さらば青春の光 (布袋寅泰の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
さらば青春の光
布袋寅泰シングル
初出アルバム『GUITARHYTHM IV
B面 七年目の幽霊
リリース
規格 8cmCD
ジャンル
時間
レーベル 東芝EMI
作詞・作曲 布袋寅泰
プロデュース 布袋寅泰
チャート最高順位
  • 週間8位(オリコン
  • 1993年度年間59位(オリコン)
布袋寅泰 シングル 年表
  • さらば青春の光
  • (1993年)
GUITARHYTHM IV 収録曲
OUTSIDER
(8)
さらば青春の光
(9)
ESCAPE
(10)
ミュージックビデオ
「さらば青春の光」 - YouTube
テンプレートを表示

さらば青春の光」(さらばせいしゅんのひかり)は、布袋寅泰の楽曲。1993年7月28日に東芝EMIより通算6枚目のシングルとして発売された。

概要[編集]

表題曲「さらば青春の光」は、TBS東芝日曜劇場課長サンの厄年』の主題歌である。当初この楽曲の制作依頼があった際、布袋は充電期間でロンドンへと渡るため断る予定だったが、敬愛する萩原健一が主演を務めるという事で急遽承諾した[1]同じく萩原主演のテレビドラマ『傷だらけの天使』のテーマ曲をイメージして制作している。[要出典]

4thアルバム『GUITARHYTHM IV』には全面的にリアレンジされて収録された。このバージョンとシングルバージョンでは間奏や楽曲の長さが異なり、前者はエレキギター、後者はアコースティックギターが中心のコードバッキングになっている[1]

後に布袋は「正直に言おう、これはヒムロックを考えて書いた楽曲」であると告白している[2]

2021年7月3日からは、布袋の出身地の群馬県高崎市にある東日本旅客鉄道(JR東日本)高崎駅の下り新幹線ホーム(11・12番線)において発車メロディとして使用されている[注釈 1][3]。編曲は福嶋尚哉が手掛けた[4]

収録曲[編集]

全作詞・作曲・編曲: 布袋寅泰。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「さらば青春の光」布袋寅泰布袋寅泰
2.「七年目の幽霊ゴースト布袋寅泰布袋寅泰
合計時間:

その他のバージョン[編集]

さらば青春の光
ファンキー加藤 with 布袋寅泰配信限定シングル
収録アルバムALL TIME SUPER GUEST
リリース2011年8月17日
規格デジタル・ダウンロード
ジャンルロック
時間4分33秒
レーベル東芝EMI
作詞者布袋寅泰
作曲者布袋寅泰
ALL TIME SUPER GUEST 収録曲
ラストシーン / 大橋トリオ
(10)
さらば青春の光 / ファンキー加藤 with 布袋寅泰
(11)
BAD FEELING (FPM EVERLUST Remix) / 布袋寅泰
(12)

2011年8月17日に布袋のデビュー30周年を記念して発売されたアルバム『ALL TIME SUPER GUEST』に、ファンキー加藤と布袋のコラボ楽曲として「さらば青春の光」が収録された[5]。アルバムは「普通のトリビュートやカバーとは違ったものをやりたい」ということから、一部楽曲で布袋が参加しており、布袋は加藤のために「さらば青春の光」のトラックを制作した[6]。また、アルバムが発売された同日に、配信限定シングルとしても発売されている[7]

収録アルバム[編集]

さらば青春の光

七年目の幽霊

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 同上りホーム(13・14番線)では、布袋が群馬コンベンションセンター(Gメッセ群馬)のテーマ曲として書き下ろした「Great Messenger」が使用されている。

出典[編集]

  1. ^ a b 布袋寅泰 / HOTEI - 「さらば青春の光」. YouTube. 27 July 2020. 2021年7月8日閲覧
  2. ^ (2016年) "51 Emotions -the best for the future- SELF LINER NOTES" [ブックレット]. 布袋寅泰 『51 Emotions -the best for the future-』のアルバム・ノーツ ユニバーサルミュージック.
  3. ^ “高崎駅新幹線ホームの発車メロディに布袋寅泰さんの楽曲が使用されます。” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 群馬県産業経済部戦略セールス局イベント産業振興課・東日本旅客鉄道高崎支社, (2021年7月2日), オリジナルの2021年7月2日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20210702030515/https://www.jreast.co.jp/press/2021/takasaki/20210702_ta01.pdf 2021年7月4日閲覧。 
  4. ^ 高崎駅新幹線ホーム発車メロディを制作” (日本語). スイッチオフィシャルサイト. スイッチ. 2021年7月4日閲覧。
  5. ^ “布袋30周年アルバム全ゲスト判明&ライブ映像2作同時発売”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2011年7月1日). https://natalie.mu/music/news/52287 2021年7月7日閲覧。 
  6. ^ 平山雄一 (2011年8月17日). 30周年を迎えた布袋寅泰が、前代未聞の “ゲスト・アルバム”を発表!. インタビュアー:平山雄一. 株式会社Fanplus. Fanplus Music.. https://music.fanplus.co.jp/special/201108009511c1d4d 2021年7月7日閲覧。 
  7. ^ ファンキー加藤 with 布袋寅泰「さらば青春の光 - Single」”. Apple Music. Apple. 2021年7月7日閲覧。

外部リンク[編集]