操上和美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 操上和美
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1936-01-19) 1936年1月19日(83歳)
出身地 北海道富良野市
事務所 CAMEL
公式サイト www.kurigami.net
テンプレートを表示

操上 和美(くりがみ かずみ、1936年1月19日 - )は、日本写真家男性北海道富良野市出身。

人物・経歴[編集]

  • 1961年、東京綜合写真専門学校卒業。
  • 1962年、セントラルスタジオに入社し写真家の杉木直也に師事。
  • 1965年、フリーランスとなる。
  • 1966年、クリスタジオ(1977年、CAMELにスタジオ名を変更)を設立。
  • 1968年、大阪万博のポスターを福田繁雄と制作。
  • 1969年、初めてコマーシャルフィルムを手掛ける。
  • 1970年、大阪万博のコダックパビリオンの映像を手掛ける。
  • 1971年、広告業界へのデビュー作品となるVAN「ブルードット」を制作。
  • 2009年、初の映画監督作品、『ゼラチンシルバーLOVE』が公開。
  • 2012年、ドキュメンタリー映画『THE MOMENT -写真家の欲望-』(監督 : 宮本敬文)に出演。

広告写真以外に、井上陽水のCDジャケットやツアーパンフレットの撮影も手掛けている。

上和美と誤記されることが多い。

主な受賞歴[編集]

  • 1964年 - APA奨励賞
  • 1970年 - ACC賞 - レナウン「ジョンブル」、ペプシ
  • 1975年 - 第19回ADC最高賞 - ラングラー「ラングラーギャルズ」
  • 1977年 - 第21回ADC賞 - 日産「フェアレディZ」
  • 1978年 - 第22回ADC賞 - ソニー「JACKAL」
  • 1978年 - 第23回ADC賞 - あいミュージック「SADAO WATANABE
  • 1980年 - 第24回ADC会員賞 - サントリー開高健
  • 1981年 - 第12回講談社出版文化賞写真賞 - 小林麻美「裸婦」
  • 1984年 - 第28回ADC賞 - 樫山「YMCA」、新潮社「新潮文庫」
  • 1984年 - 第29回ADC会員賞
  • 1987年 - 第31回ADC会員最高賞 - ブリヂストン「レグノ」CF
  • 1988年 - 第34回毎日デザイン賞
  • 1988年 - ACC杉山賞
  • 1989年 - 第33回ADC会員賞 - 西武「お手本は自然界」
  • 1990年 - 第6回東川賞特別賞
  • 1992年 - 第36回ADC会員賞 - NTTデータ通信「未来のドアがそこにある」
  • 1994年 - 第38回ADC賞 - 資生堂「アンジェリーク」
  • 1997年 - 日本宣伝賞山名賞
  • 2015年 - 第55回ACC CM FESTIVAL クリエイターズ殿堂[1]

主な作品[編集]

写真集[編集]

  • 『SADAO』講談社、1981年
  • 『関根恵子 PICTORIAL』集英社、1982年
  • 『ALTERNATES』誠文堂新光社、1983年
  • 『陽と骨』PARCO出版局、1984年
  • 『泳ぐ人』冬樹社、1984年(高橋源一郎との共著)
  • 『HARA MUSEUM OF CONTEMPORARY ART』アルカンシェール美術館、1985年
  • 『KAZUMI KURIGAMI PHOTOGRAHS - CRUSH』スイッチ・コーポレーション、1989年
  • 『POSSESION Yasuyuki Shuto光琳社、1997年
  • 『新生 市川新之助』スイッチ・パブリッシング、2000年
  • 『NAGASAKU BOXX(永作博美)』新潮社、2001年
  • 『NORTHERN -北の風景-』スイッチ・パブリッシング、2002年
  • 『SOUDAIN, l'ete dernier~去年の夏突然に~(山本容子)』中央公論新社、2002年
  • 『SHINNOSUKE(市川新之助)』ワニブックス、2003年
  • 中村勘太郎朝日新聞社、2003年
  • 『中村七之助』朝日新聞社、2003年
  • 『Diary 1970-2005』東京パブリッシングハウス、2005年
  • 『FACE EIKICHI YAZAWA 2006-2009』角川書店、2009年
  • 『PORTRAIT』赤々舎、2013年

ミュージックビデオ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

外部リンク[編集]