語版梁芒布袋寅泰Song Rui
7.I Don’t Wanna Lie feat. 氷川きよしmicca布袋寅泰布袋寅泰
8.Battle Without Honor or Humanity (Solid Groove) feat. Nate Smith (musician)英語版-布袋寅泰布袋寅泰
9.Live On feat. Marc Lavoine & Bass feat. Calogero布袋寅泰・Marc Lavoine布袋寅泰・Gioacchino Maurici布袋寅泰
10.Savage Sun feat. GLIM SPANKYGLIM SPANKY布袋寅泰・Gioacchino Maurici布袋寅泰・GLIM SPANKY
11.Battle Without Honor or Humanity (Battle Samba) feat. Carlinhos Brown英語版-布袋寅泰Carlinhos Brown
合計時間:

初回限定盤付属 DVD[編集]

-Collaboration Clips-
#タイトル作詞作曲編曲
1.Dangerous feat. 吉井和哉吉井和哉布袋寅泰布袋寅泰
2.Give It To The Universe feat. MAN WITH A MISSION布袋寅泰・Jean-Ken Johnny布袋寅泰・Jean-Ken Johnny布袋寅泰
3.202X森雪之丞布袋寅泰布袋寅泰
4.Move It feat. Richard Z. KruspeRichard Z. Kruspe布袋寅泰・NORMAN FISHER-JONES英語版[注釈 1]布袋寅泰
5.Walking Through The Night feat. Iggy PopIGGY POP布袋寅泰布袋寅泰
6.Stereocaster feat. Char-布袋寅泰布袋寅泰
7.BACK STREETS OF TOKYO feat. Brian SetzerBRIAN SETZERBRIAN SETZERBRIAN SETZER
-Behind The Scene of “Dangerous”-
#タイトル作詞作曲編曲
8.-YOU (Stay Home Version)-布袋寅泰布袋寅泰布袋寅泰

楽曲解説[編集]

CD[編集]

  1. Soul to Soul feat. コブクロ
  2. Dangerous feat. 吉井和哉
  3. Find A Way feat. Incognito All Stars
  4. Lotus Flower feat. Zucchero
  5. Great Messenger
    中野雅之とのコラボ楽曲。
    布袋の地元の群馬県高崎市にある群馬コンベンションセンター(Gメッセ群馬)のテーマ曲。
    2021年7月3日からは、東日本旅客鉄道(JR東日本)高崎駅の上り新幹線ホーム(13・14番線)において発車メロディとして使用されている[注釈 2][6]。編曲は福嶋尚哉が手掛けた[7]
  6. Boom Boom Boom feat. 杨坤
  7. I Don’t Wanna Lie feat. 氷川きよし
  8. Battle Without Honor or Humanity (Solid Groove) feat. Nate Smith
  9. Live On feat. Marc Lavoine & Bass feat. Calogero
  10. Savage Sun feat. GLIM SPANKY
  11. Battle Without Honor or Humanity (Battle Samba) feat. Carlinhos Brown

初回生産限定盤付属 DVD[編集]

-Collaboration Clips-[編集]

  1. Dangerous feat. 吉井和哉
  2. Give It To The Universe feat. MAN WITH A MISSION
  3. 202X
  4. Move It feat. Richard Z. Kruspe
  5. Walking Through The Night feat. Iggy Pop
  6. Stereocaster feat. Char
  7. BACK STREETS OF TOKYO feat. Brian Setzer

-Behind The Scene of “Dangerous”-[編集]

  1. -YOU (Stay Home Version)-

演奏[編集]

  • 布袋寅泰
    • Guitars
    • Bass (#2.6)
    • Vocal (#3.9)
    • Acoustic Guitar (#7.8)
    • Keyboards (#7)
    • Programming (#1.2)
    • Backing Vocal (#1.2.6.7.8.10)
  • 小渕健太郎 (コブクロ):Acoustic Guitar, Backing Vocal (#1)
  • 黒田俊介 (コブクロ):Vocal (#1)
  • Ian Thomas:Drums (#1.4)
  • Jerry Meehan:Bass (#1)
  • Tom Walsh, Andy Greenwood:Trumpet (#1)
  • Paul Booth:Tenor Sax (#1)
  • Robbie Harvey:Trombone (#1)
  • 吉井和哉 (THE YELLOW MONKEY):Vocal (#2)
  • Zachary Alforf:Drums (#2)
  • Vanessa Haynes, さかいゆう, 福原みほ:Vocal (#3)
  • Richard Bull:Drums, Percussion, Programming (#3)
  • Francis Hylton:Bass (#3)
  • Matt Cooper:Keyboards (#3)
  • Sid Gauld:Trumpet, Brass Arrangement (#3)
  • Patrick Clahar:Saxophone (#3)
  • Alistair White:Trombone (#3)
  • ズッケロ:Vocal (#4)
  • Stefania Orrico:Backing Vocal (#4)
  • Max Marcolini:Keyboards (#4)
  • 中野雅之 (BOOM BOOM SATELLITES):Programming (#5)
  • 杨坤 (Yang Kun):Vocal (#6)
  • Jon Finnigan:Drums (#6.10)
  • 神佐澄人:Piano (#6)
  • Song Rui:Guitars, Programming (#6)
  • 氷川きよし:Vocal (#7)
  • 岸利至
    • Programming (#7.11)
    • Audio Edit (#11)
  • Nate Smith:Drums (#8)
  • Mark Lavoine:Vocal (#9)
  • Calogero:Guitar, Bass (#9)
  • a lot of people:Backing Vocal (#9)
  • Cyrille Nobilet, Jan Pham Huu Tri, Gioacchino Maurici:Realization & Programming (#9)
  • 松尾レミ (GLIM SPANKY):Vocal (#10)
  • 亀本寛貴 (GLIM SPANKY):Guitar & Programming (#10)
  • Mark Neary:Bass (#10)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ NOKOの別名義
  2. ^ 同下りホーム(11・12番線)では「さらば青春の光」が使用されている。

出典[編集]

  1. ^ MUSIC, UNIVERSAL. “布袋寅泰 ‐ NEW ALBUM『Soul to Soul』特設サイト”. 布袋寅泰 ‐ NEW ALBUM『Soul to Soul』特設サイト. 2021年6月13日閲覧。
  2. ^ 11月25日リリースのコラボレーション・アルバム『Soul to Soul』詳細発表!”. 布袋寅泰 OFFICIAL FANCLUB “beat crazy”. DADA MUSIC (2020年10月29日). 2022年8月7日閲覧。
  3. ^ “布袋寅泰14年ぶりコラボアルバムに吉井和哉、氷川きよし、中野雅之ら参加”. 音楽ナタリー. ナターシャ. (2020年9月17日). オリジナルの2020年9月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200919152412/https://natalie.mu/music/news/396844 2022年8月7日閲覧。 
  4. ^ Soul to Soul [通常盤[CD] - 布袋寅泰]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2021年6月13日閲覧。
  5. ^ Soul to Soul [初回生産限定盤[CD][+DVD] - 布袋寅泰]”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN. 2021年6月13日閲覧。
  6. ^ 高崎駅新幹線ホームの発車メロディに布袋寅泰さんの楽曲が使用されます。』(PDF)(プレスリリース)群馬県産業経済部戦略セールス局イベント産業振興課・東日本旅客鉄道高崎支社、2021年7月2日。オリジナルの2021年7月2日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20210702030515/https://www.jreast.co.jp/press/2021/takasaki/20210702_ta01.pdf2022年8月7日閲覧 
  7. ^ 高崎駅新幹線ホーム発車メロディを制作”. スイッチオフィシャルサイト. スイッチ. 2022年8月7日閲覧。